平時と有事の区別

コロナウイルス問題。政府が一カ月間の緊急事態の延長を決めたとの観測記事が配信されている。 当初から予想されたことである。私自身も、買い物等は週に1回ないし2回に自粛した。趣味・娯楽目的での外出も控えている。 国家レベルでの危機意識は必要なことだ。 ―― 参考情報 ―――――――――― 危機意識が欠落した国家のままでよいのか http://www.kase-hid…

続きを読む

アビガン承認への道筋

政府は、アビガン治験参加病院を追加したそうだ。 ―― 参考情報 ―――――――――― 新型コロナに調整費を配分、アビガンの治験参加病院を追加 https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/20/04/21/06828/ ――――――――――――――――― この場合、通常の「治験」とは、薬ではない偽薬を投与されるケースがあることを…

続きを読む

政府と自民党は業務改善を強く意識すべきである

本稿は、後手後手の評価から、何やってるんだみたいな評価となりつつある、世論動向を憂慮、政権支持派の視点からの建設的提言の位置づけ。 ■提言その1 内閣改造および党の要職入れ替え人事の実施 提言その1は、ショック療法としての幹部入れ替え人事案。引き締め人事とすることで、政権に対する信頼は相当程度回復するのではないか。 ・厚生労働大臣および厚生労働副大臣の更迭。 …

続きを読む

仕事する人、仕事したふりをする人

日本のビジネス社会は生産性が低いことが長年指摘されてきた。 理由は、仕事する人がごく一部で、大半が仕事したふりをしているからだと私はみている。 本稿では、注目される四人の政治家、首相、コロナ担当特命大臣、厚生労働大臣、防衛大臣の順で直近のツイッターを参照、それぞれの立場で何が起きているのか、ツイッター情報から分析を試みる。 ■首相はマメに情報発信している ツイッター情報か…

続きを読む

コロナショック 変わるビジネスモデル

産経の編集委員は、プロセスや方策を示すことなく?、経済回復すべきだと主張している。 ―― 参考情報 ―――――――――― コロナショック、悲観主義を排す 首相はV字型回復の道筋示せ 編集委員・田村秀男 https://special.sankei.com/a/international/article/20200426/0001.html ――――――――――――――――― …

続きを読む

人気記事