日本の将来を憂える人たち

本稿は、コロナウイルス騒動下、発足時の輝きというか勢いを失いつつある政権に対し、言論界が果たすべき役割について言及することを目的としている。 本題に入りたい。 たとえば、保守ブログ界には、「日本のために、、、」と題する有料ブログが存在する。「、、、、を駆使、、、いろんな情報をお届けします。」としている。が、内容的に、無料で情報配信し続ける「二階堂ドットコム」の方が、日本のために役立っているように思えて仕方がない。 なぜ当該有料ブログの読者でもないのにわかるのか。 ネット界で、当該有料ブログの呼びかけ等で、ある事案で当該有料ブログの主張を受け入れたとの話を聞いたことがほとんどないからである。 保守層向けの有料ブログは星の数だけ存在するように見える。有料ブログを主宰する有能な物書きが星の数だけ存在しているように見えるため、戦後レジーム脱却、目先の改革は容易なはずだが、実際には、「護る会」などの自民党有志議員あるいは心ある閣僚が言い出すまでは、何も実現しない。 有料ブログは本当に、一読するレベルにあるのか。有料ブログを購読することで日本が変わったことがあるのか。 変わったとは思えない。 ブログランキングで上位になった途端、有料ブログ化を宣言するケースもある。保守なら、目的は「日本のため」だったはずだが、有料化したことは「自分のためだった」ことになる。 そういうのと比較すると、Suica割さんが推奨したブロガーはほれぼれするほど潔い。好き嫌…

続きを読む

人気記事