「バトンパス」という概念 李登輝閣下逝去

台湾の李登輝閣下が逝去されたとのこと。 ここに、謹んでご冥福をお祈りいたします。 李登輝閣下は長きに亘り、本国台湾の発展だけでなく、日本と台湾の良好な外交関係構築を導き、さらに日本の将来を誰よりも憂うる「日本の保守層の精神的支柱」の一人でもあった。 ―― 参考情報 ―――――――――― 李登輝元総統「今こそ日本人は、自信と誇りを取り戻さなくてはなりません」 2014年来日時講…

続きを読む

雑感

本稿は、私自身の主観、私見、感想を(中川八洋的スタンスで)ぶちまけた原稿と思って、お読みいただきたい。賛同される方は賛同いただいて結構、受け入れたくない方まで、どこかの有名人や有名ブロガーのように、意見を押し付けるつもりはない。 まず論点としての事例をいくつか示したい。私が導いた結論は、情勢分析として、悲観的であろうか? ―― 参考情報 ―――――――――― 安倍首相が「真…

続きを読む

中共スパイ対策が選挙公約となる日? 解散総選挙シナリオ

本稿は、噂される、次回の衆議院選挙の争点、解散総選挙シナリオ等に係わる手順書の位置づけ。 本題に入りたい。 以下の情報から、国内の大学が軍事関連の基礎研究を否定する理由は、中国の「国防七大学」大学間交流協定にあると推定する。 ―― 参考情報 ―――――――――― 自民・長尾たかし「スパイ活動に関与している中国の「国防七大学」大学間交流協定を結んでいる日本の大学が4…

続きを読む

トランプ大統領と安倍首相の立ち位置の違い

本稿は、公開情報などから、トランプ大統領と安倍首相の、政治的立ち位置の違いを比較・分析することを目的としている。 まず、言えることは、アメリカという国は、伝統的に経済・金融戦争を得意とする、資源的にも恵まれた国であることだ。 日本は、先の戦争でアメリカに完全にしてやられたが、これはアメリカお得意の「南北戦争にて採用された戦争モデル」であったことご存じであろうか? ―― …

続きを読む

同盟国との外交の実相

とある某国大使館職員だった人物と、酒を飲みつつ世間話をしたことがある。その人物は、担当する分野の品目別生産量、国内消費量、輸出量を把握していた。 つまり、職務上日本の弱点を経年的に調査、分析していたことになる。 さて、以下の本には、当時のアメリカ政府が、品目別に日本の状況を調査し、そのデータがアメリカ政府内に保存されていたとされる。 ―― 参考情報 ―――――――――― …

続きを読む

人気記事