誰が首相やっても「アベノミクス」は続く、、、

本稿は、第二次安倍政権の看板政策として位置づけられた、アベノミクスという政策に係わる情勢分析。 安倍首相の在任中の実績について、意外に肯定的な意見が多いようだ。 ―― 参考情報 ―――――――――― 【日経・テレ東世論調査】安倍首相、在任中の実績「評価」74% http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-63949.html 安倍首相が辞意表明!政策を分析・「拉致、日ロ平和条約、憲法改正、痛恨の極み!志半ばで断腸の思い」 http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8004.html ――――――――――――――――― つまり、首相自身が発案、実施したアベノミクスは当面継続される可能性大ということ。当然のことながら必要に応じ、アベノミクスの補強・修正が期待されている。 ―― 参考情報 ―――――――――― 【速報】安倍内閣支持率56.9%(+20.9) これ後の3期目あるぞ http://mix2ch.blog.fc2.com/blog-entry-26892.html ――――――――――――――――― 世論調査的には、「辞任会見を受けた、内閣支持率の急上昇」から、安倍首相は治療に専念しやすくなった。肩の力を少し抜けるだろう。 辞任表明した安倍首相の体調回復期待は、引続き根強いと見るべきだ。 ここで、米中貿易戦争の直接的に影響を受…

続きを読む

首相は近い将来起こり得ることを憂慮している?

本稿は基本的に推論。 当っているかどうかは、半年もしくは一年後になって判明する、、、そのつもりでお読みいただきたい。 拙ブログは、「とりあえず、首相自身が持病を再発し、暫く治療期間が必要と判断、辞任した」ことについては、昨年末から持病が悪化した可能性があるとした。 ―― 参考情報 ―――――――――― 首相辞任会見  どこまでが本心か、、、 https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/477087656.html ――――――――――――――――― で、首相は何を狙っているのか、、、 親中派二階幹事長の更迭、影響力の排除、、、その先にあるものは、第三次安倍政権、、、 ||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||||||||||||||||| https://hosyusokuhou.jp/archives/48885582.html 15. 名無しさん@ほしゅそく 2020年08月29日 11:47:10 ID:I4NjQ5NDM このコメントへ返信 誰がやってもしばらくはぐちゃぐちゃでしょうね。安倍さんゆっくり治療して、来年解散総選挙後、第三次安倍内閣誕生の布石としか見えないですけどね。 ||||| ここまで引用 ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||| そのとおりになるかどうかは、一年後にわか…

続きを読む

首相辞任会見  どこまでが本心か、、、

先程、テレビで、首相記者会見を拝見。 長期間、首相という激務を日々こなされたことについて、国民の一人としてお疲れ様でしたと申し上げたい。 首相は、在任期間、景気、外交、雇用不安等、民主党政権下でどん底状態にあったのを見事に回復させた。歴史的に、名宰相として名を残すことになると予想する。 首相記者会見内容は、第一次安倍政権辞任に際しての悲痛かつ正直過ぎる会見内容と比較して、政治家として落ち着き、淡々としたものであった。 見る人誰もが体調の悪化を信じない、、、のではないかと思うほど。 印象に残った言葉を四つほど列挙させていただく。 ①政権としての実績は、歴史が判断する、、、 ②憲法改正については、(国民的議論として)機が熟していない ③先月半ばに症状が悪化、、、 ④辞任後の次の総裁選について、影響力を行使しない、、、 首相は、マスコミから余計な批判を受けないで済ませようとして、あるいは、国民に不安を与えまいとして、あるいは体裁を取り繕う目的で本心ではないことを語っていると確信するに至った。 ①について、後世の歴史家が評価する可能性あるのは、アベノミクス、定年延長、雇用改善、特定機密保護法、集団的自衛権解釈見直し、日米和解の儀式、外交・防衛に係わる2+2、安倍談話あたり。首相としては、在任期間最長であることと併せ、実績に相当自信を持っているはずである。 ②憲法改正については、議論の対象として4項目抽出したとしている。機が熟していないとし…

続きを読む

人気記事