なぜ共同通信柿崎は採用され、学術会議推薦の6人は採用拒否されたのか?

本稿は、官界人事稟議書の視点での考察もの。 世のジャーナリストたちは、学術会議任命拒否事案について、何かにつけて政府が悪いという先入観(学術会議法違反という視点)で眺める傾向にある。しかし、ジャーナリストというのは、なぜ、どのような根拠があって政府がそう判断したのか、その点を取材等によって情報収集、分析するのが社会的使命と思うが、彼らはなぜかしない。(ジャーナリスト蟹瀬誠一は、「達人に学ぶ知的生産の技術」という本にて、「ジャーナリストとは、なぜ事件が起こったのか、その原因を追いかける仕事です。」と主張している。) そういう地道な作業をしたくないか、政治活動団体化しているので、する意味がないのであろう。 一方、稲田議員は、採用拒否となった知り合いの学者の視点でかく述べている。 ―― 参考情報 ―――――――――― 稲田氏「判断基準説明を」 拒否対象者に疑問も https://www.sankei.com/politics/news/201014/plt2010140014-n1.html 日本学術会議のダブルスタンダード 長尾たかし議員 https://blog.goo.ne.jp/japan-n/e/39ed62957cd27258cdeace5db24384ec ――――――――――――――――― 稲田議員は、かつて防衛大臣時代、弁護士資格を有することを防衛省職員に自慢、六法全書を携行させたそうだが、そこまで部下に指示したにしては、読みが浅…

続きを読む

米韓の絆 反共の砦が消滅しかかっている?

どうやら、トランプ大統領コロナ感染に伴う、ポンペオ国務長官訪韓中止措置により、米韓の絆の弱体化は決定的となったようだ。 同時期、訪韓を予定していた中共王毅も訪韓を中止した。 こうなってしまう背景として、韓国の現政権が、北朝鮮に過度に肩入れ、米中間をうまく渡り歩こうとしてフラフラしていることが影響している。日露戦争前夜も韓国はそうだった。日本とロシアの間でフラフラした。歴史は繰り返すの諺どおり。 今や、韓国は、アメリカからも中共からも信用されない国となった。 トランプは、北朝鮮に対しては、直接対話してきたこともあり、韓国の立ち位置自体消滅しつつある。 その前のオバマ政権時代は、どうだったか。世界の警察官であることを放棄、安倍首相がその隙間を懸命に埋めようとした、、、地球儀外交によって。 そのうえで、オバマは、広島を訪問、ハワイで日米和解を演出した。前首相は、安全保障外交を推進、外交上戦後に終止符を打ったとした。 ―― 参考情報 ―――――――――― 安倍前首相単独インタビュー 「戦後に終止符打てた」「中国、尖閣に確固たる決意」 https://special.sankei.com/a/politics/article/20201012/0002.html ――――――――――――――――― さて、和解を主導したオバマ。長らく、その動機がわからなかったが、オバマが、かなり異端の宗派に属するとの情報を得、謎が解けた。 ―― …

続きを読む

学術会議任命問題 「行政改革」は戦後レジーム完全脱却への初手

本稿は、学術会議任命問題に関して、政権が発した「行政改革」という言葉の意味を読む解くことを狙いとしている。 本題に入りたい。 池田信夫は、学術会議はGHQによる学界支配目的だったとしている。実際、軍事的メリットあった北大の研究は、学術会議幹部により断念させられたこともあった。 ―― 参考情報 ―――――――――― 学術会議はGHQのつくった「学問の戦後レジーム」 http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/52046231.html 【第724回】学術会議こそ学問の自由を守れ https://jinf.jp/weekly/archives/32608 ――――――――――――――――― 学術会議に学問の自由を語る資格は、ない。 GHQが重用した共産主義者が学術会議内で影響力を増し、共産主義思想による学界支配が長期間続いてきた、とする歴史的経緯を分析した屋山太郎の指摘(静岡新聞掲載記事)は重要である。 ―― 参考情報 ―――――――――― 瀬戸弘幸ブログの画像を使用 ――――――――――――――――― 叙勲と絡めて考えてみたい。学術会議関係者が優先的に?叙勲されることは、必然的に、学術会議関係者の社会的権威を高める方に作用する。 彼らの相当数の正体が、スパイ工作員であるならば、その立場を正当化するために、叙勲を必要とする。さらに、前任者(スパイ工作員)が政治的に都合の…

続きを読む

取引できる人とできない人 どちらを選ぶべきか

WHO事務局長選挙にて、日本政府は困った状況にあるそうだ。 産経は、批判的論調。 ―― 参考情報 ―――――――――― 韓国か親中か…WTO事務局長選で日本外交失態 究極の選択迫られる https://special.sankei.com/a/international/article/20201009/0003.html ――――――――――――――――― 親中は避けたいが、では、韓国人事務局長でダメなのか、というと本国政府がどうしようもない。 政治状況はどうかというと、以下のニュースを根拠に、韓国内の親日派は死滅状態にある。 ―― 参考情報 ―――――――――― 韓国で「親日派の墓暴き」が法制化へ 国会議員の多数が賛意という恐ろしさ https://news.yahoo.co.jp/articles/6974ca0d07694fe6d1a7cfeabcb409b42c2bacd3 ――――――――――――――――― 儒教国がこんなことを認めるはずはないのである。つまり、上辺だけ儒教国ということ。 捏造慰安婦問題日韓合意、徴用工事案等、過去の二国間の取り決めを自国の脱法的論理で一方的に反故にする国、それが韓国である。 さて、産経のソウル駐在だった黒田勝弘氏によると、米韓の絆は、キリスト教(プロテスタント派)に見出せるとしている。 ―― 参考情報 ―――――――――― 米韓の絆はキリスト教だった? h…

続きを読む

今までのやり方すべて、、、逆効果

どうやら、世相的に、左翼、反日マスコミがとってきた従来手法に対し、反発を覚える方が増え、逆効果となりつつあるケースが目立ってきているようである。 ■日本学術会議関係者が大騒ぎ⇒結果逆効果 マスコミは日本学術会議に同情的、依然政府批判スタンスのようだが、世論は日本学術会議を行政改革対象と位置付けた菅政権を圧倒的に支持する情勢にある。 ―― 参考情報 ―――――――――― 日本学術会議に「廃止論」浮上…利権守るため大騒ぎしたのが逆効果に https://mona-news.com/archives/84124261.html ――――――――――――――――― ■野党が慣例で与党提出法案を妨害⇒結果逆効果 政権与党が提出した、定年延長事案、野党の妨害で廃案となったが、政府は、国会で急いで法案成立させる気はないようだ。 ―― 参考情報 ―――――――――― 過去に異常に執着し続ける連中は捨てないと https://pachitou.com/2020/10/10/%e9%81%8e%e5%8e%bb%e3%81%ab%e7%95%b0%e5%b8%b8%e3%81%ab%e5%9f%b7%e7%9d%80%e3%81%97%e7%b6%9a%e3%81%91%e3%82%8b%e9%80%a3%e4%b8%ad%e3%81%af%e6%8d%a8%e3%81%a6%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a8/ ―――――…

続きを読む

人気記事