対中接待外交問題 王毅外相一人にしてやられた6つの原因

まず、表題にて、対中接待外交問題と書いた理由について説明したい。 政府であれ、民間であれ、中共との付き合いは、極限レベルでの接待を繰り返すことで成り立っていることを経験的に私は知っている。実務派的視点でみれば、大宴会など接待外交ゴッコと断言しうる状態にある。 中共に日本人が相次いでハニートラップされるのは、官民ともに付き合い実態が接待外交ゴッコにあるからだ。 その前提で、本稿では、王毅一人に記者会見場にてしてやられた根本原因の分析を試みる。 王毅が記者会見場にてあのような行動に出たのには、6つの原因がある、と私はみている。 記者会見場での王毅発言の原因 ■原因1 まず最初に外務大臣が隙を見せた ■原因2 外務大臣として個人的主義主張を隠さない点で外務大臣にそもそも国益という自覚がない ■原因3 そもそも政権中枢に気の緩みがあり、政府として大歓迎すべきでない人物を大歓迎してしまった ■原因4 接待外交の常態化(個人的付き合いが尊重される私的外交問題) ■原因5 そもそも王毅には、欧州訪問で失墜した自分の評価を挽回するため、日本政府を利用したい動機があった ■原因6 日本政府には外交的に「報復」という意識がそもそもなかった 以下、個別状況分析 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■原因1 まず最初に外務大臣が隙を見せた 普段怖そうな顔をしているのに対し、外交の場にて緊張感なき画像だらけである。 記者会見…

続きを読む

ブルーリボンバッチを着けない菅政権要人(外相、幹事長)をあなたは許せるか!

本稿は、読者の皆様に御判断いただくための情報提供を目的としている。 夕刊フジは名指しはしていないが、ブルーリボンバッジを着けない閣僚がいるとしている。 ―― 参考情報 ―――――――――― 【編集局から】「ブルーリボンバッジ」装着しない日本の閣僚、イバンカ氏の行動を見習って https://www.zakzak.co.jp/soc/news/171108/soc1711080027-n1.html ――――――――――――――――― 最新の、自民党HPのトップ頁を確認したい。ブルーリボンバッチ不着用の閣僚が半数?前後いる。 「国民のために働く」とあるが、ブルーリボンバッチを装着しないことから、拉致被害者国民とその関係者のために働くつもりがない閣僚がおられるようだ。ここでいう国民とは、あの民主党政権時代と同様、「隣国の国民」の意味なのであろうか。 気づいている保守層も存在する。 調べた範囲では、菅政権にて、少なくとも、外相、幹事長のブルーリボン不着用を確認した。他にもいるかもしれない。 ||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||| http://osaka-blueribbon.org/info ただ、未だブルーリボンバッジを着けていない二階幹事長、茂木外相に、拉致被害者救出の意思があるのかどうかであるが、北朝鮮を動かすには中国の影響力が必要になる。今や北朝鮮国内の混乱は相当なものといわ…

続きを読む

SNS企業の私的検閲行為に反対する陳情書(案)

〇〇大臣様 拝啓  ご存じのことと思いますが、日本の重要な同盟国であるアメリカ大統領選挙において、現政権側が主張する、バイデン陣営選挙不正に係わる裁判ならびに捜査等に係わる情報が、一部SNSにおいてSNS本社方針によりアメリカ国内で検閲を受け(アメリカ国内での措置として)アカウント凍結、投稿内容の削除などの措置を受けている状況にあります。  アメリカ国内の法規制の詳細は存じませんが、日本国内では、憲法で表現の自由を保障する関係で、私的検閲と解釈可能です。  アメリカ国内の検閲のため、政治活動的に情報伝達が一部遮断状態にあるのは、再選を目指し法廷闘争を開始した、トランプ大統領、パウエル弁護士、トランプ大統領を支持する共和党保守派のものに集中して起きております。 ―― 参考情報 ―――――――――― ツイッター社、パウエル弁護士のウェブサイトリンクをブロック https://www.epochtimes.jp/p/2020/11/65210.html 'The Plot Against The President': Twitter suspends account of popular conservative movie https://www.washingtontimes.com/news/2020/nov/27/plot-against-president-twitter-suspends-account-po/ 保守派の言論を検閲 大手I…

続きを読む

人気記事