ジャーナリストの限界?

本年最後の記事となります。 ジャーナリストというのは学歴的には文学部卒が多いようだ。 で、何がスキル的に得意で、何が不得意かと言うと、文章を書くことは得意だが、脱線すると小説レベルの文章を書いてしまう傾向がある。 小説家が歴史書、政治評論すると、何を書いても小説のようになってしまうのに似ている。 極論すると、書かれた内容と事実が乖離、○○さんはこう言っている程度の内容となってしまう。 では、何が不得意なのかというと、ビジネス文書、特に、法律や許認可等を伴う実務、契約の概念が希薄。官庁や民間企業がどういうふうに仕事をするのか、組織規程、事務分掌、権限規程等に疎い。 よって、マスコミ記者が時々、取材時にとんでもない対応するのは、学歴、職歴が起因すると考える。 だからと言って、私は、ジャーナリストを無能だとか馬鹿にするつもりはない。 門田隆将や西村幸祐あたりは、その辺にうじゃうじゃいる、マスコミの記者や自称ジャーナリストよりもはるかに優秀と思っている。 憲法改正国民集会での言論人たちの言動分析を以下に行った。門田隆将の講演は論理的かつ情熱溢れるものだった。 ―― 参考情報 ―――――――――― 国会に憲法改正論議を求めるオンライン国民集会  概略版 https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/478797658.html ――――――――――――――――― 最近は、アジア版NATOの提言…

続きを読む

デジタル庁 目玉政策の見直しの必要性について

デジタル庁というと、あまり良いイメージがない。 デジタル化することに異論はない。が、国民を監視対象として眺めている、監視社会直行路線である からだ。 一例を挙げたい。 ―― 参考情報 ―――――――――― マイナンバーで学習管理 教育ビッグデータ活用へ https://www.nikkei.com/article/DGXZQODG0967S0Z01C20A2000000 ――――――――――――――――― 平井大臣は、中共政府がやっているものと似たようなシステムを導入したいようだ。しかし、私の感覚は、違う。政治家、天下り、帰化人、外国人労働者、生活保護者こそが、最初にマイナンバーで徹底管理されるべき対象とみている。NHK職員もそうあるべきだ。 企業においては、OA化、デジタル化とは、業務集中処理化、一元管理化などによる、要員削減を伴う業務効率化であった。民間の場合は、間接業務は一括集中処理の時代である。 政府は、どうか。完全にそうとは言えないような気がする。 せめて、業務集中処理化、一元管理化などによる、要員削減、事務コスト低減狙うべきと思う。 さて、平井担当大臣は、個人的なことでお怒りのご様子。ツイッターで心情を吐露されている。ファーウエイ不採用、外国人には参画してもらうがデジタル庁職員として雇用予定ではないとのことである。 しかし、ここまで不安・不信感を持たれたのは、デジタル庁というプロジェクト組織が設置されるこ…

続きを読む

菅政権 とりあえず保守層の信頼を取り戻すために必要な措置 

各閣僚への、とりあえずの提言と思ってお読みいただきたい。 思いつくままに述べさせていただく。 ■トランプ政権との対応強化 ・アメリカ国内で起きている暴動、テロ等に対する支援 ・中共人民解放軍への対応強化⇒中国人の入国制限 ・防衛予算の拡充 ・帰化人等に係わる中国共産党員等調査⇒帰化取消し実施 ■尖閣防衛対策 ・国土交通大臣が、毎月、尖閣等視察する ・国土交通大臣が、尖閣防衛、中国漁船の違法操業続出した大和堆事案について、傍観し続けるなら、更迭 ■RCEP ・批准しない ■政権と自民党との関係 ・二階幹事長に対し、自民党内の職務に限定した対応を求める ・早急に自民党幹事長を更迭 ■治安対策 ・ベトナム人容疑者が次々と不起訴となっている事案、今後は起訴を徹底する ・失踪外国人労働者数について、情報公開(当初の受入事業者名も公表) ■外国人労働者対策 ・不法滞在摘発呼びかけを強化(町内会単位で) ・農業分野等、技術研修枠を半減させる(犯罪発生県中心) ■コロナ対策 ・コロナ感染で入院している外国人入院・治療実績について、情報公開する(在留、旅行ビザ等の区分) ・感染者激増している国すべてについて、順次入国制限措置を拡大 ・日本人以外の特段の事情での入国者について、全員、旅行疾病保険等の付保を義務化(健保適用とさせない) ■健康保険 ・外国人健保分を日本人から分離する ・外国人生活保護…

続きを読む

11の「不満・不安・不信」⇒内閣支持率はさらに下がることは確定的!

煽る訳ではないが、菅政権になってから、不満の次元ではなく、社会不安、政治家に対する不安感、政権に対する不信を述べる人が増えていると思う。(ようになった) 安倍政権の時代は、安定感、安心感があった。不満はあったが、今は違う。不満の次元を越えて、不安と不信だらけである。 個別事案別に以下に詳述させていただく。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■社会全般に対する、漠然とした、不安感 アメリカで起きている暴動、爆破事件などから、私自身は漠然として不安を持ち始めた。ただ、トランプは健気にやっていることは知っている。1月6日時点で各地で、バイデン陣営による暴動、爆破事件が勃発した場合、日本でも変な事が起きると予想する。 ||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||| MAN IN AMERICA日本語翻訳版 https://www.youtube.com/watch?v=8r4c5fvPP2c&feature=youtu.be タケコ @narukawa_konatu 将来には不安どころか絶望しかないけど、遠い未来の心配が出来るということは、今が幸せだという証だと言われて目から鱗 将来に対する不安って、未来が必ず来るって前提だから 来年もその先も生きてる、疑いもなくそう思える今の環境に感謝 ||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||| …

続きを読む

検察は何がしたかったのか?

安倍前首相の政治資金規正法違反については、以下のような見解がある。 ||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||| hananonok @keikoitohanano · 12月25日 日本の為に、国民の幸せの為に、働いて下さった安倍さんに、余りにも酷い仕打ちに、私は、悲しくなりました。これでは、総理大臣になろうと思う優秀な人材は居なくなってしまいますよ。ほんと、お気の毒で仕方ありませんでした。安倍ちゃんお疲れ様 しばらくは英気を養って下さいハートのビックリマーク再起を祈っています ||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||| 私は、この見解が絶対に正しいとは言わない。ただ、検察の対応は、検察としての政治的動機に基づくものと思わざるを得ないとの認識である。 田母神俊雄に対する、時間を置いた公職選挙法違反での立件もそうだったと思わざるを得ない。 しかし、この程度のことで立件するなら立件すべき事案が他にあると思う。 象徴的な出来事が1つある。 自民党から民主党に政権移行した選挙公示後の街頭演説会、自民党、民主党主催のものが、同日同じ場所にて開催された。 先行して実施された自民党演説会、当時の麻生首相が演説、結構な人だかりになった。自民党は道路占有許可をとった演説会であるのに対し、鳩山由紀夫率いる民主党の街頭演説会は、占有許可なしであることを、事情通の人から聞かされた。 私は、二つ…

続きを読む

人気記事