「全体主義化の流れ」に対する歯止めが必要です

最近、多方面で全体主義化の流れが加速しつつある。気になった情報を三つ並べてみたい。 ―― 参考情報 ―――――――――― 中国でブロガーや外国人記者が次々に拘束されている http://www.thutmosev.com/archives/85207865.html 【報告とお願い】『水間条項TVはこれからも国益最前線に徹してニュースを配信するため「アカウント」を改めました』 https://www.youtube.com/watch?v=HDZLlMeBFHs テレビ改革党・くつざわ代表「NHK未契約に罰金発生ということなら、それはもはや商取引きではなく税金扱いということになるのでNHKは国営化しないと」 https://hosyusokuhou.jp/archives/48896632.html ――――――――――――――――― これらは、日本政府が、全体主義に屈服したか、全体主義を指向している直近の証拠として扱うことができる。 中共におけるスパイ摘発事案から述べたい。 中共において、具体的基準を示さず、写真撮影したなどの根拠を以てスパイ工作員認定されたジャーナリスト、ビジネス関係者が増えている。スパイ容疑で収監され、刑期を終え釈放された日本人もいる。中共による理不尽なやり方に賛同する日本人はいないはずである。 日本政府は、このような中共の理不尽な対応を受入、傍観しているように見える点において、全体主義に屈服しているので…

続きを読む

国家公務員倫理法違反 処分に追加すべきもの

最近のニュースから国家公務員倫理法が広範囲に守られていないことが常態化していることが判明した。 ―― 参考情報 ―――――――――― 枝元事務次官ら6人処分、25日発表 アキタフーズ前代表と会食―農水省 https://www.jiji.com/jc/article?k=2021022401374&g=eco&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit 山田広報官の国会招致で合意 自・立 https://www.jiji.com/jc/article?k=2021022400807&g=pol&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit ――――――――――――――――― 国家公務員倫理法は、守られるべきこととして定められた法律である。罰則規定があり、審査会が設置され、外部からの通報制度が存在している。 ||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||| 国家公務員倫理法 https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=411AC1000000129 (罰則) 第四十六条 第十八条第一項又は第二十一条第四項の規定に違反して秘密を漏らした者は、二年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。 国家公務員倫理審査会 https://www.jinji.go.jp/ri…

続きを読む

公共放送NHKを国民の手に取り戻すために必要な六つのこと

ここのところ、NHK解体派にとっては腹立たしいニュースが続いている。 ―― 参考情報 ―――――――――― 【不当判決】イラネッチケー敗訴/「NHK映らなくても契約義務必要」の東京高裁判決に非難殺到 http://totalnewsjp.com/2021/02/25/NHK-2/ NHK受信料引下げとセットでの割増金加算問題について https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/479993326.html ――――――――――――――――― 一つ目の判決については、裁判官の判決として、いかがなものかと思う。 二つ目の割増金加算問題については、道理として否定はしないが、民放と比較して高額な番組制作費、職員給与問題が是正されることが、優先されるべきだ。 総務大臣は、すべてを見直しするという趣旨のことを語っている。しかし、東北新社による総務省職員接待事案は、NHKによる総務省職員接待事案を想起させることに繋がる。 総務省があれだけNHK寄りの方針ばかりを表明、推進するのは、NHKによる総務省接待が常態化しているためであろう。 ―― 参考情報 ―――――――――― 武田総務相「すべて見直し国民の信頼回復に努める」 衆院総務委 https://www.sankei.com/politics/news/210218/plt2102180016-n1.html 山田氏接待、和牛ステーキに海鮮 衆院内…

続きを読む

人気記事