人権侵害国「中共」に対し積極的に適用すべき外交原則

拙ブログは、長年の「内外無差別」方針の継続により、日本は「相互主義」の採用に関して消極的であると分析した。 ―― 参考情報 ―――――――――― 「相互主義」と「内外無差別」 https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/481261013.html ――――――――――――――――― 一方で、「相互主義」を世界すべての国に適…

続きを読む

ウイグル等人権侵害対応強化 前進あるのみ!

ウイグルなどで行われている人権侵害対応に関して、今国会で実績と言えるほどの状況にはないが、関係者の動きを総合すると、匍匐前進状態からさらに進展が望めそうな状況にある。 請願署名に参加された方は、署名したのに何も実現しないと不満をお持ちかもしれない。 小坪議員はかく説明(弁明)している。 ||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||| https…

続きを読む

超限戦への対応 戦いは始まった!

最近、アメリカを筆頭に各国にて中共を意識した、(超限戦)対応の動きが表面化しつつある。 初手は、何であったか。明らかにトランプ大統領の対中関税措置である。 日本政府の場合は、安倍政権が、クアッドを主導したことが該当する。これまで中共との二国間関係にて忍従し続けてきた日本が、安全保障外交上、二国間外交から日米豪印四ヵ国連携した対応に軸足を移す措置を通じ、中共への対抗する意思を明…

続きを読む

彼らは「心を折る」ことを通じて目標達成しようとしている

一般論としてであるが、世論操作の方法として「心を折る」手法があるそうだ。 ―― 参考情報 ―――――――――― 世論操作の目的 http://gendaishi.jugem.jp/?eid=1329 ――――――――――――――――― で、彼らはどのように心を折り、実現しようと企図するのか? 一言で言うと、相対立する存在を登場させておいて、劇場化させ、人々に、…

続きを読む

高橋洋一氏が内閣官房参与を辞職した理由

高橋洋一氏は、いわゆる失言?の類で辞職したことにされている。 首相の弁では、本人は大変反省していたとのこと。 ―― 参考情報 ―――――――――― 首相、高橋洋一氏退職の経緯説明 「大変反省しておられた」 https://www.msn.com/ja-jp/news/national/e8-8f-85-e9-a6-96-e7-9b-b8-e3-80-81-e9-ab-98-e6-…

続きを読む

人気記事