今年一年を振り返って

■政治概況 政治的には、稀に見る長丁場の国会が続いた年でした。菅内閣は短期間で多くの仕事をしました。 しかしながら、国民の評価は今一つ。官邸広報に注力しなかったことが原因と思います。 ただ、安倍首相の国家観、外交力と等しい水準で、菅首相の実行力は評価されるべきと思います。 こんな有能な番頭さん型の政治家滅多に居ない!という評価です。 続いて、就任した岸田首相については、総裁…

続きを読む

このまま岸田政権で大丈夫なのか?

本稿は、下記原稿の続編。検討の視点が前稿と異なるため、今回は岸田政権に対し批判的スタンスとなることを最初におことわりさせていただく。 ―― 参考情報 ―――――――――― 対中戦略外交 対中非難決議する政治的意味 https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/484946537.html ――――――――――――――――― 岸…

続きを読む

外国人に住民投票権を与えるべきか 二つの着眼点

本稿は、武蔵野市議会にて否決された条例案に関連し、外国人住民に対し住民投票権を付与すべきか否かについて、検討の方向性について述べるもの。 まず、私の基本的スタンスについて説明したい。 ・基本的には、外国人住民に対し、住民投票権を与えるべきではない ・反日的な外国人住民、帰化人については、法制化はされていないが、本来は、スパイ防止法、国家反逆罪、外患罪等で徹底的に取り締まるべきで…

続きを読む

公共放送としての社会的義務

NHK
本稿は、下記原稿の続編。 ―― 参考情報 ―――――――――― 表現の自由と名誉棄損訴訟 https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/484869498.html ――――――――――――――――― まず、西さんのコメントを一読いただきたい。 ||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||| h…

続きを読む

武蔵野市外国人住民投票条例否決 追撃措置の必要性

本稿では、武蔵野市議会本会議での住民投票条例否決に関する分析と追撃措置の必要性について説明させていただく。 ―― 参考情報 ―――――――――― 武蔵野市条例案否決 賛成11・反対14 無所属2人が反対に https://www.sankei.com/article/20211221-ADUY42YCNBJHHNNFRXWMPD7UBE/ 外国人住民投票条例案が否決 東京・武…

続きを読む

人気記事