地方議会活性化? NHK問題

どうやらNHKにおいて、個人情報保護法に係わる、広範囲な違法行為、脱法行為が認められるようだ。

―― 参考情報 ――――――――――

逮捕直前に別の住宅訪問 NHK名簿悪用、通帳要求
https://www.sankei.com/affairs/news/191109/afr1911090013-n1.html

【悲報】NHK集金業務を請負う業者の役員、集金名簿をオレオレ詐欺師に横流し
http://blog.livedoor.jp/rbkyn844/archives/9511746.html

NHK 集金人 「オメーがやかましいんだよオイ」
http://mix2ch.blog.fc2.com/blog-entry-24795.html

―――――――――――――――――

集金会社が管理しているはずの契約者名簿が、多方面、それも犯罪者たちが活用していることは社会的に深刻な事態だ。



十年以上前のことになるが、単身赴任先で郵便上の届けを出した当日、NHKの集金人がやってきた。893まがいの態度だった。最近になって、日本郵政は、転居届け提出の際、NHKに通知することを選択制とすることを認めた。それ以前は、転居届を自動的にNHKに情報提供していた時代があるのだ。

加えて、NHKは、受信契約解除した元契約者に対して、集金会社は、全国規模で個別訪問を続けている。
もし事実なら、契約解除しているのにもかかわらず、廃棄されるべき個人情報を廃棄していない点において、契約上問題である。NHK契約者は、契約解除に際して、個人情報が適正に廃棄されるのかどうか、文書で確認を求めるべきだろう。

私は、これらの事象を総合し、「NHKは全国規模で個人情報管理に係わる、広範囲な違法行為、脱法行為を組織的に繰り返している」と推定する。(あくまで推定)



国会議員には、国会の総務委員会等でご質問いただきたいことである。
審議拒否癖ある国会議員の質問ネタである。



さて、個人情報保護法が定める監督機関として個人情報保護委員会なる組織が存在する。立入調査実施実績もある。

―― 参考情報 ――――――――――

平成30 年度上半期における個人情報保護委員会の活動実績について
https://www.ppc.go.jp/files/pdf/h30kamihanki.pdf

―――――――――――――――――

この組織の機能は、法律でかく明確化されている。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://www.ppc.go.jp/aboutus/commission/

個人情報等の取扱いに関する監督
個人情報取扱事業者等に対して必要な指導・助言や報告徴収・立入検査を行い、法令違反があった場合には勧告・命令等を行うことがあります。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

上述の事象などから、個人情報保護委員会に対し、NHKと集金会社について全国規模で立入検査を要請する活動が有効となる。

NHKから国民を守る党の立花が首長選挙で「集金人の戸別訪問禁止」を公約したのは、第一義的には個人情報保護委員会がすべきことであることを知りつつ、一方で国会議員を一気に増やすことは難しいと判断、次善の策として、前回の統一地方選挙で大幅議席増だったことを踏まえ、地方議員をさらに増やすことを意図したためであろう。


||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

「集金人の戸別訪問禁止」 N国・立花党首が公約発表
https://www.kanaloco.jp/article/entry-205233.html

https://www.nhkkara.jp/

党首あいさつ

NHKから国民を守る党(N国党)は、文字通りNHKから国民をお守りする為の党です。

NHKが行っている戸別訪問は、勝手にNHKの電波を各世帯に送りつけて、NHKを見ていなくても集金する送りつけ商法です。 国民が「NHKは見ていないので、受信料は払いたくないです」と言っても、強引な集金行為により被害者が絶えません。この現状を改善すべく、党としてコールセンターを設置して、NHKの集金に関する苦情を受け付け、一件一件問題を解決しています。

NHKから国民を守る党は、NHK集金人のトラブルを解決するために、集金行為が必要ないNHKのスクランブル放送化の実現を公約として掲げています。
NHKのスクランブル放送化を実現するためには放送法を改正しなければなりません。放送法改正のためには、国会議員を数多く当選させる必要があり、この目的のため国政選挙にも取り組んでおります。

もし放送法改正により、NHKのスクランブル放送化が実現した曉には、党首立花孝志は、国会議員を辞めます。

NHKのスクランブル放送化は多くの国民が望んでいるにも関わらず、これまで国会内での議論は皆無でした。国民意志と国家意志との乖離が、NHK問題の解決を遅らせている原因です。問題解決のため我が党は「直接民主制」の実現も同時に訴えています。

我々はNHKのスクランブル放送化実現をめざすシングルイシュー政党です。皆さま方のお力を貸してください。

令和元年10月1日
NHKから国民を守る党
党首 立花孝志

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

立花党首は、首長選落選続きだが、NHK集金人が個別訪問を続ける限り、「集金人の戸別訪問禁止」は党勢拡大に有効な公約となる。
同時に、NHKから国民を守る党は、「集金人の個別訪問禁止」の条例化を通じ、各地方議会が活性化することが確実視され、同時にNHKを懲らしめることができる唯一の政党として全国的に認知され、10人を超える国会議員を獲得する可能性が出てきた。




高市総務大臣が、この時期NHKに対し、行政指導的発言をしたのは、N国シナリオどおりにはさせじとの覚悟の表明であろう。N国躍進の芽を封じ、NHKをコントロール可能な状態に戻す(現在のNHKは暴走状態)ための妙手(としての現実的な第一手)と考える。

―― 参考情報 ――――――――――

NHK同時配信に高市総務相“ちゃぶ台返し” 局内は動揺「何を今さら…」
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/191109/pol1911090003-n1.html?ownedref=not%20set_main_newsTop


自民党についに出始めたか?!、N国効果 総務相、NHKに業務縮小を要請 番組のネット常時同時配信で
http://www.asyura2.com/19/senkyo267/msg/235.html

―――――――――――――――――

以上

この記事へのコメント

人気記事