ローマ教皇来日  三つの視点

バチカンのトップの呼称については、今現在、ローマ教皇、ローマ法王、二つの呼称が存在しているようだ。政府、自民党が「ローマ教皇」という呼称を用いているため、以下、「ローマ教皇」という呼称を主に採用させていただく。
ただ、法王を教皇と呼称を変えた経緯は知っておくべきこと。

―― 参考情報 ――――――――――

ローマ法王はなぜローマ教皇に呼称変更されたのか?
http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/5563061.html

―――――――――――――――――




まず、自民党から11月29日に受信したメールを一読したい。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

----------------------------
安倍総理 ローマ教皇フランシスコ台下と会談
----------------------------
11月25日、安倍総理は総理大臣官邸でバチカンのローマ教皇フランシスコ台下と会談等を行い、
その後、要人及び外交団等との集いに出席しました。

安倍総理は集いの中でまず、教皇からの天皇陛下御即位への慶祝の言葉と
東日本大震災の被災者との面会に対し謝意を述べました。

また、教皇が24日に長崎、広島を訪問したことを踏まえ
「日本は唯一の戦争被爆国として、『核兵器のない世界』の実現に向け、
国際社会の取り組みを主導していく使命をもつ」と強調。

さらに「これからも核兵器国と非核兵器国の橋渡しに努め、双方の協力を得ながら、
対話を促す努力において決して倦むことはない」と述べ、
核兵器廃絶に向けた日本政府の確固たる方針を表明しました。

これに対し教皇は、日本の取り組みを歓迎し、日本の決意に対して支持すると述べられ、
今後、日本とバチカン両国の協力を一層強化していきたいという意向が示されました。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

行間を読むと、憲法改正は認めるが、核武装はすぐにはするなと言ったとの解釈ができそうだ。




国際政治の舞台においては、本音を隠し格式語が飛び交う。
首相のローマ教皇訪日を歓迎する弁、凄まじいレベルの格式語で溢れている。

―― 参考情報 ――――――――――

ローマ教皇フランシスコ台下との会談等
http://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201911/25vatican.html

―――――――――――――――――

文章的に、スピーチライターが下書きを書き、クリスチャンと噂される首相夫人が手を入れたのではないか。文章的にスピリチュアル層受けする文面であることから、そう判断した。
あまり好きではない人物であるが、首相夫人の内助の功を意識したということ。

批判文しかかけず悩まれている方、名文とはどのようなものであるか。お考えいただきたい。歓迎したくなくても歓迎を装ったスピーチは外交上、必要なことなのだ。




私は、首相とローマ教皇のやりとりにケチをつけるつもりはないが、ローマ教皇が訪問先で語ったことについて、三者三様の見方が存在することを指摘せざるを得ない。
三者三様というのは、歴史の経過とともに、宗教的権威が低下したことが影響している。

ざっと区分して、①ローマ教皇を偽善者とみる人、②核兵器廃絶を訴える時と場所を勘違いしているとみる人、③カトリック信者としてローマ教皇来日を歓迎する人、がいる。
この中で、偽善者とみる人が増えつつあるような気がする。私は、①、②の評価を支持。



―― 参考情報 ――――――――――

■偽善者とみる人の意見

やっと〇チカンの偽善者が帰ってくれました。
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52046933.html

法王様万歳 パヨク
http://yomouni.blog.fc2.com/blog-entry-6815.html

http://www.nikaidou.com/archives/118850

ローマ教皇なんて所詮インチキの総大将。
2019/11/27 20:02 -貴様ら!俺の言うことを聞いてみませんか?

まず自分がやれよ。マネロン組織のくせに。

下の人はいいことを言っている。頂き物で背景とかは知らんので、単純にあのザビエルもどきの爺さんにこう言い返す例として。

ーーーーーーーーーーーーー

しもむら天弘(Buddhist priest)@shimomuratenkou
ローマ教皇
「日本は #難民の受け入れ を」
「核兵器廃絶」
「真の平和は非武装の平和」

天弘和尚
「隗より始めよ。難民はバチカンから受け入れ、次にカソリック圏、キリスト教圏」
「核兵器廃絶は大量の核保有国に対して言うべき」
「平和維持に武器は不可欠、チベット、ウイグルの現実を見るべし」





■核兵器廃絶を訴える時と場所を勘違いしているとみる意見

ローマ教皇様への手紙
https://ameblo.jp/polymorph86/entry-12548951191.html

ローマ法王は核廃絶を訴えるなら、米国、中国、ロシアなどの核保有国へ行くべき
https://ameblo.jp/polymorph86/entry-12547864825.html

高須克弥氏「ローマ教王倪下、演説する場所が違います。核兵器を保有する国々でされては?」
http://mix2ch.blog.fc2.com/blog-entry-24913.html




■カトリック信者としてローマ教皇来日を歓迎する人の意見

百人の会から受領した、中曽千鶴子の意見

―――――――――――――

Subject: RE: 【続】ローマ教皇による核廃絶のメッセージ

長崎に行ってきました。みなさま マスコミの偏向報道に騙されちゃだめですよ。

長崎では、なぜ平和公園ではなく 爆心地公園に行かれたのかということです

カトリックの奇跡の地、東洋、アジアのカトリックの聖地といわれた
長崎の教会に 原子爆弾を落としたプロテスタントアメリカ・イギリス
そして日本の敵国、反共カトリックの敵である
中国や北朝鮮への大きな大きなメッセージを発信したのです。
日本の被爆者や殺戮された犠牲者に寄り添い 日本に寄り添い
世界に 核兵器使用を悪であると強く訴えたのです。
これは祈りであって、政治介入ではないです。
一日目は、ほとんどの時間を西坂の殉教者の地で祈られ
その後は長時間に及ぶ長崎ドームでの信徒とのミサがメインでした。
私はミサに出席しましたが 4万人が ふる日章旗は美しかったですよ
ミサでは政治的な発言はされていませんでした。

バカなマスコミは、長崎で核廃絶のメッセージをしたなどと
大々的にとりあげていますが、 
長崎では科学技術は平和利用するのが望ましいという意味のことも
おっしゃっていましたし、
核兵器について語ったのは、爆心地公園で被害者のために祈る中でのこと
カトリック信徒やカトリック女学生やシスターが多く亡くなった場所で
核兵器について非難するのはあたりまえだと思います。
また今回、長崎から東京、天皇陛下会見、安部首相会見、上智大学訪問、東日本大震
災被災者との会見など過密スケジュールの中、ほんのほんの一部分だけ
なのに印象操作と切り取りと偏向報道するマスコミはほんとに 最悪です

そもそも 今回、中国をスルーしたことは大きい。
台湾については、国交があるのはバチカンであり 日本は見習うべきだと思います。

CIAやKGBを超える世界最大の諜報機関を持ち
13億人の信徒を抱えるカトリックのローマ教皇が、日本を訪問したこと
拉致問題解決の支持をしたことは、とても重要なことです。

―――――――――――――――――



ここにある、諜報機関とは、日本国内では、司教館における活動を指す。「日本カトリック正義と平和協議会」のような組織のことであろうと推測する。

つい最近、かような政治発言が飛び出している。

―― 参考情報 ――――――――――

カトリック正義と平和協議会が「日韓政府関係の和解に向けての会長談話」 2019年8月15日
http://www.kirishin.com/2019/08/15/27959/

―――――――――――――――――

聖職者が、韓国の国際法違反状態を正しく認識せず、過去、数々の反日政治活動をこれら組織を基盤として行ってきたことを知ると、ローマ教皇は、末端組織がやっていることを正しく認識できているのであろうか?

そして、そもそも極東の歴史、日本の歴史すら知らないのではないか。

たとえば、核兵器廃絶を主張したいなら、自らの組織をまず糺し、そのうえで、我が国に核弾頭の照準を合わせている国を訪問、主張すべきことではないか?
イエズス会という組織を率いているなら、殉教者感覚で習近平に会い、言うべきことがあるはずである。



以上

この記事へのコメント

  • Suica割

    私は第四の説を唱えてみます。
    ローマ法王の所信または、バチカン市国の方針的なものを述べたというものです。
    ニに近いが、場にそぐわぬことをわかってないで、言ったのではなく、あえて、バチカン市国の国益のためか、自身の考えを広げるために炎上上等で言ったように思います。
    ロシア大統領が北方領土はロシアのものと毎度言ってるのと同様だと理解すれば分かりやすいと思います。
    2019年12月03日 17:44
  • 市井の人



    >Suica割さん
    >
    >私は第四の説を唱えてみます。
    >ローマ法王の所信または、バチカン市国の方針的なものを述べたというものです。
    >ニに近いが、場にそぐわぬことをわかってないで、言ったのではなく、あえて、バチカン市国の国益のためか、自身の考えを広げるために炎上上等で言ったように思います。
    >ロシア大統領が北方領土はロシアのものと毎度言ってるのと同様だと理解すれば分かりやすいと思います。


    Suica割さん、お久しぶりです。
    実は、バチカンが普段、政治的にどういう立ち位置なのか、知られていない可能性があります。私もあまり考えて来ませんでした。
    歴史書も大したものは日本では翻訳されていません。正体を悟られないために翻訳書の刊行をさせないようにしているのかもしれません。

    2019年12月04日 07:56
  • Suica割

    素直に考えるなら、営業トーク的なものでしょうね。
    危険な武器を減らして、平和な社会を作ろうみたいなことは、表向きは否定する要素はないですから。
    ただ、現実的には難しいから、努力目標ということになります。
    宗教家として言いたいこと言っただけだから、心にこういう事を言っていたということはとどめる必要はあるけれど、それに振り回され過ぎるのもナンセンスと思います。
    2019年12月04日 08:53
  • 市井の人



    >Suica割さん
    >
    >素直に考えるなら、営業トーク的なものでしょうね。
    >危険な武器を減らして、平和な社会を作ろうみたいなことは、表向きは否定する要素はないですから。
    >ただ、現実的には難しいから、努力目標ということになります。
    >宗教家として言いたいこと言っただけだから、心にこういう事を言っていたということはとどめる必要はあるけれど、それに振り回され過ぎるのもナンセンスと思います。


    表の顔と裏の顔、いろいろあるということでいかがでしょうか?
    2019年12月04日 17:17

人気記事