韓国の反日は永遠に続く、、、騒動は騒動でしかない

本稿は、韓国人が書いた本がベストセラーとなっている現象について私見を述べるもの。




海外の心ある人達が、日本国、とりわけ皇室について絶賛していることはご存じのことと思う。

―― 参考情報 ――――――――――

海外「日本はさすがだ…」 国王来日 日本のおもてなしにスペインから感動の声
http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2278.html

海外「皇室の存在が羨ましい…」 トルコ訪問中の彬子女王殿下の人気が物凄い事に
http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2818.html

―――――――――――――――――

礼儀、謙譲、秩序。諸外国の人びとは、各国で消滅しつつある美徳、伝統が、日本では当たり前のように残っていることに一様に驚愕している。

諸外国が皇室外交を高く評価したことは、日本の外交力の源泉が何であるかと暗示している。安倍首相一人だけの努力で外交大国になれた訳ではない。




その日本に対し、国際法破りをやり、国家的規模で反日ヘイト活動、日本製品不買運動をやっている国が、隣国韓国である。

とにもかくにも煽動されやすく、カーッとなると感情を抑制できない、それが世論となりやすい。首脳が反日言動すればするほど政権支持率が急騰する現象は決定的だ。
対日ヘイト行為をヘイトと認識できない。国境を越えて訴えられるべきは、この人たちではないか。弁護士たちはどこを見ているのか。おまけに、韓国の裁判官たちは、国際法の常識も理解せず、自国の価値観のみで自国有利な判決を下す。

今や日本だけでなく、各国が、「国家としての体をなしていない国」とみなし始めている。




その一方、韓国人が書いた本が、国内でベストセラーとなっている。

池田信夫は、「文在寅政権のあと右派政権に交代したとしても、韓国の反日感情が大きく変わることには繋がらず、日韓併合を否定することは李承晩以来の国是であり、それを否定する勢力は韓国内には存在しない」としている。すなわち、話題となった本も、所詮は「韓国国内で続けられる捏造史観のコップ」の中の論争に過ぎないことを指摘している。


―― 参考情報 ――――――――――

自己欺瞞としての反日感情
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/52036642.html

―――――――――――――――――

すなわち、本質的な解決を導くものではない点で、騒動本でしかない。

騒動本はあくまで騒動本。必読本であるとか、「良書」であるとして、うっかり評価すれば、自ら騒動ブログであると宣言したに等しい。

もちろん、読んだ本すべてを必読書などと評価する、読書家?がいるはずもない。売らんがためのポジショントーク、出版界の自作自演を疑うべきだろう。

池田信夫は、本質を見抜く洞察力は確かなレベル。引続き、チェックしておく価値がある。特に、陳情書に欠かせない、官界稟議書に記載するにふさわしい文言が埋め込まれていることに着目したい。無駄なところがない、短文の表現力には、いつも感心し読まさせていただいている。




韓国については、反日や嘘で固めた「トンデモ史観を前提とするトンデモ国体」が変わらなければ、良い兆候、そうでない兆候、すべてが騒動と受け止めなくてはならない。

騒動は、何の結果ももたらさない。時間と金そしてエネルギーの浪費でしかない。

―― 参考情報 ――――――――――

騒動に自ら飛び込む必要はない
https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/472513103.html

―――――――――――――――――

残念なことに、世の中、騒動ネタで溢れている。森友、加計、桜を見る会ネタなどは、捏造デッチアゲ報道が煽動する騒動。韓国ざまあみろみたいな論調が続出する、まとめサイトは、とにもかくにも騒動情報集でしかない。なんとか特権、なんとかをぶっ壊す、なんとかが第一、今となっては、騒動の類。余命本も、、、

困ったことに、騒動本が売れる時代、炎上商法しやすい時代となってしまった。
騒動に首を突っ込めば突っ込むほど、今やっておくべきこと、必要なことが見えなくなる、、、

政治報道の過半が騒動ネタとなっている関係で、保守も左翼も、下品で卑しい言動を繰り返し、騒動ネタを得意とする言論人が書いた、(あるいはゴーストライターに書かせた)内容の乏しい本が売れる現象が続出している。

騒動は騒動でしかない。政治活動と騒動は異質なもの。
政治が、政治活動が騒動の次元でいいことなのか?




この感覚は、過去十年間、岡崎久彦が書いた情報分析に係わるノウハウ本を読み、何が騒動で何が本質なのか、騒動から距離を置き自分なりの分析作業を続けてきて得られた経験から言えることである。


―― 参考情報 ――――――――――

国際情勢の分析方法について
https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/471353124.html

―――――――――――――――――





さて、韓国の太極旗は、易学・風水的に不吉なものとされる。

―― 参考情報 ――――――――――

太極旗の意味
http://hondaz360gss214.blog.fc2.com/

―――――――――――――――――

それでも敢えて、こんな不吉なものを、、、好き好んで、、、呪われた国家、呪われた人々の騒動に係わるのか、、、ということである。

○○を相手にしない方なら(マスコミ記者が○○揃いであると気づいておられる方なら)、この意味、詳述せずとも、おわかりいただけることと思う。

以上

この記事へのコメント

人気記事