国民はNHKを必要としていない 存在自体が社会の無駄!


1月17日、記事訂正済み(文章の繋がりが悪い箇所があったため)


まず、NHKに無関係なデータの推移を眺めてみたい。

―― 参考情報 ――――――――――

【このまま衰退か?】10年間で10億通が消えた年賀状、データで見る郵便業の現実 
http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-58820.html

【速報】新聞の発行部数、1年間で210万部減
https://hosyusokuhou.jp/archives/48868555.html

日本人の映画離れとテレビ離れとコンテンツ
https://kotobukibune.at.webry.info/202001/article_12.html

―――――――――――――――――

年賀状、新聞、映画、すべて没落傾向にある。
年賀状は、メールやLINEに置き換わった。新聞は、ネット媒体に置き換わった。映画館での鑑賞は、自宅での動画閲覧に置き換わった。
インターネットの出現、普及拡大によるものと考えていいだろう。



NHKについては、大晦日の紅白、大河ドラマの視聴率ともいずれも長期低落傾向にある。同様の傾向は大河ドラマで確認されている。


||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://kuromacyo.livedoor.biz/archives/1956085.html

【悲報】 NHK紅白歌合戦、史上最低視聴率で打ち切りか ジャニーズAKB構成で視聴者がソッポ

 NHKの上層部が、まさかの結果に悲鳴を上げている。令和最初の紅白として注目を集めた『第70回NHK紅白歌合戦』の平
均視聴率が、1部34・7%、2部37・3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と、昨年の視聴率(1部37・7%、2部は41・5%)よ
りも大幅に下回ったばかりか、2部においては紅白史上、最低の視聴率を記録してしまったのだ。


図録 NHK紅白歌合戦の平均視聴率推移
http://honkawa2.sakura.ne.jp/3967a.html
紅白視聴率.jpg


図録 NHK大河ドラマの平均視聴率の推移
http://honkawa2.sakura.ne.jp/3967.html

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

視聴率低下している番組に、NHKが莫大な製作費を投入しなくてはならない、公共放送上の正当性があるのか?
私はないと思う。

年賀状、新聞、映画の売り上げが減少、視聴率が低下しているNHKの番組だけが、右肩上がりで予算を組む、異常さは、社会問題レベルであろう。

この点について、NHK役員たち、経営委員たちは、公共性を正しく認識できていないと言わざるを得ない。

番組企画そのものが飽きられたこと、日本人なのかそうでないのか根無し草みたいなのが番組を企画、出演しているのを見せられ、違和感をNHKから覚え去っていく人は増えているのではないか?。


それなのに、NHK自身の予算は、右肩上がり。(視聴者という市場)全体の動きを見誤っている。

さらに、テレビ視聴時間そのものの減少も確認されている。

・10歳台の平日のテレビのリアルタイム視聴時間は、この数年間で、102.5分から73.3分に激減
・60歳台の平日のテレビのリアルタイム視聴時間は、この数年間で、257分から253分に微減



―― 参考情報 ――――――――――

主なメディアの利用時間と行為者率 平成30年
https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h30/html/nd252510.html

主なメディアの利用時間と行為者率 平成26年
https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h26/html/nc253210.html

―――――――――――――――――


すなわち、年賀状、新聞、映画に続いて、テレビも不要となる時代が近づいているのである。

テレビが不要ということは、NHKも不要。受信料制度自体が意味をなさなくなるということ。



国民はNHKを必要としていない。NHKは、社会経済的に無駄な組織となりつつある。存在する必要も価値もない組織となりつつある。


年賀状、新聞、映画、すべて没落傾向にある。
年賀状は、メールやLINEに置き換わり。新聞は、ネット媒体に置き換わり、NHKだけが右肩上がりで、受信料名目で7000億円もの金を徴収していることが、国家経済的に問題。

7000億もあるなら、その金を成長分野に投入すべきだ。

高すぎる人件費水準に加え、日本人かそうでないのか怪しい職員や出演者への給与、出演費用に、今後も浪費されるなら、今はNHK解体論で済んでいるものが、10年後には、NHK消滅論に代わると予想する。



すなわち、テレビを見なくなる人たちがさらに増えることにより、10年後のNHKの事業規模は、現状予算年間7000億ではなく、大雑把にみて2000億くらいの事業規模が国家経済的にて適正規模となる。



なお、2000億とは、証券業界用語で言うところの、「半値八掛け二割引き」水準の数値である。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://www.nomura.co.jp/terms/japan/ha/a01849.html

証券用語解説集
半値八掛け二割引(はんねはちがけにわりびき)
分類:相場・格言・由来
天井を付けた後下落局面に入った時に、底の水準を判断する目安とされる相場の格言。高値×0.5×0.8×0.8=0.32で1/3程度まで下げるというもの。特に根拠はなく、その昔大阪の薬問屋や繊維問屋で、品物が売れない時の値引きの目安にされていたと言われており、その語呂の良さなどから相場でも使われ始めたとされる。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

以上

この記事へのコメント

  • Suica割

    国民の皆様の銭を合法的に徴収する特権がある以上は、サラリーに対して、それなりに国民の納得いく上限額を定めるべきでありましょう。
    あわせて、本体貰いすぎ、下請け値切られすぎの構造を特権を持つことを理由に改革していくべきでしょう。
    国民負担の軽減と国内経済への適切な資金の還流を促せます。
    2020年01月16日 22:45
  • 市井の人



    >Suica割さん
    >
    >国民の皆様の銭を合法的に徴収する特権がある以上は、サラリーに対して、それなりに国民の納得いく上限額を定めるべきでありましょう。
    >あわせて、本体貰いすぎ、下請け値切られすぎの構造を特権を持つことを理由に改革していくべきでしょう。
    >国民負担の軽減と国内経済への適切な資金の還流を促せます。


    NHK役員、経営委員たちが、給与水準含めた、公共性を理解できない人たちであることを広く知らしめる必要がありそうです。
    2020年01月17日 06:27
  • 雪あかり

    稚拙なコメント失礼します。

    子供の為に、NHKの就学前の子供向け番組を見ていますと、受信料を毟り取った上に、日本の子供をダメにする気かと、怒りを感じます。

    簡単に過去思いつくことを書きますと、
    元旦に運動会、
    落ち着きのない子供にするためとしか思えないダンスや歌、ゾンビの歌、
    歌のお兄さんをママに女装で歌わせる、
    おかま風のかるく化粧をしたおじさんの一人ダジャレ連発が毎回を数年、
    頭に鉢巻と白タイツの股間の盛り上がったおじさんも毎回、といった感じです。
    意図がわからず困惑します。

    美しい絵に童謡や叙情歌もたまに流れますので、制作側の良心と悪意のせめぎ合いなのか、と思ったりもします。

    兎に角、あまりの酷さに、私の家では子供に幼児番組は見せず、購入したビデオ等を見せています。

    日本のためのNHKになってほしいと切に願います。
    2020年01月19日 01:02
  • 市井の人



    >雪あかりさん
    >
    >稚拙なコメント失礼します。
    >
    >子供の為に、NHKの就学前の子供向け番組を見ていますと、受信料を毟り取った上に、日本の子供をダメにする気かと、怒りを感じます。
    >
    >簡単に過去思いつくことを書きますと、
    >元旦に運動会、
    >落ち着きのない子供にするためとしか思えないダンスや歌、ゾンビの歌、
    >歌のお兄さんをママに女装で歌わせる、
    >おかま風のかるく化粧をしたおじさんの一人ダジャレ連発が毎回を数年、
    >頭に鉢巻と白タイツの股間の盛り上がったおじさんも毎回、といった感じです。
    >意図がわからず困惑します。
    >
    >美しい絵に童謡や叙情歌もたまに流れますので、制作側の良心と悪意のせめぎ合いなのか、と思ったりもします。
    >
    >兎に角、あまりの酷さに、私の家では子供に幼児番組は見せず、購入したビデオ等を見せています。
    >
    >日本のためのNHKになってほしいと切に願います。

    おっしゃることはわかります。視聴者センターではなく。役員、経営委員たちに面会し要望として伝えようと思う人が増えないと変わらないように思います。
    2020年01月19日 18:35

人気記事