「テレビ<動画」の時代  テレビニュースは見る価値なし!

実は、テレビニュースをまったく見ない生活を続けている。ニュース以外では、見たい番組だけを選んで録画してみている。惰性でテレビを見ることはまずない。
食事中もテレビをつけることはなくなった。


情報価値もなく、不愉快なものに係わるつもりはない。

実際、見る価値がないことを裏付ける情報が激増している。

―― 参考情報 ――――――――――

沖縄県の玉城デニー知事が豚コレラ発生を隠蔽するようマスコミに要請 中共のごとき手口に批判殺到
http://japannews01.blog.jp/archives/50531745.html

河野大臣「中国が世論コントロールを要求してきた」
https://hosyusokuhou.jp/archives/48869807.html

米主要メディアも全て中国共産党の飼い犬と化しました。
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52048680.html

―――――――――――――――――

そもそも「報道しない自由」を行使、それでいて、国家的に重要でないことは、馬鹿丁寧に報道する。



重要なことは、そもそも報道しない。仮に報道したとしても、取材が十分でない、分析が十分でない、マスコミにとって都合の悪い人は出演させない。政治的に中立でない報道実態となっている。



ゆえに、テレビニュース番組に対しては、不視聴戦術、処罰陳情戦術が有効な時代に入った。
一方、動画サイトを見る機会は増えた。

―― 参考情報 ――――――――――

動画サービス、無料「YouTube」有料「Amazonプライム」の一強に。YouTubeの認知率は92.4%、利用率も65.4%
http://blog.livedoor.jp/itsoku/archives/56330707.html

―――――――――――――――――



以下の4条件を満たしているケースについては、チャンネル登録するようにしている。

■取材源をたくさん確保している
■分析力がある
■長期スパンで物事をみている
■マスコミに登場する機会がない、一流の人物のインタビュー特集がある
■理論的にしっかりしている



篠原常一郎の動画は、取材源をたくさん確保したうえでの情報発信。特に、韓国ネタは秀逸。韓国ネタだらけのまとめサイトの半分は不要と思うほどだ。視聴者からの個別質問への回答コーナーも多々あり、その即答力に驚愕する。サンデーモーニングに出演する政治学者と称する者が、リハーサルを経て番組で語っていることを知ると、篠原常一郎は、テレビ出演するコメンテーターたちを、格下の言論人とみているような気がする。

分析力があるのは及川幸久。各国の主要紙を読みこなし動画にて発信している。政治的立ち位置ははっきりしないが、それでも、やや深堀した話を無料で聞ける点において、貴重である。海外関係は、宮崎正弘のメルマガ、及川幸久の動画をきちんとみていればなんとかなりそうだ。

藤井厳喜の動画では、長期スパンでの解説のほかに、テレビ番組にほとんど出演する機会がない一流の人物のインタビュー特集がある。一部無料、一部有料の構成となっているが、無料のものでも見る価値はある。

理論的にしっかりしているのは、岩田温のサイト。何より、言行一致かつ清貧な印象、好人物であることだ。伸び盛りなので、不得意な分野で背伸びしているケースが時折見受けられるものの、年上の保守系言論人を小馬鹿にする某言論人よりずっと好感が持てる。


とにもかくにも、テレビニュースを見る時間、テレビの討論番組を見る時間が無駄であると断言できる時代に入ったということである。

この記事へのコメント

  • カオル

    及川幸久、岩田温の両氏のYouTube動画が紹介されていたので、恐縮ですが、、、

    YouTube動画・西村直樹「日本国民の為の資産防衛」をご紹介します。(アドレスは省略)西村直樹氏は、アンティークコインの会社社長をされていて、著書もあります。最近では、アンティークコインの話題を避け、日本国の現状に警鐘を鳴らす話題を中心にYouTube動画をアップされています。アンティークコインの話題はメルマガで行っています。(本コメントの公開の是非については、ブログ主さまのご判断にお任せします。)
    2020年02月23日 06:14
  • 市井の人



    >カオルさん
    >
    >及川幸久、岩田温の両氏のYouTube動画が紹介されていたので、恐縮ですが、、、
    >
    >YouTube動画・西村直樹「日本国民の為の資産防衛」をご紹介します。(アドレスは省略)西村直樹氏は、アンティークコインの会社社長をされていて、著書もあります。最近では、アンティークコインの話題を避け、日本国の現状に警鐘を鳴らす話題を中心にYouTube動画をアップされています。アンティークコインの話題はメルマガで行っています。(本コメントの公開の是非については、ブログ主さまのご判断にお任せします。)

    情報ありがとうございます。
    2020年02月23日 16:56

人気記事