潜伏期間中の「中国人旅行者」を自由に移動させていいのか、、、

拙ブログは、指定感染症に係わる交通制限・遮断権限の不備を指摘した。

―― 参考情報 ――――――――――

・指定感染症対策 交通遮断に係わる「国の権限」が見当たりません!?
https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/473291483.html

・生物化学兵器対策としての交通制限・遮断措置
https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/473308004.html

―――――――――――――――――


誰もが予想したとおり?、武漢への渡航歴なきバス運転手が、潜伏期間中の中国人旅行者から感染したことが発表された。

―― 参考情報 ――――――――――

武漢市への渡航歴ない新型コロナウイルス感染者確認 加藤厚労相
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/387567

―――――――――――――――――



加えて、武漢から日本に来た、中国人旅行者も感染症で入院したことが確認された。

―― 参考情報 ――――――――――

新型肺炎患者、道内で初確認 中国人女性、札幌の医療機関入院
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/387599

―――――――――――――――――



ここ一週間の政府の手ぬるい処置が招いた結果であると思う。
衛生環境が良くないと言われる国でも厳格な入国管理を実施した。

日本政府は、この間、実効ある措置を実施したのであろうか?


||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://blog.livedoor.jp/itsoku/archives/56360971.html

347:名無しさん@1周年 2020/01/28(火) 17:44:50.92 ID:DoXbHByC0
北朝鮮・・・国境封鎖
フィリピン・・・強制送還
台湾・・・入国一時見合わせ

日本・・・手洗い、うがい

の結果がこれ

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


まず最初に責任を問われるべきは、国土交通大臣である。感染症発生都市からの航空便の受け入れを遮断しなかった管理責任を指摘する。法務大臣も出入国管理法令に基づく措置を怠った。

―― 参考情報 ――――――――――

中共・武漢市のある湖北省からの入国者を上陸拒否(入管法第5条発動)すべし
https://blogos.com/article/431916/

―――――――――――――――――




高須院長ですら、我慢しきれず、武漢からの帰還者について隔離することを提言した。

―― 参考情報 ――――――――――

【悲報】高須克弥「政府に要請します。帰国者はコロナ肺炎ウイルスの潜伏期間が過ぎるまで隔離すべきです」
http://www.watch2chan.com/archives/20200128162452.html

―――――――――――――――――




これ以上の感染拡大を防ぐために国がすべきことは、潜伏期間中に、入国した旅行者を一旦隔離?することである。
彼らのほとんどを隔離せず、好き勝手に移動させればさせるほど、国内感染は拡散する。

彼らは、「時限爆弾機能を有する、動く生物化学兵器」となってしまったのである。
最悪の事態を回避するには、交通の制限・遮断以上に、「動く生物化学兵器」と化した彼らの移動制限措置を、政府として実施するしか、手段は残されていないのである。

新幹線や飛行機に、自由に彼らを乗せてはならないのである。

以上

この記事へのコメント

  • Suica割

    (上陸の拒否)
    第五条 次の各号のいずれかに該当する外国人は、本邦に上陸することができない。
    一 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(平成十年法律第百十四号)に定める一類感染症、二類感染症、新型インフルエンザ等感染症若しくは指定感染症(同法第七条の規定に基づき、政令で定めるところにより、同法第十九条又は第二十条の規定を準用するものに限る。)の患者(同法第八条(同法第七条において準用する場合を含む。)の規定により一類感染症、二類感染症、新型インフルエンザ等感染症又は指定感染症の患者とみなされる者を含む。)又は新感染症の所見がある者

    >患者という医学的所見が出ない限りは入国出来てしまう。
    法律に従った行動を各大臣が行わなくてはならないため、感染地からの航空便の休止などの予防的行動を起こすことがしにくいというのはある。
    やはり、法律改定は必要か。
    2020年01月28日 19:42
  • 市井の人



    >Suica割さん
    >
    >(上陸の拒否)
    >第五条 次の各号のいずれかに該当する外国人は、本邦に上陸することができない。
    >一 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(平成十年法律第百十四号)に定める一類感染症、二類感染症、新型インフルエンザ等感染症若しくは指定感染症(同法第七条の規定に基づき、政令で定めるところにより、同法第十九条又は第二十条の規定を準用するものに限る。)の患者(同法第八条(同法第七条において準用する場合を含む。)の規定により一類感染症、二類感染症、新型インフルエンザ等感染症又は指定感染症の患者とみなされる者を含む。)又は新感染症の所見がある者
    >
    >>患者という医学的所見が出ない限りは入国出来てしまう。
    >法律に従った行動を各大臣が行わなくてはならないため、感染地からの航空便の休止などの予防的行動を起こすことがしにくいというのはある。
    >やはり、法律改定は必要か。

    法律上の不備を解消するには、①出入国管理法令改正(上陸拒否、感染症潜在期間中の人の上陸後の移動制限)、②感染症に係わる法令での交通遮断(航路、海路、新幹線など)、③生物化学兵器等による攻撃・テロ対策法の法制化が必要と思われます。
    2020年01月28日 20:42
  • Suica割

    潜伏期間中の保菌者を野放しにしていいかと言われたらいいわけはない。
    しかし、法律の内容というか立付が発症していない者に関しては非常に管理が甘い。
    必要な措置でも、そういう立付の法律に反する行為は法治国家としては取ることは非常に難しい。
    致死性の高い感染症に対しては、当該地区から帰還した邦人に対しては、隔離観察及び治療を行う。
    当該地区の住人は入国差し止め。
    当該地区にいた第三国の国民は、経由のみ(一定の防疫管理地区のみ母国帰還のために立ち寄りを許す。)許可する。
    この三点の徹底を行うための改正は速やかにすべきであろう。
    鳥インフルエンザ等、毎回、危険な感染症パニックがある度にどうにかなっていたことで油断をしていたのは反省せざるを得ない。
    2020年01月28日 22:23
  • 市井の人



    >Suica割さん
    >
    >潜伏期間中の保菌者を野放しにしていいかと言われたらいいわけはない。
    >しかし、法律の内容というか立付が発症していない者に関しては非常に管理が甘い。
    >必要な措置でも、そういう立付の法律に反する行為は法治国家としては取ることは非常に難しい。
    >致死性の高い感染症に対しては、当該地区から帰還した邦人に対しては、隔離観察及び治療を行う。
    >当該地区の住人は入国差し止め。
    >当該地区にいた第三国の国民は、経由のみ(一定の防疫管理地区のみ母国帰還のために立ち寄りを許す。)許可する。
    >この三点の徹底を行うための改正は速やかにすべきであろう。
    >鳥インフルエンザ等、毎回、危険な感染症パニックがある度にどうにかなっていたことで油断をしていたのは反省せざるを得ない。

    法整備についての原稿を推敲中です。
    予防的措置の甘さが目立ちます。が、それでも他のアジア諸国ほど拡散はないようです。
    武漢の中国人は、知り合いの少ない日本ではなく、他のアジア諸国を目指した可能性があります。
    2020年01月29日 07:03

人気記事