厚生労働大臣に対する要望書

本稿、厚生労働大臣に対する陳情文文例となることを意識し作成したもの

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

拝啓

1月末からマスク購入できない状況が続いています。マスクはあと一か月分しか手持ち分がありません。
この国民各層が感染予防のためのマスクさえ購入できない状況で、感染症発生国滞在者を広範囲に受け入れ続けることが、厚生労働行政的に理解できません。

感染症発生滞在者からの感染症対策として国民がマスクを購入をできない状況が三週間続いている状況で、厚生労働大臣は、中国人旅行者がもたらすインバウンドビジネスを優先させるのでしょうか?

だとしたら、加藤勝信大臣は中共政府指揮下にある大臣ということになります。厚生労働大臣の職責が、日本国憲法前文が定める(仮想敵国を含む)諸国民のための内外無差別を原則とするものなのでしょうか。

厚生労働大臣の職責が、日本国内の公衆安全と日本人の生命を守ることを最終目的としているのであれば、「感染予防に繋がるマスクさえ日本国民がここ三週間十分購入、確保できないこと」を根拠に、
①感染症発生国滞在者の入国禁止措置
②感染症発生国発着の旅客機・船便の全便停止
③感染症発生国滞在者に対する事前検疫強化(発着地での申告厳格化)
④感染症発生国滞在者の滞在制限等の措置の実施
を強くお願いするものであります。

首相は、先手先手で対応すると語っていますが、今日時点で、ここ数週間において、厚生労働大臣がなされていることは、感染者に係わる報告事項ばかりで、先手先手の施策を実施しているとはとても思えません。

厚生労働大臣は、国民各層が、この一か月、一家庭あたり、マスク代、消毒液等で一万円前後の無駄な出費を余儀なくされていること、ご存じでしょうか。年間トータルでは数万円の出費となることが予想されます。消費税2%分以上の無駄な出費を余儀なくされていること、厚生労働大臣はご存じなのでしょうか。

さらに、報道ニュースなどで厚生労働大臣のご尊顔を何度か拝見しておりますが、国民各層が無駄な出費、感染症対策予防を日々強いられている中で、時折無意識に笑っているように見えることも(後手後手の対応と併せ)国民各層の広範囲な怒りを買っていること、ご承知おきいただきたく存じます。


敬具

この記事へのコメント

  • 西

    「法律が無いから対応できない」というのはただの言い訳に過ぎません。なぜならば、現実社会には「法律が無い」ような、前例が無いような事態が存在するからです。

    役所が「法律(憲法)に従わなければならない」のは事実ですが、それでも西欧の官僚機構と明らかに「緊急時の対応能力」で「劣っている」のは間違いないでしょう。

    少なくとも、武漢コロナウイルスの発生を厚労省が確認したのが12月末ですが、そこから約1か月の間、厚労省は特に何も対応しておらず、静観し続けており、その間、諸外国が武漢および中共への渡航を制限したにもかかわらず、厚労省や国は「渡航制限」をとらず、支那人渡航者を受け入れ続け、邦人の帰国を命ずる事もせず、明らかに諸外国に比べて対応が後手に回っていた。

    こういった事は一般国民から見ても明らかに「おかしい」と感じる(諸外国との緊急時の問題対応能力の差が明らかなため)わけで、正直、民間からすれば「法律が無い」というだけで機能停止するような役所は「役に立たない」のではないかと思うわけですね。

    法律が無いのであれば、別の法律で対応できないのか検討したり、新たに立法したり、何かできることはあったと思うのですが、それでも対応が遅すぎます。

    特効薬も予防薬も無い以上は、感染拡大防止のためには渡航制限をかけるしかないわけで、諸外国の対応は当然といえるわけですね。

    正直、大臣も官僚も危機意識が弱すぎるのではないか。

    安倍首相の本音は分からない(公人なので仕方が無い側面はありますが)ので何とも言えないのですが、周りの対応能力の低さも相まって、支持率低下を避けられず、たまったものではないと思いますね。




    2020年02月17日 02:01
  • 市井の人



    >西さん
    >
    >「法律が無いから対応できない」というのはただの言い訳に過ぎません。なぜならば、現実社会には「法律が無い」ような、前例が無いような事態が存在するからです。
    >
    >役所が「法律(憲法)に従わなければならない」のは事実ですが、それでも西欧の官僚機構と明らかに「緊急時の対応能力」で「劣っている」のは間違いないでしょう。
    >
    >少なくとも、武漢コロナウイルスの発生を厚労省が確認したのが12月末ですが、そこから約1か月の間、厚労省は特に何も対応しておらず、静観し続けており、その間、諸外国が武漢および中共への渡航を制限したにもかかわらず、厚労省や国は「渡航制限」をとらず、支那人渡航者を受け入れ続け、邦人の帰国を命ずる事もせず、明らかに諸外国に比べて対応が後手に回っていた。
    >
    >こういった事は一般国民から見ても明らかに「おかしい」と感じる(諸外国との緊急時の問題対応能力の差が明らかなため)わけで、正直、民間からすれば「法律が無い」というだけで機能停止するような役所は「役に立たない」のではないかと思うわけですね。
    >
    >法律が無いのであれば、別の法律で対応できないのか検討したり、新たに立法したり、何かできることはあったと思うのですが、それでも対応が遅すぎます。
    >
    >特効薬も予防薬も無い以上は、感染拡大防止のためには渡航制限をかけるしかないわけで、諸外国の対応は当然といえるわけですね。
    >
    >正直、大臣も官僚も危機意識が弱すぎるのではないか。
    >
    >安倍首相の本音は分からない(公人なので仕方が無い側面はありますが)ので何とも言えないのですが、周りの対応能力の低さも相まって、支持率低下を避けられず、たまったものではないと思いますね。
    >
    >


    政権を見切る時がきたのかもしれません。
    2020年02月17日 20:07

人気記事