やるべきことをやらず語る必要がないことを語る政治家たち

本稿は、政権与党の政治家批判原稿。いつも提言を心がけているが、たまには批判記事を書きたくなってしまった。(最近政権批判が目立つ)二階堂ドットコムと同様、私も持病をかかえている。政府の中途半端な対応は腹が立って仕方がない。それでも現野党が政権だった場合よりは数段マトモかもしれないくらいの認識。

コロナウイルス問題を通して、国会審議の内容と同様、日本の政治レベルの低さを痛感させられた。

本題に入りたい。




さて、コロナウイルス問題について沈黙を保っていた池田信夫が、突如、各層に意識改革を迫るコメントを発した。

―― 参考情報 ――――――――――

新型肺炎に「ゼロリスク」を求めてはいけない
http://agora-web.jp/archives/2044381.html

―――――――――――――――――

清濁併せ呑む、冷静な筆致に対し、日頃から感服して読まさせていただいている。
ジャーナリストでは、田中宇と及川幸久の見解が参考となった。

―― 参考情報 ――――――――――

■ジャーナリストの見解

武漢コロナウイルスの周辺 田中宇
https://tanakanews.com/200204wuhan.htm

世界に蔓延していく武漢ウイルス 田中宇
https://tanakanews.com/200215virus.htm

世界に蔓延する武漢ウイルス(2)
http://tanakanews.com/200218virus.htm

悲観論が正しい武漢ウイルス危機の今後 田中宇
https://tanakanews.com/200212virus.htm

【新型コロナウイルス】海外報道情報まとめ【及川幸久−BREAKING−】
https://www.youtube.com/watch?v=xKpBvbF0Qd8&t=11s

―――――――――――――――――



さらに、政府のコロナウイルス対応、専門集団であるはずの、厚生労働省の初動段階での全方位的な頓珍漢さが目立った事案であった。西さんのコメントを参照したい。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||


https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/473600101.html#comment

西

「法律が無いから対応できない」というのはただの言い訳に過ぎません。なぜならば、現実社会には「法律が無い」ような、前例が無いような事態が存在するからです。

役所が「法律(憲法)に従わなければならない」のは事実ですが、それでも西欧の官僚機構と明らかに「緊急時の対応能力」で「劣っている」のは間違いないでしょう。

少なくとも、武漢コロナウイルスの発生を厚労省が確認したのが12月末ですが、そこから約1か月の間、厚労省は特に何も対応しておらず、静観し続けており、その間、諸外国が武漢および中共への渡航を制限したにもかかわらず、厚労省や国は「渡航制限」をとらず、支那人渡航者を受け入れ続け、邦人の帰国を命ずる事もせず、明らかに諸外国に比べて対応が後手に回っていた。

こういった事は一般国民から見ても明らかに「おかしい」と感じる(諸外国との緊急時の問題対応能力の差が明らかなため)わけで、正直、民間からすれば「法律が無い」というだけで機能停止するような役所は「役に立たない」のではないかと思うわけですね。

法律が無いのであれば、別の法律で対応できないのか検討したり、新たに立法したり、何かできることはあったと思うのですが、それでも対応が遅すぎます。

特効薬も予防薬も無い以上は、感染拡大防止のためには渡航制限をかけるしかないわけで、諸外国の対応は当然といえるわけですね。

正直、大臣も官僚も危機意識が弱すぎるのではないか。

安倍首相の本音は分からない(公人なので仕方が無い側面はありますが)ので何とも言えないのですが、周りの対応能力の低さも相まって、支持率低下を避けられず、たまったものではないと思いますね。

2020年02月17日 02:01

https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/473581791.html#comment

西

それにしても、検疫官に防護服を着用させないなど、傍から見ても疑問に感じるほどの無神経な対応は何なのかと思いますね。

責任者が誰なのか、有耶無耶にするつもりなのか知りませんけど、お粗末すぎる対応に不信感を募らせる人が増えるのは間違いないだろうと思いますね。
2020年02月17日 02:05

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

こういう指摘などもあり、厚生労働省HPを見る気がしなかった。見ても、わかりにくい発表だらけであった。政令などの、あの文面では、出先の官僚向けの周知情報リストでしかない。
厚生労働省の(一般受けを意識しない)広報活動に対し、私と同じ感想を持たれた方がおられる。

―― 参考情報 ――――――――――

オリンピック委員会に、諸外国から「日本での開催に反対」と言わせると国もマスコミも困るw
http://www.nikaidou.com/archives/122897

―――――――――――――――――


肝心要の厚生労働省が頼りにならないので、これはと思う情報を見つけ次第コピペすることを心がけた。以下は、今後も役立ちそうな情報集リスト。





―― 参考情報 ――――――――――

■感染症対策全般

新型コロナウイルスに我々はどう対峙すべきなのか(押谷仁教授メッセージ)
https://www.med.tohoku.ac.jp/feature/pages/topics_214.html

新型コロナウイルス メディアや政治家は中途半端な知識でやっぱ恐怖を誘導したいらしい
https://blogos.com/article/435374/

新型肺炎 「パンデミック阻止は2~3週間が勝負」 WHO専門家語る
https://www.sankei.com/world/news/200211/wor2002110015-n1.html


■医療研究者による分析

新型ウイルス、排せつ物からの感染示す兆候 下痢の患者ら見逃し? 論文
https://www.jiji.com/jc/article?k=20200210039697a&g=afp

潜伏期間、最長で24日 中国専門家の調査結果―新型肺炎
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020021000918&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

新型肺炎、潜伏期感染2人に1人 急拡大の一因か、北大推計
https://www.msn.com/ja-jp/news/science/%E6%96%B0%E5%9E%8B%E8%82%BA%E7%82%8E%E3%80%81%E6%BD%9C%E4%BC%8F%E6%9C%9F%E6%84%9F%E6%9F%932%E4%BA%BA%E3%81%AB1%E4%BA%BA-%E6%80%A5%E6%8B%A1%E5%A4%A7%E3%81%AE%E4%B8%80%E5%9B%A0%E3%81%8B%E3%80%81%E5%8C%97%E5%A4%A7%E6%8E%A8%E8%A8%88/ar-BBZLPBP

コロナウイルスの寿命「ドアノブや机で最長9日間」独研究
https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/3/3/33078.html


■現場医師の見解

新型肺炎を最初に警告した医師死亡 李医師こそ中国の英雄【及川幸久−BREAKING−】
https://www.youtube.com/watch?v=uTU0EEf1mOc

【正論】高須克弥「迫ってる火が来ないようにするのが政治家の仕事。治療法研究より、先ずは隔離し接触しないようにすればいい。野党が一番バカ」
http://alfalfalfa.com/articles/276553.html

■軍事専門家の見解

「日本は甘すぎる」新型肺炎対策に米軍関係者が苦言
https://blogos.com/article/434990/

C国発のびょうき どうしたら止まる? 篠原常一郎
https://www.youtube.com/watch?v=FtCimfsrcp0


■感染予防策(医療現場、一般論)

感染予防策
https://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/shinryo/kansen/data/luncheon_20160608.pdf

院内感染を防ぐための個人防護具の正しい着脱方法
http://asahi-eizai.com/columns/innai-kansen/

新型コロナウイルス肺炎、予防法は?デマに惑わされないで!
http://agora-web.jp/archives/2044037.html

マスクだけでは防げない⁈【武漢肺炎】 ヒトヒト感染 徹底予防策【及川幸久−BREAKING−】
https://www.youtube.com/watch?v=pC87YVNBMdU


■ブロガーの見解

水際作戦なんてそもそもなかった 習近平ウィルス
http://yomouni.blog.fc2.com/blog-entry-6890.html

コロナウイルス問題に関し最低限お読みいただきたい法律・行政文書
https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/473496142.html

コロナウイルス問題 なぜ不可解な判断が続出するのか
https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/473449357.html

―――――――――――――――――



これに対し、与党としての見解は、抽象的なものだ。

―― 参考情報 ――――――――――

新型コロナウイルスによる感染症対策に関する提言(自民党HP)
https://www.jimin.jp/news/policy/141137.html

―――――――――――――――――

無能な?大臣に対し、頑張ってくださいでは、提言とはなり得まい。



さらに、二階幹事長は国内ではなく、中共の方ばかり気にしていた。いつから幹事長が私的外交みたいなことをやる立場となったのか?カジノ献金の火消しのためなのか。
この間、安倍首相は、国賓来日を途切れることなく繰り返した。稲田朋美議員は、女性問題の活動家の如く、異性の目線を常時気にする雰囲気に劣化してしまった。
閣僚内で、男系男子宮家創設に熱心な政治家は誰なのか。

今や、閣僚クラスでやるべき事をやり、信用できそうなのは、高市、河野、世耕くらいしか見当たらない。岸田は、鈍重すぎて、、、石破は論外。

コロナウイルス問題を契機に、内閣支持率は下がるべくして下がったのである。



インフルエンザ並のウイルスと見くびり、中共では蔓延しているが国内では大丈夫そうだと軽くみたのは、実務上の責任者である加藤勝信厚生労働大臣。加藤勝信厚生労働大臣の目や顔が時折笑っているように見えたこと、公明党出身の赤羽国土交通大臣がさしたる決断をしなかったのは致命的だった。

内閣支持率に係わる世論調査は時に正直だ!

やるべき時にやるべきことをやらず、語らないでいいことを語らないでいい時に語るから内閣支持率は下がるということ。

首相については、中共から「国賓来日を控えているので大ごとにしないで欲しい」との話を真に受けた?点において、大失態。さらに、あれだけ接待したプーチンから安倍首相が相次いで無様な扱いを受けたことは何を意味するのか?

このまま行くと、第二次安倍政権の歴史的評価は、中国人旅行者の入国禁止を決断すべき時に決断しなかったことから、「保守なりすまし政権」となってしまう。

残念だが仕方がない。そして、そのほとんどの責任は実務上の責任者である厚生労働大臣にある。

国民が望むことをせず、先手を打たないことで中共の意向を結果として尊重し、国民各層に集団ヒステリー的不安をもたらしてしまったという理由で、加藤勝信厚生労働大臣は無能!なのである。


以上

この記事へのコメント

人気記事