コロナウイルス問題 本質は何か?

本稿は、コロナウイルス騒動に関し、何が本質なのかを統計データ等をもとに見出すことを目的としている。



まず最初に、ここ数年の自殺者の推移を眺めてみたい。はっきり言えることは、第二次安倍政権以降、自殺者は確実に減少傾向にある。アベノミクスが自殺者の減少に寄与したと評価できよう。

―― 参考情報 ――――――――――

2019年の自殺者、2万人割る=統計開始以来初、速報値―厚労省
https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_soc_tyosa-jikenjisatsu

自殺者数.jpg

―――――――――――――――――



次に、いわゆるインフルエンザ死亡者数の推移はどうか?

インフルエンザでの入院者数はここ3年間では例年2万人、インフルエンザでの死亡者は多い年で3000人前後となっている。

―― 参考情報 ――――――――――

日本で毎年3000人以上の人が亡くなるインフルエンザ
https://president.jp/articles/-/33053?page=2

コロナ対策でインフルエンザの流行は昨年比で大幅減少か
https://hotelbank.jp/influenza-statistics-analysis-risk-tradeoff/

https://news.livedoor.com/article/detail/17834048/
インフルエンザ死亡者数の推移.jpg


インフルエンザの発生状況について
https://www.mhlw.go.jp/content/000618513.pdf

―――――――――――――――――


一般的なインフルエンザの死亡者数と比較し、日本における(コロナウイルスによる死亡者数は)今のところ大したことはない感じである。



参考までに、10年近く前のインフルエンザ各国比較はどうなっているか。

数値上は、日本の医療水準はダントツのトップである。日本は、所得水準関係なく広く国民全体に対し最高の医療を提供しているとみていい。ただし、これには中共の統計はない。

―― 参考情報 ――――――――――

http://idsc.nih.go.jp/training/22kanri/22pdf/sep15_02.pdf

新型インフルエンザパンデミック総括
ー平成22年度感染症危機管理研修会ー
平成22年9月15日
厚生労働省 新型インフルエンザ対策推進室長 神ノ田昌博

新型インフルエンザ各国比較.jpg

―――――――――――――――――



コロナウイルス診断の前段階、肺炎診断に使用されるCTの設置台数はどうか。
人口比設置台数では、ダントツの世界トップクラスとなっている。

―― 参考情報 ――――――――――

日本のCT・MRI・PET保有数は世界何位?|医療機器数ランキングを世界各国で比較
https://labcoat.jp/world-ranking-for-ct-mri-pet/

100万人あたりのCT.jpg

―――――――――――――――――



これらの情報をインプットしたうえで、コロナウイルス世界統計を眺めてみたい。

―― 参考情報 ――――――――――

https://www.worldometers.info/coronavirus/

コロナ統計20200410.jpg


―――――――――――――――――

感染者数では日本は26位。だが、人口比で死亡者数、重篤者数で比較するとかなり少ないことが直感でわかる。

確かに、国内感染者数はどんどん増えている。しかし、重篤化しそうな患者、重篤化した患者が確実に入院でき、しかるべき治療が受けられる医療体制であれば、各国とも、日本並の死亡者数、重篤者数で済んだ可能性はないのか。(推論)



コロナウイルス騒動の本質は、感染者数の増加、感染者かどうかを判定するPCR検査の実施数ではなく、感染し重篤化傾向にある(と思われる)患者をいち早く入院させ適切な治療が受けられるかどうかにかかっているのではないか。

そう考えると、ここまで広範囲に感染が広まり、市中感染が現実化した以上、1月末時点のように感染者数の動向に悲観的になる必要はない。最終的に、国民の七割?が感染する前提で対応した方が賢明ということになる。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://military38.com/archives/54504206.html

16.名無しさん:2020年04月09日 01:19 ID:V4oTM1qI0▼このコメントに返信
感染しても重症化や死亡しなければ、それほど問題ではない。
重症化した人を治療する病院を確保できていれば、解決する。
感染者数をむやみに発表するのは、もうやめたほうがよい。
発表するのは死亡者数だけでよい。

59.名無しさん:2020年04月09日 01:41 ID:kWD52SHw0▼このコメントに返信
しかし諸外国に比べて緩いけど
感染者数や死者数がかなり少ない(らしい)のは
奇跡か運か政策(ではないだろうな・・・)か民の努力故か
はてはて

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



厳密にPCR検査を実施した場合、日本は重篤者が少ない割に、感染者数はかなり多い?のかもしれない。

政府が推奨・要請するように、不要不急の外出自粛、密集・密閉・密接を徹底しつつ、感染した患者を飛行機・新幹線等コロナ疎開させないことを徹底、引続き医療崩壊しないために医療施設、医療資機材等確保に注力すべきということになるのである。



一方で、海外メデイアは、日本の緊急事態宣言は見せかけだとしている。

―― 参考情報 ――――――――――

日本の緊急事態宣言は「見せかけ」 海外メディア
https://www.sankei.com/world/news/200407/wor2004070022-n1.html

―――――――――――――――――

本質が何かという点では、通常年のインフルエンザと比較すると日本の場合は今のところ、感染者数、死亡者数では、下回っている。

欧米主要各国はどうなのか。例外なくコロナウイルスで大騒ぎになっている。それと比較すると、日本は死亡者数、重篤者数だけを見ると、(インフルエンザ統計値との比較を含め)無傷?に近い。

日本は、お付き合いで緊急事態宣言しているとの説もあるほどだ。

―― 参考情報 ――――――――――

日本のコロナ統計の作り方
https://tanakanews.com/200409japan.htm

―――――――――――――――――



しかるべき医療水準、低所得者にも手厚い医療保険、公衆衛生レベルを維持できていれば、どの国においても、インフルエンザ以上の死亡者数とはならなかった可能性を指摘するのである。


以上

この記事へのコメント

人気記事