政権中枢で起きていること 1日は24時間しかない

ここ一週間ほど、頼まれ事の処理などがあり、体力的に疲弊、落ち着いてブログ記事更新できる状況にありませんでした。
さて、拙ブログは、コロナウイルス騒動発生時期以降、政権による重大事項の決断が、ある時は後手を余儀なくされ、ある時は不可解なものであったと認識しております。

この間、何らかの事情によりそうなったとの前提に立ち、あからさまな政権批判を控えておりました。


ここに来て、二階堂ドットコムに、しかるべきお立場の政府関係者による投稿(情報提供)が相次いでおり、内容を拝見、政権中枢で一体どんなことが起きていたのか、以下の二つの情報から凡その全貌を知るに至りました。

―― 参考情報 ――――――――――

【政府関係者特別投稿】「いま官邸で何がおきているのか」
http://www.nikaidou.com/archives/126767

「とある政府関係者」の投稿を見て
http://www.nikaidou.com/archives/126790

―――――――――――――――――

二階堂氏は、知り合いの知り合いの知り合いです。私と同年代の方でしょう。



一人の人間の力だけでは限界があります。一日は24時間しかありません。
国家の危機は予期しない時に、予期しない分野にて発生するものです。

コロナウイルス問題、生物化学兵器だったかどうかは異論あるところですが、中共がWHOを動かしWHOによる緊急事態宣言を遅らせ、それに乗じ中共が国家の方針として世界中から衛生資材等を買い占める行為は、バイオ戦争到来を意味します。

独裁国家がたった一日で決断できることを、私権を尊重する民主主義国家は決断するのに一カ月かかったこと(入国禁止、空港閉鎖等)は象徴的、かように遅い意思決定システムでバイオ戦争で勝つことは難しいと言わざるを得ません。

従前の性善説的スタンスでの法令、従前の官界慣習で対応できるはずがありません。そして、残念なことに、政権を支持するはずの保守言論界はビジネス活動を優先、国家の危機に関し、実務レベルでの提言は皆無です。



拙ブログは、法令改正の他に、省庁横断的な協力体制強化、特命担当大臣の新設を提言、実現する運びとなりました。


・厚生労働省向け、省庁横断的な協力体制構築の件


―― 参考情報 ――――――――――

小泉環境相、厚労省に職員派遣 感染症対策業務で 新型コロナ
https://www.iza.ne.jp/kiji/economy/news/200428/ecn20042820380028-n1.html

政府と自民党は業務改善を強く意識すべきである
https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/474815024.html

「頑張る自衛隊」  政府は各省庁応援を得て「防疫体制強化」に取り組むべきだ!
https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/474622054.html

―――――――――――――――――


・特命担当大臣新設の件


―― 参考情報 ――――――――――

政権は「後手」批判回避のため厚生労働省幹部入れ替え人事を断行すべきだ
https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/473791960.html

―――――――――――――――――


どの局面においても、政権批判ポジションを選択することは、言論活動上、最も容易なことです。逆に、どの局面においても、政権絶対支持を合理的根拠を示しつつ表明することは難しいことです。


拙ブログ管理人は、官界での業務経験はありません。
官邸スタッフが頭脳明晰な官僚揃いであることは承知しております。が、彼らとて万能ではないとみております。特に、省庁横断的な組織機能強化・対応に係わる事項は、官邸スタッフとて、不得手であろうと推測します。

省庁横断的視点での企画・提言力は、そんなに簡単に身につくものではありません。民間企業で言うと、複数の事業部門、ゼネラルスタッフ部門、出向経験等がないと、感覚的に理解しえないものです。

誰にでも得意、不得意はあるものです。
この一週間は体力的に疲弊したこともあり、更新が滞っておりましたが、疲労回復後は、官邸スタッフが直面、難儀しているであろう企画・提言書レベルのテーマに引続き挑戦する方針です。


以上

この記事へのコメント

  • Suica割

    コロナウイルス問題、生物化学兵器だったかどうかは異論あるところですが、中共がWHOを動かしWHOによる緊急事態宣言を遅らせ、それに乗じ中共が国家の方針として世界中から衛生資材等を買い占める行為は、バイオ戦争到来を意味します。
    >衛生資材を備蓄するか、機動的に使える衛生資材緊急調達基金等の準備をするべきですね。

    独裁国家がたった一日で決断できることを、私権を尊重する民主主義国家は決断するのに一カ月かかったこと(入国禁止、空港閉鎖等)は象徴的、かように遅い意思決定システムでバイオ戦争で勝つことは難しいと言わざるを得ません。
    >その点について、現政権を責めるつもりはないですね。
    今の法律の立付けではそうなりますから。
    むしろ考えるべきは、今回の事態より前に適切な規定を提言して、制度構築を図ろうとしてこなかった政界官界言論界のあり方でしょう。
    ほとんどの言論人が提言もしてなかったのに、今になって、鬼の首を取ったようにいうのはちょっとおかしいと思ってます。

    従前の性善説的スタンスでの法令、従前の官界慣習で対応できるはずがありません。そして、残念なことに、政権を支持するはずの保守言論界はビジネス活動を優先、国家の危機に関し、実務レベルでの提言は皆無です。
    >まあ、ビジネス保守よりも、優秀なノンポリとか反対派もいますからね。
    空疎な味方より、有用な意見のある批判者の方が国家危機に対しては役に立つと言えます。
    2020年05月18日 14:20
  • 市井の人



    >Suica割さん
    >
    >コロナウイルス問題、生物化学兵器だったかどうかは異論あるところですが、中共がWHOを動かしWHOによる緊急事態宣言を遅らせ、それに乗じ中共が国家の方針として世界中から衛生資材等を買い占める行為は、バイオ戦争到来を意味します。
    >>衛生資材を備蓄するか、機動的に使える衛生資材緊急調達基金等の準備をするべきですね。
    >
    >独裁国家がたった一日で決断できることを、私権を尊重する民主主義国家は決断するのに一カ月かかったこと(入国禁止、空港閉鎖等)は象徴的、かように遅い意思決定システムでバイオ戦争で勝つことは難しいと言わざるを得ません。
    >>その点について、現政権を責めるつもりはないですね。
    >今の法律の立付けではそうなりますから。
    >むしろ考えるべきは、今回の事態より前に適切な規定を提言して、制度構築を図ろうとしてこなかった政界官界言論界のあり方でしょう。
    >ほとんどの言論人が提言もしてなかったのに、今になって、鬼の首を取ったようにいうのはちょっとおかしいと思ってます。
    >
    >従前の性善説的スタンスでの法令、従前の官界慣習で対応できるはずがありません。そして、残念なことに、政権を支持するはずの保守言論界はビジネス活動を優先、国家の危機に関し、実務レベルでの提言は皆無です。
    >>まあ、ビジネス保守よりも、優秀なノンポリとか反対派もいますからね。
    >空疎な味方より、有用な意見のある批判者の方が国家危機に対しては役に立つと言えます。



    <ほとんどの言論人が提言もしてなかったのに、今になって、鬼の首を取ったようにいうのはちょっとおかしいと思ってます。

    そのとおりの事態となっていますね。
    2020年05月19日 14:07

人気記事