日本を愛する「帰化言論人」に無防備過ぎるのではないか?

テレビ東京の「YOUは何しに日本へ」が人気番組化する中、親日外国人、日本を愛すると称する外国人に対し、無邪気に信用し無防備な日本人が増えていることが気になっている。



日本人は、ともすれば「好意を寄せてくれる相手には期待以上のことをしてあげたい、と考える。」傾向にあると池田整治は警告している。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

超マインドコントロール2 日本人だけが知らない!日本と日本人の凄さ
池田整治

154頁

好意を寄せてくれる相手には期待以上のことをしてあげたい、と考える。これは日本人の特質の一つです。
日露戦争時、戦時公債を大量に引き受けてくれたアメリカ人=鉄道王ハリマン卿は、日本人のだれもが「恩人」と受け止めたと思います。しかし、国と国の関係、ビジネスマンとビジネスマンの関係には「恩人」などありえないのです。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


好意を寄せてくれる相手には期待以上のことをしてあげたい、と考える日本人の特質。この特質を韓国人は、(日本人が過去無理をしてでも言うことを聞いてくれたことがあったため)対人関係上の駆け引きとして駆使してきた可能性がある。

―― 参考情報 ――――――――――

日本好きの韓国人が増加中
https://korean-channel.com/korean-who-likes-japan/

―――――――――――――――――


Suica割さん、西さんの、視点を変えたコメントも参考としたい。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/476209401.html

Suica割

知日家な親日家、日本をよく知らない親日家、知日家な反日家、日本をよく知らない反日家。 それぞれに正しい対策をしなくてはいけない。 私もそこまで分けて分析してはいないが、そこまで細かく分類して対策をしないと、きちんとした効果の測定等が出来ないと考えます。 この4つの区分にまた、様々なタイプがあるのは分かるが、最低、この4つに分けずに分析するせいで、どうも議論が混乱している面がある。 木を見て森を見ずではいけないが、木を見ない対処も間違い。 今までの反日への対処は、日本をよく知らない反日家を減らし、知日家な反日家でも、事実ベースのみで攻撃するタイプの矛先を鈍らせる効果があったが、どうしても、日本を叩きたい連中には効果無かったと言える。 在日特権については、叩き方を失敗したと私は考えています。 叩くべきは、役所の腰の据わらない対応であり、在日自体では無かったのに下手に在日自体を叩いてしまったために、抗議活動をしにくくしてしまったのはミスとしか思えない。

2020年07月13日 11:26

https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/476209401.html

西

どうしても日本を叩きたい連中には、所謂「愚民(自堕落な無党派)」も存在しますが、「悪意」を持った連中に対しては容赦をするべきではないでしょう。 ただ、所謂「利権」が絡んでいる事も多いので、色々と牽制しておく必要があることと、下手に反日行為に出られないように、「憲法」を「正常な状態」に戻すこと、立法にかつての貴族院のようなものを設置すること、「スパイ防止法」、「外観誘致罪」の改正などをもって対処していくべきだと思いますね。 そもそも彼らが誤解しているのが、自分達が政権を奪取したら、その利権を持って、「破壊行為」ができると思い込んでいるところだと思いますね。こういった破壊行為は、「憲法違反」なので、彼らは法律や憲法、立憲主義などを自分たちに都合の良いように解釈しているだけに過ぎないわけですね。 在日問題については、本来、不法入国者である在日を放置している「行政」の責任を追及するべきであり、「在日」を糾弾したところでどうしようもないにもかかわらず、無意味な扇動を行った事が問題だったと思いますね。 問題を的確に分析しないから、こういうことになるんですよね。

2020-07-14 02:08:10

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


さらに、言論界は、帰化した保守派の言論人を必要以上にヨイショする傾向がある。営業的に、帰化した保守派の本を売りやすいことが背景にある。

以下は、その一例。

―― 参考情報 ――――――――――

【日曜に書く】石平さん「日本人」の心意気 論説顧問・斎藤勉
https://www.sankei.com/column/news/200809/clm2008090004-n1.html

―――――――――――――――――

ウイグルや香港で中共がやっている人権侵害、尖閣有事寸前の状況で、こんな程度の内容の記事を配信する必要はあるのか。
特に香港に関して、産経は保守メデイアを自認するなら、社の方針として配信すべき情報があるはずだ。
この論説顧問は、情勢分析スキルがあるのだろうか?帰化人に日本を愛する保守主義者と言われれば、無条件?かつ無邪気に?人を信用する方に思えて仕方がない。


私は、言論人としての石平をこう評価している。

・書いていることは既出の情報に基づくもの
・中国国内で独自情報ネットワークを構築していない
・オリジナルの情勢分析ものが皆無
・内容的に感想文ものが多い
・具体的提言が皆無

特徴的に、保守系感想文ブログと変わりがあるのだろうか。
拙ブログは、「提言なし、陳情なし、パブリックコメント不参加の言論活動」は、政治的に意味がないどころか、政治的に影響力があるはずがないとしてきた。


石平に対しては、こういう批判があることご存じのことと思う。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

KakikoSHOP@shop_kakiko

頭から冷水を浴びせられた気分。
虎の門ニュースをずっと見ていたのに怒りマーク怒りマーク

あの石平氏がこんな間の抜けた分析をするとは?

作家とジャーナリストが1回会食して国の方針が変わるのなら1日で国が崩壊する可能性があることになる。

もう百田直樹氏と、有本香氏の出る回は見ない。

引用ツイート

石平太郎
@liyonyon
· 3月5日
政府が中韓からの入国制限に踏み切った背後に百田尚樹・有本香両氏の功労があった。28日にお二人が安倍首相と面会したことは急展開のターニングポイントのはずだ。ご自分のことを厳しく批判した人の意見に耳を傾けて正しい方針転換をを行なった安倍首相はリーダーとして素晴らしい! 本当に良かった!
午前2:52 · 2020年3月7日·Twitter Web App
126
リツイートと引用リツイート

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


拙ブログは、たとえ首相であろうと、会って意見を述べたいなら、陳情書を手交すべきとのスタンス。かような分析コメントから、情勢分析スキルが、、、かもしれない。

その石平のツイッターフォロワーはなんと45万。言論人の中でトップクラスである。

あの田母神俊雄でさえ27万。田母神俊雄は、落選はしたものの選挙に二度出馬、親米一辺倒の危うさを指摘、核武装に係わる実現手順を提言した。日々必要な警告を発している。


これに対し、石平は、危機的状況にある尖閣などでの中共による領海侵犯事案、米中貿易戦争事案に関する中共の決定的弱点、そして中共の操り方(次の一手)について提言がない。

国内的に中共スパイがうじゃうじゃいるなら、あいつは中共スパイ、こいつも中共スパイと言って良さそうなものであるが。なぜか言わない。


おかしいのではないか。


香港があのような事態となっていることもあり、中共が憎ければ、打倒中共を掲げるなら、中共スパイ撲滅作戦計画、中共スパイ対策法を提言すべきだが、それをしない。

不思議なことだ。
石平は、国内の中共スパイネットワーク網の実態を知っているはずなのだ!

何より、中共国内の独自情報入手を前提とする、情勢分析が皆無な気がする。
鳴霞の方が、中国国内のネットワークを駆使、中共で起きていることについて情報発信、日本に対し(不正確な伝聞情報や偏った情勢分析も一部あるが)必要な警告を続けている。


石平支持層に私はお聞きしたいくらいだ。

一体何がいいのかと。


外交的に危機的状況、有事に感想文で国難を救えるのか?
ただただ、帰化人が日本をヨイショしてくれることに、無防備になっているだけではないのか。


篠原常一郎は、スパイの大半は帰化人だとしている。


これだけの分析から石平を疑うつもりはないが、毒にも薬にもならない、保守層の多くが考えそうな主張を繰り返し、日本を賛美する帰化人保守主義者の主張が、有事に役に立つのか、考えるべきだ。


有事に役立つことと、親日とは別次元のことだ。



石平の存在は、「親日派中国人が少なからず居ることで、日本人を必要以上に無防備にさせる政治効果」がある気がする。


その論理は、国を挙げてさんざん反日活動してきた、韓国が日本に譲歩を迫る口実とした、あるいは韓国人が日本人を油断させてきた手口に近い、のではないか。


繰り返す。


そもそも言論活動とは、国家の危機や有事に役立つものでなくてはならない。
保守主義者だろうが、親日派だろうが、ノンポリだろうが、国家の危機や有事に役立たなければ政治的にまったく意味がない。

我々は、批判しか言えない言論人、心構え論だらけの言論人、政治的に影響力ない自称保守主義の言論人に辟易しているはずではなかったのか、、、

親日で日本を愛する?帰化人とて例外ではない。

有事に役立つことと、親日とは別次元のことではないのか。


石平は、私の批判に激怒するかもしれない。しかし、これは、石平に対する私からの提言である。誤解しないでいただきたい。

以下に、言論活動上の改善要望点を示す。

・既出の情報に基づく一般論ではなく、具体的各論中心とする
・独自情報ネットワークから情報を入手する(鳴霞のケースを参考)
・オリジナルの着眼点からの情勢分析とする
・感想文ではなく、陳情書レベルの提言を意識する
・(香港がああいう事態となったのだから)国内の中共スパイ工作活動について警告し、摘発に協力する


影響力ある有名人なのだから、いつまでも感想文保守でいいはずはないのである。


以上

この記事へのコメント

人気記事