なぜ菅氏が「最適な後継者」なのか?

本稿は、菅氏が安倍首相の最適な後継者であることを示すことを目的としている。

拙ブログは、安倍首相退任後の一年間、政権は罰ゲーム状態であろうと推測している。


そう考える理由は四つある。

・コロナ騒動で首相として休暇が取りにくい
・アメリカ政府は対中共制裁で、日本企業制裁の段階に移行?
・アメリカ政府は、親中派議員、官僚、財界関係者の一掃(赤狩り)を日本政府に求めてくる?
・在日米軍の維持に係わる日本の負担増、あるいは撤退表明


菅官房長官は、第二次安倍政権の表も裏も知り尽くし、首相と同様、取るべく休暇も取らず働き続けてきた。

私は個人的には、菅官房長官の人となりについて、好感は持っていない。が、彼は、安倍政権を支えた。支え続けた。
岸田、石破が、今後予想される罰ゲーム状態を処理、仕切れるとは思わない。岸田は苦労知らず、石破は批判するだけで中身がない。他人の足を引っ張ることに関心があるようだ。

罰ゲーム状態であることを予知、経験、熟知している者だけが、政権を引き継ぐ資格があると考える。
かように今後1年間政権に降りかかる受難を予想するならば、菅氏が「最適な後継者」となるのである。



一方、田原総一朗が首相と二度の面会の事実があったことを明らかにした。

―― 参考情報 ――――――――――

「後任は菅氏」首相が4月に意向 田原総一朗氏が明かす
https://www.sankei.com/politics/news/200910/plt2009100047-n1.html

―――――――――――――――――

政権側が面会を求めたのか、田原総一朗が求めたのか、わからない。四月に面会したのは事実のようだ。

首相と田原総一朗が人間関係的にどうなのか、私は知らない。もちろん、田原総一朗のことは私は嫌いだ。それでも、田原総一朗が首相との間で交わされた話を、田原総一朗が数か月秘匿し続けた経緯から、田原総一朗が語る首相とのやり取りは説得力を持つ。




この政治状況で首相は談話を発表した。

―― 参考情報 ――――――――――

首相、異例の安保談話で路線継承へ道筋
https://www.sankei.com/politics/news/200911/plt2009110055-n1.html

―――――――――――――――――

これは、一種の公開引継書である。誰が首相となってもやりにくい事案であるが、後任の首相に対し、託すつもりで支持層向けに談話として敢えて記録に残す形で残したのである。

やりにくい事案を確実に処理できる人物は誰か?

言い換えるとこうなる。

やりにくい事案での経緯を踏まえ、改憲に弾みをつけられる人は誰か?
政権運営を日々支えた人であることは明らかである。

公開引継書なので、後任者が引継を無視すれば、保守層が離反することを想定することになる、、、

岸田や石破で大丈夫なのか、、、

加えて、日印物品協定の署名があった。

―― 参考情報 ――――――――――

日印、物品協定に署名 安全保障で連携強化
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020091000862&g=int

―――――――――――――――――

実効的には、物品として、相当量の石油の相互融通が確実に実施されることとなる。中共との間で軍事紛争状態に突入した場合、日本にとってもインドにとっても重要な協定が締結されたことを意味する。


次に、首相の目下の関心事についてふれたい。

談話、インドとの物品協定署名により、首相の目下の最大の関心事は「安全保障事案」であることは明らかだ。

なぜなら、退任直前事案であるからだ。

首相は、在任期間中に改憲は実現しなくても、安全保障事案を匍匐前進しつつ処理してきたのである。


しかし、残念ながら、首相側近レベルの議員で、首相の意図が理解できていない議員がおられるようだ。

―― 参考情報 ――――――――――

稲田朋美氏ら、菅氏に女性の積極登用求める要望書
http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-64217.html

―――――――――――――――――

拙ブログは、公開情報から重要情報を抽出、政権における潮流を読み解きつつブログ記事出稿するスタンスだが、上記要望書は、今後1年間政権に降りかかる受難を予知できていないばかりか、首相在任最後の課題として後任に託した意図、について正確に読み取れていないようだ。

首相にとっては、

改憲>安全保障・・・・・>稲田議員の関心事

ということ。

政権が罰ゲーム状態にあること、国家の非常事態が近づくことが予見される中で、人事処遇的に適切かどうかよりも女性活用が優先課題であると主張する点において、政治家として未熟と言わざるを得ないのである。


以上

この記事へのコメント

  • Suica割

    稲田議員はちょっと空気が読めてない可能性が高い。
    どういう内容かによるが、実績や見識、能力を書いた客観的で実用的な釣書がないなら、ただの努力目標として、菅氏は処理するだろう。
    釣書ありの要望なら、性別にとらわれない最強組織構築を行えとの積極的な政治的意味を持ってくる。
    願わくば、後者であればと希望する。
    能力あるのに今まで日の目を見なかった女性の登用なら歓迎だがポーズのための登用ならごめん被る。
    国を切り回すのが一番であることを忘れてはならない。
    2020年09月13日 16:16
  • Suica割

    ・アメリカ政府は、親中派議員、官僚、財界関係者の一掃(赤狩り)を日本政府に求めてくる?
    >そのための具体的理由、客観的排除基準の作製の話し合いがまずなされる。
    ついでに、中共闇利益誘導の証拠提供もなされる。
    ・在日米軍の維持に係わる日本の負担増、あるいは撤退表明
    >どちらか一方と言うものでなく、複合的なものになりそうです。
    ある程度撤退、ある程度の負担増や役割変更による日本の受け持ちの増加が現実的でしょう。

    2020年09月13日 16:30
  • Suica割

    説明をば
    アメリカが一千億駐留経費を増やせと言ったときに、そのまま増やすのもありますし、その分減らして対応しても、実質同じと言えますし、日本は半分増やすからアメリカは半分減らすことにしようでもアメリカの日本に対する軍事支出は同じ結果になります。
    アメリカが金中心で論点を進めるなら、最低一回は上手くやれば通用させてあげなくてはならない手です。
    2020年09月13日 18:29
  • 市井の人



    >Suica割さん
    >
    >稲田議員はちょっと空気が読めてない可能性が高い。
    >どういう内容かによるが、実績や見識、能力を書いた客観的で実用的な釣書がないなら、ただの努力目標として、菅氏は処理するだろう。
    >釣書ありの要望なら、性別にとらわれない最強組織構築を行えとの積極的な政治的意味を持ってくる。
    >願わくば、後者であればと希望する。
    >能力あるのに今まで日の目を見なかった女性の登用なら歓迎だがポーズのための登用ならごめん被る。
    >国を切り回すのが一番であることを忘れてはならない。
    >

    潮流が読めず、いつも何か、フワフワ、ソワソワしている議員になってしまったようです。
    2020年09月14日 08:28
  • 市井の人



    >Suica割さん
    >
    >・アメリカ政府は、親中派議員、官僚、財界関係者の一掃(赤狩り)を日本政府に求めてくる?
    >>そのための具体的理由、客観的排除基準の作製の話し合いがまずなされる。
    >ついでに、中共闇利益誘導の証拠提供もなされる。
    >・在日米軍の維持に係わる日本の負担増、あるいは撤退表明
    >>どちらか一方と言うものでなく、複合的なものになりそうです。
    >ある程度撤退、ある程度の負担増や役割変更による日本の受け持ちの増加が現実的でしょう。
    >

    最悪のケースとして、ニクソン、クリントン時代のような、強引な手法により、在日米軍事案を処理した場合を想定しております。

    現実的には、Suica割さんの指摘のケースが想定されます。
    ただし、トランプは直近の北朝鮮外交でやったような、(危機を演出しつつ)寸止めを繰り返し、何度かの寸止めで日本に大幅譲歩を呑ませようとする可能性もあります。

    暴露本の著者、ボルトンが、軍産のエージェント?かどうかはっきりしませんが、何か余計なことをしそうな気がしております。
    2020年09月14日 08:33
  • 市井の人



    >Suica割さん
    >
    >説明をば
    >アメリカが一千億駐留経費を増やせと言ったときに、そのまま増やすのもありますし、その分減らして対応しても、実質同じと言えますし、日本は半分増やすからアメリカは半分減らすことにしようでもアメリカの日本に対する軍事支出は同じ結果になります。
    >アメリカが金中心で論点を進めるなら、最低一回は上手くやれば通用させてあげなくてはならない手です。

    分担と金の交渉とは別に、米国債購入の話を進めてくるような気がしております。
    駐留経費負担増要求は、米国債購入催促ではないかと。
    2020年09月14日 08:35

人気記事