菅新政権閣僚人事についての評価

まず最初に言いたいことであるが、発足時における支持率が高いにしては、閣僚人事的には冴えはあるのか、ないのかという視点から言うと、冴えはない?とのスタンスを選びたい。

多くの保守層が期待する、清新な人材の登用がないためである。



総裁選支持してくれた派閥への恩返し人事だとする説はもっともだ。

―― 参考情報 ――――――――――

第一菅内閣は派閥への恩返し人事になる
http://yomouni.blog.fc2.com/blog-entry-7087.html

―――――――――――――――――

この方の見方は、面白い。分類的には感想文タイプなのであるが、加藤勝信官房長官についての、「財務官僚時代に鍛えたヘラヘラ官僚スマイル」という見立ては参考となる。


加藤勝信官房長官は、そもそも広く国民の声を聞くつもりがないのだ。議員事務所に電話すればわかること。事務所関係者は、議員から、余計な話を取り次ぐな、あるいは、話を聞く必要はない、メモの類など残してはならない、と議員から厳命されている、はずだ。

―― 参考情報 ――――――――――

厚労大臣のくせに秘書にはパワハラ、小物の婿養子、加藤勝信(笑)
http://www.nikaidou.com/archives/127188

―――――――――――――――――

加えて、厚生労働大臣時代、重要な判断を首相に丸投げし、首相の退陣の原因を創った政治家である。
嘘だと思うなら、事務所に電話してみるといい。いわゆる愛国議員の事務所とは異なる、木で鼻をくくった対応となることが予想される。

このような人物が、政権の広告塔、情報発信源となることについて、私はがっかりしている。このままいくと、安倍政権時代とは変わり、「ヘラヘラ官僚スマイルの官邸」となりそうである。

ただ、官界に精通した、加藤勝信を官房長官に配置することで、暴走する官邸官僚を制御することを狙っている可能性は十分にある。
暴走する官邸官僚を、官僚出身の政治家がたしなめ、おとなしくさせ言う事を聞かせるという意味である。政治家としては無能という評価でも、官僚を躾ける手腕を買われ?登用されたという見方ができるのだ。



ひょっとすると、加藤勝信は、官邸官僚の一斉在庫整理を、菅から指示されている、、、
物事には二面性があるということ。

表舞台と裏舞台、、、



ヘラヘラ官僚スマイルの加藤勝信と比較すると、町村信孝官房長官は、官僚出身で堅いところもあったが、格好良かった。風格もあった。官房長官の手本みたいな方に見えた。
いずれにせよ、政権が直面する国難事案について、話を聞いてくれる議員事務所でなくては、、、と思うことが多い。

閣僚配置全般については、二階幹事長の影響力が強化されたとの説がある。二階が菅新政権の人事に介入したとの情報もある。

―― 参考情報 ――――――――――

菅義偉首相、ブレーンの竹中平蔵と楽天三木谷を大臣にしようとするも二階に阻止されてしまう
https://hosyusokuhou.jp/archives/48887033.html

―――――――――――――――――

私は、この二人の入閣に反対である。事実とすれば二階幹事長は、自民党全体、自民党支持者のことも考えて説得した可能性はある。

万年裏方を務めた、菅が表舞台に立つということは、支援してくれた二階幹事長の顔を立てる必要がまずある。それは仕方がないこと。二階に恩返しするのは、第二の石破と言われないために、である。

―― 参考情報 ――――――――――

「1強」去り…自民の力学変化 二階氏の影響力、さらに大きく
https://www.sankei.com/politics/news/200916/plt2009160002-n1.html

―――――――――――――――――



一方、菅内閣の布陣を早くも絶賛される方もおられる。

―― 参考情報 ――――――――――

菅義偉内閣の布陣は突破力と手堅さの両方に目配りをしている!
https://blog.goo.ne.jp/ikeiketarou/e/4cade8289e8241ca0b226e25eda24f5a

―――――――――――――――――

しかし、私は、冷静である。距離を置いて、菅政権をみている。菅官房長官の演説を直接聞いた印象から、そういう対応とするようにしている。
上記の菅内閣の布陣を絶賛する記事に関しては、書かれているとおりであって欲しいと願っているが、何を根拠に有能とするか、本当に実現するのか、実現するシナリオが準備されているのか、私は確証を持てない。
確証を持てないのであるから、「突破力と手堅さの両方に目配りをしている!」とは、間違っても書かない、のである。

繰り返すが、私は、第二次安倍政権の無条件支持者ではないし、菅政権については支持したい気持ちはあるが(どこかで保守層を裏切るのではないかという)疑念を以て眺めているのである。



それでも、安倍晋三の実弟の岸信夫議員の防衛大臣就任は、菅内閣の目玉人事と評価しうる。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://hosyusokuhou.jp/archives/48886778.html

32. 名無しさん@ほしゅそく 2020年09月15日 14:01:41 ID:c3NDU2MTA このコメントへ返信
事実上、安倍総理の名代として台湾外交していたのが岸信夫議員
この情勢下、日台関係に大きな動きがあるかもしれないな

48. 名無しさん@ほしゅそく 2020年09月15日 14:16:51 ID:A2NTcyODA このコメントへ返信
信夫氏は日華議連会長になり、台湾との窓口を務めた人だったね。
葵総統が就任した時だったか。
あまり表舞台には立たなかったけど、首相の弟が日華の会長にってんで、台湾に対する日本の姿勢が表されていたと、当時保守速報で書いた事を覚えてる。

52. 名無しさん@ほしゅそく 2020年09月15日 14:18:39 ID:AxNzA5NzU このコメントへ返信
※15
在台米軍の下準備

135. 名無しさん@ほしゅそく 2020年09月15日 15:40:45 ID:I0NTcwODU このコメントへ返信
蔡英文総統が(総統になる前に)来日したとき、日本各地を案内したのが
岸信夫氏だ。
彼が、安倍の密命を受けて日台を往復している。
  
中国共産党も それを知っている。
  
その彼が ついに防衛大臣になる。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

岸信夫は、その昔も今もこれからも、安倍晋三の影武者であるようだ。
議員本人は何を考えているのか、と思う部分もあるが、台湾繋がりなら、保守層を裏切るようなことはない、とみていい。
ただ、以下の発言は、大臣として軽率。マスコミの誘導尋問に早くも引っかかった、ようだ。

―― 参考情報 ――――――――――

【悲報】岸信夫防衛相「非核三原則は国是。核兵器を持つことは決してない」
https://hosyusokuhou.jp/archives/48887012.html

―――――――――――――――――

親中派閣僚に対する閣内の歯止めとして期待したいところだが、下手をすると任期途中で、、、
となってしまうかもしれないが、安倍首相が後ろで日々指示、支援する前提でなら、なんとかなりそうな気がする。


||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://hosyusokuhou.jp/archives/48886778.html

58. 名無しさん@ほしゅそく 2020年09月15日 14:22:24 ID:k1NTY5MDU このコメントへ返信
やっぱり安倍さんうしろに下がって指示するほうに回ったか。
自分が表に立つといろいろ年寄りどものシガラミで動けないからな。
今後の対中・米英との同盟関係が世界にとって最も重要。
それで防衛相にダークホースでシガラミのない弟を置くと。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



次に、上川陽子法務大臣再任の件。以下の記事を一読すると、政権の意図が見えてくる。

―― 参考情報 ――――――――――

権力掌握
http://hondaz360gss214.blog.fc2.com/

―――――――――――――――――



続いて、田村憲久厚生労働大臣再任について述べたい。
一説によると石破シフトとの見方が有力である。石破が後ろから撃てないように、石破の仲間を登用したということ。なるほど、と思う。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://pachitou.com/2020/09/17/%e5%ae%89%e5%ae%9a%e3%82%92%e9%87%8d%e8%a6%96%e3%81%97%e3%81%a4%e3%81%a4%e9%9b%bb%e6%b3%a2%e8%a1%8c%e6%94%bf%e3%81%a8%e8%a1%8c%e9%9d%a9%e3%81%ab%e9%87%8d%e7%82%b9/

名前:もぐ : 投稿日:2020/09/17(木) 21:43:03
厚労の田村憲久大臣は、武漢肺炎対応の件で後ろから弾を撃ってくることが容易に予想できる石破(最下位)シフトのような気がしますね。
親分が子分の背中を平然と撃ってきたらそりゃ他のメンバーも黙っちゃいないでしょう
派閥が解消されて石破(最下位)にとっては望み通りなのかもしれませんが(嘲)

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



菅首相は、法政大学時代空手で鍛えただけあって、やり手であるようだ。


その他、総務大臣、行革担当大臣、デジタル担当大臣は、それぞれの大臣は就任直後から、これまでの政府のスタンスとは異なることを強く意識しているようだ。また、これら三つの担当大臣の仕事は、根っこでは繋がっているため、以降、取り上げていくことを予定している。


現段階で、言葉尻だけを捉え、過剰に期待し、その反対にだめだと悲観し、さらに、二階派出身の大臣が多いことに神経質になる、必要はない。


総括すると、菅内閣は、表舞台的には(解散総選挙が近いとの説が有力であるため)実績的に期待できないのかもしれないが、裏舞台的には面白く刺激的な布陣になっていると読めそうである。


以上


この記事へのコメント

  • Suica割

    ふと、塹壕戦内閣という言葉が頭に浮かんだ。
    守勢ながら、相手の息が切れたら、ジリジリと先に進む。
    打ち勝つこと、攻め勝つよりも、負けないことを重視して息切れの撤退をさせるような一見地味な戦いに徹する予感がする。
    電波関係では攻めているが、ジワジワと包囲して、相手の前線を着実に破壊していきそうな感じである。
    大臣だけではなく、副大臣や政務官まで目を広げれば、新たな発見や全体的な戦略がより見えてくるかもしれない。
    今回は手堅い内閣、手堅い自民党というカラーだろう。
    2020年09月18日 17:39
  • Suica割

    権力掌握
    http://hondaz360gss214.blog.fc2.com/
    日弁連を封じるなら、食いつくエサを投げるのがいいし、そうする可能性もある。
    死刑廃止や安保より一般人が大事だと思い、弁護士も乗らざるを得ない大ネタぶち込むなら、冤罪防止対策法やそれに連なる刑事訴訟法等の改正だろう。
    死刑は国民の意見が割れるが、冤罪防止は国民の意見が割れない。
    その審議を行う内閣の邪魔を弁護士はやりづらいし、野党も同様。
    さらに日弁連は冤罪防止を公式に訴えていた手前、倒閣運動がしづらくなる。

    2020年09月18日 17:57
  • 市井の人



    >Suica割さん
    >
    >ふと、塹壕戦内閣という言葉が頭に浮かんだ。
    >守勢ながら、相手の息が切れたら、ジリジリと先に進む。
    >打ち勝つこと、攻め勝つよりも、負けないことを重視して息切れの撤退をさせるような一見地味な戦いに徹する予感がする。
    >電波関係では攻めているが、ジワジワと包囲して、相手の前線を着実に破壊していきそうな感じである。
    >大臣だけではなく、副大臣や政務官まで目を広げれば、新たな発見や全体的な戦略がより見えてくるかもしれない。
    >今回は手堅い内閣、手堅い自民党というカラーだろう。

    1年以内に選挙となるため、当面、威勢よく振舞い(政治的にはポーズ?)、安倍政権時代とは異なることを世論に印象づけ、支持率を上げ、選挙戦を有利に戦うつもりなのかもしれません。
    2020年09月19日 02:35
  • 市井の人



    >Suica割さん
    >
    >権力掌握
    >http://hondaz360gss214.blog.fc2.com/
    >日弁連を封じるなら、食いつくエサを投げるのがいいし、そうする可能性もある。
    >死刑廃止や安保より一般人が大事だと思い、弁護士も乗らざるを得ない大ネタぶち込むなら、冤罪防止対策法やそれに連なる刑事訴訟法等の改正だろう。
    >死刑は国民の意見が割れるが、冤罪防止は国民の意見が割れない。
    >その審議を行う内閣の邪魔を弁護士はやりづらいし、野党も同様。
    >さらに日弁連は冤罪防止を公式に訴えていた手前、倒閣運動がしづらくなる。
    >


    日弁連は、(裁判で、反日裁判官とのスクラムなどで権利を勝ち取る組織とみると)、デジタル化の進展で防戦一方となる可能性がありそうです。
    2020年09月19日 02:38

人気記事