茂木外務大臣への抗議文書と一緒に送付したい文書

説明不要と思います。

外務大臣心得四箇条.jpg

この記事へのコメント

  • 関西人

    米国ディープステートの最終目標が世界統一政府の主導なら、恐らく先ず世界中の国家秩序を崩壊させてから、その混乱を収拾する為に強力な世界政府が必要という流れに持っていく算段で、その過程で中共を暴発・崩壊させて日本の国家秩序を破壊する計画が入っているはずです。

    多分政府としては国民の生命・財産の保全を考えて、中共の敵対的な暴発を防いで崩壊させない為に関係改善を図っている、と言いたいんでしょう。
    仮に中共と決定的な対立も辞さず崩壊させる方針をとった場合、スパイ天国状態の日本は国家存亡の危機に陥るでしょうから……
    中共の破滅を望む日本国民は多いですが、その覚悟はあるのでしょうか?
    2020年11月26日 00:46
  • 市井の人



    >関西人さん
    >
    >米国ディープステートの最終目標が世界統一政府の主導なら、恐らく先ず世界中の国家秩序を崩壊させてから、その混乱を収拾する為に強力な世界政府が必要という流れに持っていく算段で、その過程で中共を暴発・崩壊させて日本の国家秩序を破壊する計画が入っているはずです。
    >
    >多分政府としては国民の生命・財産の保全を考えて、中共の敵対的な暴発を防いで崩壊させない為に関係改善を図っている、と言いたいんでしょう。
    >仮に中共と決定的な対立も辞さず崩壊させる方針をとった場合、スパイ天国状態の日本は国家存亡の危機に陥るでしょうから……
    >中共の破滅を望む日本国民は多いですが、その覚悟はあるのでしょうか?

    かなり先の先まで読まれている方と推察します。
    関連事項として、目先、王毅の来日の経緯、目的についての分析の必要性があると気づいております。
    日本政府は、結構やっかいな状況に直面しているようです。今後数日間、アメリカあるいは中国で大事件が起きそうな予感がしております。
    問題提起された、「覚悟」の件ですが、昨日実施された、三島由紀夫憂国忌のネット視聴者が数万人だったの情報を、宮崎正弘のメルマガで知りました。
    言論人の大半が煽るだけで具体的提言・陳情・行動する気がないようであることもあり、国家危急時に民間側に頼りになりようなのは、憂国忌に参加した無名の保守サイレント層となると予測します。
    2020年11月26日 08:10

人気記事