対中接待外交問題 王毅外相一人にしてやられた6つの原因

まず、表題にて、対中接待外交問題と書いた理由について説明したい。
政府であれ、民間であれ、中共との付き合いは、極限レベルでの接待を繰り返すことで成り立っていることを経験的に私は知っている。実務派的視点でみれば、大宴会など接待外交ゴッコと断言しうる状態にある。
中共に日本人が相次いでハニートラップされるのは、官民ともに付き合い実態が接待外交ゴッコにあるからだ。


その前提で、本稿では、王毅一人に記者会見場にてしてやられた根本原因の分析を試みる。


王毅が記者会見場にてあのような行動に出たのには、6つの原因がある、と私はみている。


記者会見場での王毅発言の原因

■原因1 まず最初に外務大臣が隙を見せた
■原因2 外務大臣として個人的主義主張を隠さない点で外務大臣にそもそも国益という自覚がない
■原因3 そもそも政権中枢に気の緩みがあり、政府として大歓迎すべきでない人物を大歓迎してしまった
■原因4 接待外交の常態化(個人的付き合いが尊重される私的外交問題)
■原因5 そもそも王毅には、欧州訪問で失墜した自分の評価を挽回するため、日本政府を利用したい動機があった
■原因6 日本政府には外交的に「報復」という意識がそもそもなかった




以下、個別状況分析

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■原因1 まず最初に外務大臣が隙を見せた

普段怖そうな顔をしているのに対し、外交の場にて緊張感なき画像だらけである。
茂木王毅.jpg
茂木主権.jpg
記者会見場での表情はその最たるもの。今後は、記者会見場では、国家国民を代表し、最も怖い表情を披露いただきたいものである。



■原因2 外務大臣として個人的主義主張を隠さない点で外務大臣にそもそも国益という自覚がない

・拉致問題の外交交渉窓口である外務大臣がそもそもブルーリボンを着用していない問題

 議員個人として、ブルーリボンバッチを着けたくないという主張はあるかもしれない。が、大臣には、個人的な主義主張する立場とは思えない。

―― 参考情報 ――――――――――

ブルーリボンバッチを着けない菅政権要人(外相、幹事長)をあなたは許せるか!
https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/478729189.html

―――――――――――――――――

・約20年前の?、外国人参政権推進派であるとの意思表明

現在もそうなのか確認しようがないが、下記見解は外務大臣の立場として私は認めがたい。主義主張があっても外務大臣は、外国人に日本が支配されるリスクを考えるべきだった。

||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||

https://www.motegi.gr.jp/proposal/proposal01.html
茂木外国人参政権.jpg

||||| ここまで引用 ||||||||||||||||||||||||

河野太郎の場合は、初回大臣就任に際し、公式HPから、保守層から反発されそうな記事を削除したという情報がある。個人的主義主張で外務大臣の職務を遂行していないとするなら、保守層に誤解されるような政治的主張は大臣就任時点で一旦削除すべきだった。


■原因3 そもそも政権中枢に気の緩みがあり、政府として大歓迎すべきでない人物を大歓迎してしまった

スケジュール設定的には、
①外相会談、夕食
②幹事長との会談、昼食
③首相との会談
④官房長官との会談
⑤記者会見
が設定された。
一カ国の首相であるにしては破格の対応。接待外交と揶揄されても仕方あるまい。
今回の王毅の対応経過などから、すべきでない行事は、幹事長・官房長官との会談、会食、記者会見であったと思う。


■原因4 接待外交の常態化(個人的付き合いが尊重される私的外交問題)

普段怖そうな顔をしている二階幹事長の、緊張感なき、安心しきった表情、あなたは許せるか?
二階幹事長王毅.jpg
あれだけ尖閣侵入されているのに!である。今回の王毅の来日に関していうと、二階幹事長との会談、食事が、接待外交であり私的外交に該当する。
二階幹事長が主導してきた、対中私的接待外交は、今後は廃止されるべきであろう。



■原因5 そもそも王毅には、欧州訪問で失墜した自分の評価を挽回するため、日本政府を(出し抜いてでも)利用したい動機があった

王毅の欧州訪問が失敗に終わったとの情報がある。

―― 参考情報 ――――――――――

戦狼外交大失敗!王毅の欧州5カ国訪問 どこでも面子丸つぶれ ...
https://asia-news.tokyo/08-31-1285/

―――――――――――――――――

王毅は、自身の降格、粛正を怖れたことであろう。そこで、習近平の評価を高める機会を得るために、訪日を希望、記者会見場で実行した可能性がある。
日本政府側は、久しぶりの来日ということで、無邪気に大歓迎してしまった、、、
ただ、王毅自身は、そもそも尖閣問題について言及する予定はなく、茂木外務大臣による記者会見場での尖閣発言を聞かされ、帰国後に習近平からどう思われるかを怖れ、慌てた?とする説がある。
王毅記者会見場.jpg

この説が妥当だとしても、王毅の訪日目的は、欧州訪問で失墜した自分の評価を挽回することであったことにかわりはない。



■原因6 日本政府には外交的に「報復」という意識がそもそもなかった

画像から確認されることだが、普段怖そうな顔をしている、茂木外務大臣、二階幹事長が王毅の前では、優しい表情となっている。これは、外交上は、中共に対し「報復」という意識がない現われである。
王毅は、駐日大使時代から、日本国、そして日本人を心の底からなめきってきたようなところがある。彼が、外交官の立場にて日本人の反感を買うような言動が多いのは、日本政府(外務省)において、外交的に報復するという概念が皆無であることが原因として挙げられる。

||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||

アーロン大塚
@AaronOtsuka
·
茂木外相が本当に日本人であるなら、このように収拾するがよい。「王外相の発言のため日本はRECEPは締結は撤回する。」このように発言すれば、国民は単に初任の経験不足として納得するであろう。

||||| ここまで引用 ||||||||||||||||||||||||

付け加えて言うならば、王毅は、これまでの発言などから、以下のような特徴を有する危険人物であろうと推定される。

・そもそも王毅には日本政府を出し抜いて倫理的に悪いという感覚はない
・バイデンに対し勝利祝福のメッセージを伝達、バイデンと菅首相が電話会談した時点で、日本政府の弱腰が王毅に見透かされていた
・尖閣問題等が両国関係が緊迫化する中で、大歓迎した日本政府を間抜けさを腹の底で笑っていた?
・王毅は、菅政権を安倍政権と比較してチョロい、幼稚くさい政権とみていたのではないか

いかがであろうか。
領土問題として深刻化する中、王毅の来日を穏便に済ませたいなら、日本政府も中共も水面下でコソコソやればよかったものを、接待外交的感覚で大歓迎イベント化したので、あのような事態を招いたのである。

今後の日中外交対応は、ビジネスライクかつ簡素な外交対応を望む次第。もちろん、二階幹事長が好む私的接待外交など論外である。


以上

この記事へのコメント

人気記事