侵略の手口について

本稿は、アジアでの中共の侵略手口を分析することを目的としている。

中共は、国別に侵略の手口を編み出し、実現段階にあるようだ。



たとえば、スリランカの場合は、親中派政権を樹立させ、その政権を借金漬けに追い込み、港湾の長期租借を実現した。

中共が掲げる一帯一路とは、最貧国を借金漬けにし、最終的に中共の支配下に置く戦略であろう。

ミャンマーの場合はどうか。
国軍を仮に、人民解放軍と見立てれば、国軍関係者が支配する国となる。国軍関係者以外は、中共で言う非共産党員。ということで、国軍関係者以外は、自治区住民みたいな位置づけとなる。

すなわち、チベット、ウイグル、南モンゴルで繰り返された、民族浄化が次に行われそうな国として、ミヤンマーを予想するのである。

ミヤンマーの少数民族は危機を察知して始めたようだ。

―― 参考情報 ――――――――――

ミャンマーの10武装勢力、デモ隊支援で一致 国軍に「包囲網」
https://www.sankei.com/world/news/210405/wor2104050019-n1.html

―――――――――――――――――


その他の国はどうか。
ラオス、カンボジアあたりは、既に衛星国みたいな印象。
ネパールは、共産党の内紛による政情不安が表面化。

―― 参考情報 ――――――――――

ネパール政界混乱 共産党内紛で中国調停、インドも注視
https://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/210104/wor21010418280012-n1.html

―――――――――――――――――


ブータンに対しては、領有権を主張、あからさまな侵略行為を行なった。

―― 参考情報 ――――――――――

中国、ブータン領内に集落建設か 衛星写真でインド民放報道
http://www.watch2chan.com/archives/20201123092758.html

―――――――――――――――――

経済発展が目覚ましいヴェトナムに対してはどうか。
なんと、自国民を逃がさないことにしたそうだ。

―― 参考情報 ――――――――――

中国共産党が中国・ベトナム国境に壁を建設。目的は中国国民を逃さないため「ベルリンの壁の再現」
https://deepredrose.hatenablog.com/entry/2020/10/29/140000

―――――――――――――――――


フイリピンとはどうか。南シナ海での睨み合いが続いている。フイリピンは米軍基地を追い出した以降、中共にじわじわ圧迫されつつある。

―― 参考情報 ――――――――――

フィリピン、中国船集結の海域付近に違法構造物を発見と公表 
https://www.cnn.co.jp/world/35168731.html

―――――――――――――――――

フイリピンはどうすることもできないようだ。

この地点、ブルネイ侵攻の前線基地として機能しそうな気がする。
南シナ海.jpg


インドネシアはどうか。親中政権とみられていたが、菅政権は2+2を実現させた。

―― 参考情報 ――――――――――

第2回日インドネシア外務・防衛閣僚会合(「2+2」)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_009033.html

―――――――――――――――――

インドネシアは、最終的に日本につくのか、中共につくのかはっきりしないが、とりあえず日本政府との付き合いは続けようとしているように見える。


インドはどうか。インドと中共は、実質交戦状態が続いている。
安倍前首相は、非同盟方針だったインドをクアッド陣営に引き入れることに成功。

しかし、そのインドに対し、ロシアが擦り寄るしぐさを見せた。

―― 参考情報 ――――――――――

ロシア外相がインド訪問 クアッド牽制思惑も
https://www.sankei.com/world/news/210406/wor2104060030-n1.html

―――――――――――――――――

ロシアは、エネルギー供給、軍事面での協力を申し出たような気がする。


すかさず、菅首相は、インド、フイリピン訪問を表明。

―― 参考情報 ――――――――――

菅首相、インド・フィリピン訪問調整 大型連休、中国にらみ結束確認
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021040700437&g=pol

―――――――――――――――――

前回の首相の訪問先がベトナムとインドネシア。今回は、インドとフイリピン。


安倍前首相はビジョン型、菅首相は実務指向、政治家としてのタイプは異なるものの、安倍外交が敷いたレールの上を、菅首相は引続き継承しようとしている。


以上

この記事へのコメント

人気記事