組織丸ごと盗聴されている?

本稿は、基本的に憶測もの。その前提でお読みいただきたい。

戦前のフリーメーソン組織の規模についての情報がある。
第一次大戦前との比較で、第二次大戦前に倍増したそうである。


||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||

https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/148307

フリーメーソン戦前.jpg


||||| ここまで引用 ||||||||||||||||||||||||

これは何を意味するのか。
第一次大戦中の金儲けに気を良くし、戦争ビジネスに群がる人たちがアメリカで激増したためではないのか。

戦後、日本国内に、フリーメーソンロッジなるものが新設された。「秘密結社の暗号FILE」という本に設置場所の一覧が確認できる。

||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||

フリーメーソン所在地秘密結社の暗号FILE.jpg

||||| ここまで引用 ||||||||||||||||||||||||

場所的に、在日米軍がある場所に集中して設置されている。在日米軍関係者が多く加入しているとされる。

この傾向は何を意味するのか?



以下の記事を一読したい。

―― 参考情報 ――――――――――

【F-15改修ボッタクリ】だからユーロファイター買っとけばよかったのよ。
https://kiyotani.at.webry.info/202104/article_8.html

―――――――――――――――――

なぜ、アメリカ側が例によって、日本政府に無理難題を吹っかけてくるのか。

思いやり予算とは何のためなのか。彼らは、日本の防衛のために、有事に本当に出撃するのであろうか。

私は、疑って眺めている。

在日米軍関係者、アメリカの軍事機器メーカーは、本心で、日本国を、日本人を●●ているのではないか。

なぜそう思うのか。
日本の防衛関係者が、無条件で親米、あるいはアメリカ従順であることが影響している。

アメリカに反抗的な日本人はどういう扱いとなるか。

―― 参考情報 ――――――――――

石原慎太郎氏が放言「尖閣を買おうとしたとき、オバマが私の暗殺命令」
https://news.livedoor.com/article/detail/13034006/

―――――――――――――――――

米中の密約があったと推測する。安倍政権時代の靖国参拝は、米中の密議で阻止されたとみていい。(中共のメンツを立てる名目でアメリカ政府が終戦の日近くなると日本政府に口先介入し、、、を得るという、一種のビジネス取引)


でなければ、田母神のようになってしまう。

田母神は、C●Aの指令にしてやられたのではないか。そうであれば、彼らの「秘密の任務?」の説明がつきそうな気がする。

要するに、彼らは、防衛省関係者、自衛隊関係者、取引先について、日常的に盗聴しているのはないか?


目的は二つあるように思う。

・再びアメリカに軍事侵攻仕掛けるような日本人を見つけ次第、、、
・軍事機器購入面での、、、

清谷氏が述べられていることは確かに一理ある。しかし、アメリカ政府にロビー活動しようとするとどうなるか。おそらく、、、となるのではないか。


トランプ前政権は、退陣前にC●Aを無力化することに成功した。これにより、各地で謀略工作はできなくなったが、日本においては、、、は引続き続行中であり、その成果として、自衛隊装備の国産化を断念させアメリカ製の、、、。

もちろん、情報提供した見返りは、、、ということなのではないかと考えてしまうのである。

以上

この記事へのコメント

人気記事