「子ども庁」新設の意義

子ども庁創設については賛否両論あるようだ。


ただ、昨年末の第5次男女共同参画基本計画直後であること、世耕議員が関心を持っていることなどから、子ども庁創設には、ウラがあるとみている。


―― 参考情報 ――――――――――

第5次男女共同参画基本計画~すべての女性が輝く令和の社会へ~(令和2年12月25日閣議決定)
https://www.gender.go.jp/about_danjo/basic_plans/5th/index.html

「子ども庁」新設 自民・世耕氏「環境を整えることは極めて重要」
https://www.sankei.com/politics/news/210402/plt2104020019-n1.html

子ども庁
http://hondaz360gss214.blog.fc2.com/blog-entry-2577.html

―――――――――――――――――


子ども庁について、どんな背景事情があるのか整理しておきたい。


■子ども行政のあり方勉強会による若手議員救済組織

選挙対策としては一理ある。

―― 参考情報 ――――――――――

「子ども庁」創設を提言した「Children Firstの子ども行政のあり方勉強会」は、魔の3期生を中心に自民党お騒がせメンバーが集結。選挙基盤の弱い若手議員救済組織として、二階俊博幹事長が会長に据
https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/457564

―――――――――――――――――


■各国と比較すると子どもの幸福度が低い

恵まれた環境にあるはずの、子どもたちの幸福度が意外に低いところから、子ども中心の政策の必要性を見出せるという見方に繋がる。

―― 参考情報 ――――――――――

「日本の学校は、身近な小さな世界の全体主義をかたちづくっている」 日本の子どもの精神的幸福度ワースト2位 なぜ?
https://jp.sputniknews.com/japan/202009217789767/

―――――――――――――――――

日本は、選挙対策として、後期高齢者に手厚い政策(年金、医療、介護)をやり過ぎた。結果、福祉予算が空前の規模で増大、現役世代の負担が増大した。



■増えている子ども失踪事件

子ども庁創設は、三浦春馬さんが問題視していた?、子どもの失踪事件の抑止効果が期待できるように思う。誘拐ビジネスは中国マフィアの資金源とされる。

―― 参考情報 ――――――――――

「5月25日・世界失踪児童の日」。日本でも増えている子どもの失踪について考えてみませんか?
https://up-to-you.me/article/905

三浦春馬さんはアミューズの豊島保養所が小児性愛者たちの日本版エプスタイン島であることを告発しようとしていたか。
https://daiwaryu1121.com/post-40860/

年間20万人の児童が行方不明に! 中国マフィアの「誘拐イノベーション」
https://bunshun.jp/articles/-/6214

―――――――――――――――――



■深刻化する児童相談所問題

児童相談所の所管は厚生労働省。人権問題としてみると法務省。教育問題として扱うと文科省。縦割り行政の弊害は解消されるべきである。私は、児童相談所が厚生労働省所管であることに違和感を持っている。

―― 参考情報 ――――――――――

子どもの虐待ということで提言された「子ども庁」創設のようだが、保護する児童相談所が一番の問題で、解体しなければならないくらい深刻、「子ども庁」を創設しても子どもの虐待問題は解決しない
https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/457578

第1章 児童相談所の概要
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/dv11/01-01.html

―――――――――――――――――


■外国人留学生よりも日本人学生を優先してきた?文科省

給付・支給額ベースで、外国人留学生(約30万人)に対し、270億もの税金が投入されている。一人当たり、年間9万円支給されていることになる。

―― 参考情報 ――――――――――

パブリックコメントよりも優先処理すべき案件
https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/480648031.html

―――――――――――――――――

日本人学生の場合はどうかというと、返済を前提とする奨学金予算が年間1兆円、貸与対象人数は140万人となっている。

―― 参考情報 ――――――――――

奨学金事業の充実
https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shougakukin/main.htm

優秀な学生を集めるため、有力大学はこぞって独自の奨学金制度を強化。企業や自治体による、手厚い学費支援も多数存在する。知らないと損する、「もらえる奨学金」の数々とは。
https://president.jp/articles/-/13776

文部科学省外国人留学生学習奨励費
https://www.jasso.go.jp/ryugaku/study_j/scholarships/shoureihi/about.html

―――――――――――――――――

ちなみに、外国人留学生が貰える給付金予算は、7400人分。30万人に対し7400人。

日本人学生数は、4年制の大学だけで約300万人。文科省は、授業料等減免、給付型奨学金で約5000億円予算化。この措置により数十万の学生が、給付対象となったとみられる。

―― 参考情報 ――――――――――

文部科学統計要覧
https://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/002/002b/1403130.htm

高等教育の修学支援新制度
https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/hutankeigen/index.htm

―――――――――――――――――

すなわち、授業料等減免、給付型奨学金等の充実以前は、日本人学生は外国人学生と比較し不利な就学状況にあったと考えられるのである。



子ども庁推進派のサイトを眺めてみたい。

||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||

こども庁の創設に向けて 自見はなこ国会事務所
https://www.child-department.jp/

・子どもに関する縦割り行政を一元化することで、抜け漏れがない、迅速な対応を実現できる
・分断されていることで後手に回っている事柄について、妊娠期から新生児期、小児期を経て大人になるまで、切れ目なく支援する体制・施策を推進できる
・安心して子どもを生み育てられる環境の構築により、健康に活躍できる社会の実現へ

||||| ここまで引用 ||||||||||||||||||||||||


反論する理由を見つけるのが難しいくらい、よく纏まっている。皮肉で述べているのではない。

とりあえずのスタンスとして、突出した存在となりつつある「男女共同企画局」の予算・要員削減、子ども庁創設による児童虐待根絶、児童失踪抑止効果が期待できる前提で、趣旨に賛同する。


以上

この記事へのコメント

人気記事