子ども庁新設で一体化・スリム化すべき組織

組織図を眺めていて、中央省庁の内部組織について一体化・スリム化できる組織があることに気がついた。

―― 参考情報 ――――――――――

内閣府 組織図
https://www.cao.go.jp/about/doc/soshikizu.pdf
内閣府組織図.jpg
内閣府組織図1.jpg
―――――――――――――――――

上記組織図に、子ども・子育て本部、少子化社会対策会議、子どもの貧困対策会議というのがある。

審議会では、子ども・子育て会議がある。

これらを子ども庁にくっつけてしまうのである。

内部組織的には、①内閣府の外局としての子ども庁とする案、②厚生省と労働省に分離、子ども・労働省とし、内部組織として子ども局とする案、③厚生労働省の外局としての子ども庁とする案が考えられる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

子ども庁の内部組織(内閣府の外局とした場合を想定)

・少子化社会対策課(内閣府分)
・子ども・子育て課(内閣府と厚生労働省雇用均等・児童家庭局と機能統合?、審議会:子ども・子育て会議)
・子どもの貧困対策課⇒子どもの失踪、家出、虐待防止に係わる組織⇒子どもの幸せ対策課?
・厚生労働省雇用均等・児童家庭局のうち、保育課と育成環境課、児童相談所に係わる機能を子ども庁に移管
・文科省所管の、給付奨学金、貸与奨学金等に係わる機能を子ども庁に移管(授業料減免の所管は文科省に残す)
・国際交流事業に係わる事業支援業務(※1)の所管を子ども庁に移管(機能縮小)

※1

https://www.cao.go.jp/kikan/kikan.html

青少年国際交流事業の活動充実強化における支援業務
国際青年育成交流事業に関する支援業務
青年社会活動コアリーダー育成プログラムに関する支援業務
「東南アジア青年の船」事業支援業務
「世界青年の船」事業支援業務
日本・韓国青年親善交流事業に関する支援業務
日本・中国青年親善交流事業に関する支援業務

※2 母子家庭に係わる機能は、厚生労働省に残す?
※3 いじめ問題に係わる機能は、文科省に残す?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以上

この記事へのコメント

人気記事