原発処理水海洋放出 それぞれの思惑

IAEAが日本の原発処理水の海洋放水にわざわざ支持表明している最中、中韓が例によって、反対を表明している。

―― 参考情報 ――――――――――

IAEA 日本の決定を支持 中国 重大な懸念表明 原発処理水 海洋放出を決定
https://news.yahoo.co.jp/articles/5266e0fb9369094fa5627be6de94e64e601775cb

―――――――――――――――――

中国の言う懸念とは、自国の数々の懸念はそもそも眼中にないという前提での懸念。韓国は、自国の検証はせずに、日本のやっていることを検証するとしている。


―― 参考情報 ――――――――――

「原発処理水」に難くせも…韓国は“6倍放出”の過去!? 「放射能五輪は危険」文政権は“嫌がらせ”展開か 識者「非科学的な日本たたきキャンペーン」
https://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/190920/wor19092020060007-n1.html

―――――――――――――――――


そして、例によって、当時政権を担った方々の対応はいい加減そのもの。

―― 参考情報 ――――――――――

枝野氏が処理水海洋放出を批判「福島県民や漁民をばかにしている」
https://mainichi.jp/articles/20210410/k00/00m/010/199000c

―――――――――――――――――


この種の発言について、公明党代表は珍しく政権を擁護している。

―― 参考情報 ――――――――――

処理水放出「当時政権を担った方は責任持って発言を」 公明・山口代表
https://www.sankei.com/politics/news/210413/plt2104130022-n1.html

―――――――――――――――――


例によって、麻生副首相の発言はわかりやすい。

―― 参考情報 ――――――――――

【海洋放出】麻生副首相「あの水飲んでも何ちゅうことない。中国やら韓国やらが海に放出しているのと同じ」
http://blog.livedoor.jp/rbkyn844/archives/9792689.html

―――――――――――――――――


水産関係者たちは、IAEAや政府見解を信じず、中韓、立憲民主党のスタンスに同調した。

―― 参考情報 ――――――――――

漁業者「国も東電も信用できない」 6年前の約束はどこへ 福島第一原発の汚染処理水海洋放出
https://www.tokyo-np.co.jp/article/97727

―――――――――――――――――

これをどう読むか。原発新設の時代、各地の漁業関係者たちは、一様に補償金を貰った?ような気がする。(かつて漁業補償金で家を建て)陸に上がった漁師と言われた人たちが存在していることご存じであろうか。彼らが反対するのは、自分たちに再び●をくれたら反対しないと言っているように聞こえてしまう。


政府として、この件で正式に推進者であるべきだったのは、誰であろうか?

職務的に、梶山経済産業大臣と小泉環境大臣であることは明らか。

ただ、梶山大臣は選挙区が茨木。この問題の矢面に立ちたくない気持ちはわからないではない。
一方、小泉環境大臣は、選挙区が神奈川。大した影響はない。しかし、彼は、レジ袋、コンビニが無料で配るスプーンくらいした語らなかった。
小泉環境大臣は、原発処理水の海洋放水について大丈夫であると(環境保全、水質の点から)国民に説明する立場であるのに、肝心な時に逃げ回ったようである。

―― 参考情報 ――――――――――

やっと放流、ここまで時間がかかりすぎた
https://pachitou.com/2021/04/13/%e3%82%84%e3%81%a3%e3%81%a8%e6%94%be%e6%b5%81%e3%80%81%e3%81%93%e3%81%93%e3%81%be%e3%81%a7%e6%99%82%e9%96%93%e3%81%8c%e3%81%8b%e3%81%8b%e3%82%8a%e3%81%99%e3%81%8e%e3%81%9f/

―――――――――――――――――


このタイミングで、原発新増設推進派の議連が発足した。かつて、平沼赳夫議員が係わっていた議連の再スタートのようだ。

―― 参考情報 ――――――――――

原発新増設を推進、自民議連が設立総会 安倍氏ら顧問
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA128X20S1A410C2000000/

―――――――――――――――――

原発新増設を推進するなら、再稼働差止判決を出した裁判官の弾劾強化や、原発再稼働で深夜料金が引下げが確定的なのに、安くなるべき深夜電力料金が再エネ賦課金のせいで高くなるという矛盾がある。深夜帯に発電していない深夜電力に係わる再エネ賦課金の削減くらいは(エネルギー政策上の矛盾を解消すべく)取り組むべきであるが、稲田議員にそこまでの覚悟はあるのだろうか。

いずれにせよ、震災から10年経過を一区切りとし、処理水の海洋放水、原発新増設推進議連が発足したとみていいだろう。


以上

この記事へのコメント

  • Suica割

    枝野氏には、是非、日本政府だけでなく、IAEAにも喧嘩を売って頂きたい。
    と、思うのは私だけですかね?
    俺が記者なら意地悪く、日本政府の決定の裏には国際機関であるIAEAの支持がありますね。その支持を覆すために枝野さんとしてはいかなる手を考えてますか?
    と、聞きます。
    2021年04月15日 19:28
  • 市井の人



    >Suica割さん
    >
    >枝野氏には、是非、日本政府だけでなく、IAEAにも喧嘩を売って頂きたい。
    >と、思うのは私だけですかね?
    >俺が記者なら意地悪く、日本政府の決定の裏には国際機関であるIAEAの支持がありますね。その支持を覆すために枝野さんとしてはいかなる手を考えてますか?
    >と、聞きます。

    野党議員を国会国会質問できる制度が必要と思います。
    枝野議員の発言は、マスコミ向け、支持労組向けの、一時的なポーズなんでしょう。
    2021年04月16日 05:42
  • Suica割

    再生エネルギー賦課金も実態に応じた賦課にすべきですね。
    地熱や風力発電はわかりますけど、太陽光発電の分まで払うのは納得いかない。
    太陽熱発電で予熱で発電しているとか、太陽光発電でも、昼間に貯電設備に溜め込んだ分を夜も流すとかならまだ考える余地があるのですが。
    2021年04月16日 12:02
  • 市井の人



    >Suica割さん
    >
    >再生エネルギー賦課金も実態に応じた賦課にすべきですね。
    >地熱や風力発電はわかりますけど、太陽光発電の分まで払うのは納得いかない。
    >太陽熱発電で予熱で発電しているとか、太陽光発電でも、昼間に貯電設備に溜め込んだ分を夜も流すとかならまだ考える余地があるのですが。


    そのとおりです。
    陳情書レベルの提言できる言論人がいないのが問題です。
    2021年04月16日 17:28

人気記事