マスコミ報道により「政治用語」化させてはならない言葉

「禊」という言葉がある。マスコミ報道でしばしば使われるため、政治用語と勘違いされつつあるようなので、語源的な視点から纏めてみることにした。

マスコミが使う「みそぎ」とは「過去に悪事を働いた政治家が、選挙で勝利した結果を以て悪事をなかったことにすること」を意味する言葉として使われるケースが多いが、そもそもの語源、意味は神道由来である。

「美しい日本語が話せる書ける 万葉ことば」(上野誠)にはこう書いてある。


||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||

「みそぎ」の語源は「身すすぎ」ないしは「水すすぎ」のどちらかといわれています。「すすぐ」ということは、見ずで身を清めるということです。

ふるい神社に行くと、神社の前に、御手洗川と呼ばれる川が流れていることがあります。これは、かつて、参詣者が「みそぎ」をしていた川です。したがって、この川で裸になる必要があったのです。裸になるために建物も必要となるし、荷物をあずかる人も必要となってきます。さらには、その場所で食事を取ることもあったでしょう。こういうことをしてくれるのが、門前の茶屋です。
しかし、いちいち、裸になって「みそぎ」をするのは、めんどうなことです。そこで、多くの神社では、手水のための鉢を置くようになります。今日では、ここで、口をすすぎ、手を洗って、「みそぎ」をすませたことにします。

スキャンダルの代議士でも、選挙で再選を果たせば、「みそぎ選挙」などといいます。しかし、本来の「みそぎ」とは、身も心も清らかになるということですが。

||||| ここまで引用 ||||||||||||||||||||||||



Wikipediaの解説も参考となる。


―― 参考情報 ――――――――――


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8A

―――――――――――――――――

ここで、マスコミは、なぜ「みそぎ」という言葉で報道し続けるのか、考えたい。


かつて(出自的に日本人とは思えない、半島系?)街宣右翼が、日の丸を掲げた派手な街宣活動で保守活動を貶めたように、(出自的に半島系が多いと噂される)マスコミも「禊」という神道を貶める目的で政治用語化する目的で敢えて使っているのであろう。


彼らの手口に引っかかってはならないのである。

以上

この記事へのコメント

人気記事