ニシキヘビ飼育の件

ペットとして飼っていたアミメニシキヘビが横浜で行方不明となり、現地では大騒動となっている。

―― 参考情報 ――――――――――

アミメニシキヘビとは? 横浜で逃走。人間が呑み込まれた事故もある「世界最長のヘビ」
https://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%82%B7%E3%82%AD%E3%83%98%E3%83%93%E3%81%A8%E3%81%AF-%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E3%81%A7%E9%80%83%E8%B5%B0-%E4%BA%BA%E9%96%93%E3%81%8C%E5%91%91%E3%81%BF%E8%BE%BC%E3%81%BE%E3%82%8C%E3%81%9F%E4%BA%8B%E6%95%85%E3%82%82%E3%81%82%E3%82%8B-%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%9C%80%E9%95%B7%E3%81%AE%E3%83%98%E3%83%93/ar-BB1gE3J9?ccid=b0270683d45249418f85acb6fcf15d9d

ニシキヘビの飼育って許可がいるの!? | ヘビのすべて
https://xn--qdkj.xyz/archives/888

横浜の「ニシキヘビ」いまだ逃走中…人に危害を加えたら、飼い主の責任はどうなる?
https://news.yahoo.co.jp/articles/9fad95a78846f14a168c903af155cc1e74c4040f

―――――――――――――――――


逃げ出したアミメニシキヘビの、法律上の位置づけはこうなっている。


||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||

https://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%82%B7%E3%82%AD%E3%83%98%E3%83%93%E3%81%A8%E3%81%AF-%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E3%81%A7%E9%80%83%E8%B5%B0-%E4%BA%BA%E9%96%93%E3%81%8C%E5%91%91%E3%81%BF%E8%BE%BC%E3%81%BE%E3%82%8C%E3%81%9F%E4%BA%8B%E6%95%85%E3%82%82%E3%81%82%E3%82%8B-%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%9C%80%E9%95%B7%E3%81%AE%E3%83%98%E3%83%93/ar-BB1gE3J9?ccid=b0270683d45249418f85acb6fcf15d9d

今回逃げた個体は、2017年に横浜市の許可を得たものだった。法改正を受けて、2020年6月以降は「特定動物」を愛玩目的で新たに飼うことは禁止されている。


http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/1_law/danger.html

特定動物(危険な動物)の飼養又は保管の許可について
 人に危害を加えるおそれのある危険な動物とその交雑種(特定動物)は令和2年6月1日から愛玩目的等で飼養することが禁止されました。動物園や試験研究施設などの特定目的で特定動物を飼う場合には、動物の種類や飼養施設ごとに都道府県知事又は政令指定都市の長の許可が必要です。また、飼養施設の構造や飼養・保管の方法についての基準を守らなくてはなりません。手続等については、管轄の都道府県又は政令指定都市の動物愛護管理行政担当部局にお問い合わせください。

http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/1_law/sp-list.html

特定動物の内訳

とかげ目
どくとかげ科 どくとかげ科全種
おおとかげ科 ヴァラヌス・コモドエンスィス(コモドオオトカゲ)
ヴァラヌス・サルヴァドリイ(ハナブトオオトカゲ)
にしきへび科 モレリア・アメティスティヌス(アメジストニシキヘビ)
モレリア・キングホルニ(オーストラリアヤブニシキヘビ)
ピュトン・モルルス(インドニシキヘビ)
ピュトン・レティクラトゥス(アミメニシキヘビ)
ピュトン・セバエ(アフリカニシキヘビ)
ボア科 ボア・コンストリクトル(ボアコンストリクター)
エウネクテス・ムリヌス(オオアナコンダ)
なみへび科 ディスフォリドゥス属(ブームスラング属)全種
ラブドフィス属(ヤマカガシ属)全種
タキュメニス属全種
テロトルニス属(アフリカツルヘビ属)全種
コブラ科 コブラ科全種
くさりへび科 くさりへび科全種(特定外来生物であるタイワンハブを除く。)

||||| ここまで引用 ||||||||||||||||||||||||


ここで、該当法令を参照しておきたい。


―― 参考情報 ――――――――――

動物の愛護及び管理に関する法律
https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=348AC1000000105

―――――――――――――――――

この中から重要な措置を抜き出してみた。

||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||

https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=348AC1000000105

第五節 動物による人の生命等に対する侵害を防止するための措置

(特定動物の飼養及び保管の禁止)
第二十五条の二 人の生命、身体又は財産に害を加えるおそれがある動物として政令で定める動物(その動物が交雑することにより生じた動物を含む。以下「特定動物」という。)は、飼養又は保管をしてはならない。ただし、次条第一項の許可(第二十八条第一項の規定による変更の許可があつたときは、その変更後のもの)を受けてその許可に係る飼養又は保管をする場合、診療施設(獣医療法(平成四年法律第四十六号)第二条第二項に規定する診療施設をいう。)において獣医師が診療のために特定動物の飼養又は保管をする場合その他の環境省令で定める場合は、この限りでない。

(特定動物の飼養又は保管の許可)
第二十六条 動物園その他これに類する施設における展示その他の環境省令で定める目的で特定動物の飼養又は保管を行おうとする者は、環境省令で定めるところにより、特定動物の種類ごとに、特定動物の飼養又は保管のための施設(以下この節において「特定飼養施設」という。)の所在地を管轄する都道府県知事の許可を受けなければならない。
2 前項の許可を受けようとする者は、環境省令で定めるところにより、次に掲げる事項を記載した申請書に環境省令で定める書類を添えて、これを都道府県知事に提出しなければならない。
一 氏名又は名称及び住所並びに法人にあつては代表者の氏名
二 特定動物の種類及び数
三 飼養又は保管の目的
四 特定飼養施設の所在地
五 特定飼養施設の構造及び規模
六 特定動物の飼養又は保管の方法
七 特定動物の飼養又は保管が困難になつた場合における措置に関する事項
八 その他環境省令で定める事項

(許可の基準)
第二十七条 都道府県知事は、前条第一項の許可の申請が次の各号に適合していると認めるときでなければ、同項の許可をしてはならない。
一 飼養又は保管の目的が前条第一項に規定する目的に適合するものであること。
二 その申請に係る前条第二項第五号から第七号までに掲げる事項が、特定動物の性質に応じて環境省令で定める特定飼養施設の構造及び規模、特定動物の飼養又は保管の方法並びに特定動物の飼養又は保管が困難になつた場合における措置に関する基準に適合するものであること。
三 申請者が次のいずれにも該当しないこと。
イ この法律又はこの法律に基づく処分に違反して罰金以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなつた日から二年を経過しない者
ロ 第二十九条の規定により許可を取り消され、その処分のあつた日から二年を経過しない者
ハ 法人であつて、その役員のうちにイ又はロのいずれかに該当する者があるもの
2 都道府県知事は、前条第一項の許可をする場合において、特定動物による人の生命、身体又は財産に対する侵害の防止のため必要があると認めるときは、その必要の限度において、その許可に条件を付することができる。

(変更の許可等)
第二十八条 第二十六条第一項の許可(この項の規定による許可を含む。)を受けた者(以下「特定動物飼養者」という。)は、同条第二項第二号から第七号までに掲げる事項を変更しようとするときは、環境省令で定めるところにより都道府県知事の許可を受けなければならない。ただし、その変更が環境省令で定める軽微なものであるときは、この限りでない。
2 前条の規定は、前項の許可について準用する。
3 特定動物飼養者は、第一項ただし書の環境省令で定める軽微な変更があつたとき、又は第二十六条第二項第一号に掲げる事項その他環境省令で定める事項に変更があつたときは、その日から三十日以内に、その旨を都道府県知事に届け出なければならない。

(許可の取消し)
第二十九条 都道府県知事は、特定動物飼養者が次の各号のいずれかに該当するときは、その許可を取り消すことができる。
一 不正の手段により特定動物飼養者の許可を受けたとき。
一の二 飼養又は保管の目的が第二十六条第一項に規定する目的に適合するものでなくなつたとき。
二 その者の特定飼養施設の構造及び規模並びに特定動物の飼養又は保管の方法が第二十七条第一項第二号に規定する基準に適合しなくなつたとき。
三 第二十七条第一項第三号ハに該当することとなつたとき。
四 この法律若しくはこの法律に基づく命令又はこの法律に基づく処分に違反したとき。

(環境省令への委任)
第三十条 第二十六条から前条までに定めるもののほか、特定動物の飼養又は保管の許可に関し必要な事項については、環境省令で定める。

(飼養又は保管の方法)
第三十一条 特定動物飼養者は、その許可に係る飼養又は保管をするには、当該特定動物に係る特定飼養施設の点検を定期的に行うこと、当該特定動物についてその許可を受けていることを明らかにすることその他の環境省令で定める方法によらなければならない。
(特定動物飼養者に対する措置命令等)
第三十二条 都道府県知事は、特定動物飼養者が前条の規定に違反し、又は第二十七条第二項(第二十八条第二項において準用する場合を含む。)の規定により付された条件に違反した場合において、特定動物による人の生命、身体又は財産に対する侵害の防止のため必要があると認めるときは、当該特定動物に係る飼養又は保管の方法の改善その他の必要な措置をとるべきことを命ずることができる。
(報告及び検査)
第三十三条 都道府県知事は、第二十六条から第二十九条まで及び前二条の規定の施行に必要な限度において、特定動物飼養者に対し、特定飼養施設の状況、特定動物の飼養又は保管の方法その他必要な事項に関し報告を求め、又はその職員に、当該特定動物飼養者の特定飼養施設を設置する場所その他関係のある場所に立ち入り、特定飼養施設その他の物件を検査させることができる。
2 第二十四条第二項及び第三項の規定は、前項の規定による立入検査について準用する。
第三十四条 削除

―――――――――――――――――

特定動物リスト
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/1_law/sp-list.html

||||| ここまで引用 ||||||||||||||||||||||||

一応罰則条項もある。

気になる点は、今回行方がわからないアミメニシキヘビについて、法改正後に飼育禁止となり、禁止措置以前から飼育継続されているアミメニシキヘビの飼育管理が適正か否か、監視・規制強化するという扱いにできなかったのかということである。

具体的に言うと、禁止されている特定動物(禁止措置以前から)飼育している特定動物飼養者について
①随時立ち入り検査
②月1回の報告
③監視カメラ等の設置等
の措置を実施ないし追加する必要はないのか。

私は、問題が起きてから大騒ぎするのは好きではない。ただ、(逃げ出して行方がわからないという事態が)起きてしまった以上、類似の事案の再発を防ぐ必要が出てきた。
少なくとも、人(特に乳幼児)に危害を与える恐れがある動物(特にヘビ)について、禁止措置実施以降、何ら規制強化措置なく、民家で飼育し続けることを容認することを問題視するのである。


以上

この記事へのコメント

人気記事