外国人技能実習生制度の抜本見直しを急げ

鈴木信行議員はベトナム人外国人技能実習生の受入れ禁止を提言している。

―― 参考情報 ――――――――――

ベトナム人労働者受け入れを停止せよ!人は物・部品・材料ではないよ!
https://ameblo.jp/ishinsya/entry-12680510596.html

―――――――――――――――――

さらに、朝日記事によると、「日本の受け入れ企業から提出される各実習生の実習計画に記載された送り出し機関の名前と突き合わせて、失踪者が多発している送り出し機関を特定した。2018年と19年の合計の失踪者数の割合が平均の約3倍を超えた5社を対象に決めた」との情報がある。


送り出し機関どれも失踪者がいるような気配である。
失踪者が全体で何人いるのかすら我々は把握できていない。どれくらいの割合で失踪者が出たのかも把握できない。国の統計としてこんなことでいいのか。



外国人実習生の円滑な受入れを促進する目的とみられるパブリックコメントがある。

―― 参考情報 ――――――――――

「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律施行規則の一部を改正する省令(案)」に係る意見募集について
https://public-comment.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495210070&Mode=0

―――――――――――――――――


しかし、我々が日々目にするのは、外国人技能実習生として入国した後、不法残留状態で窃盗等の犯行が激増している現象である。以下はその一例。

―― 参考情報 ――――――――――

ドラッグストア狙ったベトナム人窃盗団摘発 化粧品等33万円相当盗んだか。このうち2人は技能実習生として来日し、不法残留していた・・石川県
https://tsuisoku.com/archives/58119571.html

―――――――――――――――――


そこで、私は、提案したい。外国人技能実習生については、政策的に、①受入拡大よりも不祥事対策強化、②受入拡大をやめ受け入れ枠縮小、③実習生として受け入れた企業・団体について最終出国確認とそのための手配を義務づけること、④最終出国・在留資格変更・不法残留等の統計管理実施、⑤技能実習生による犯罪の損害賠償制度の発足である。

以上



この記事へのコメント

人気記事