PCR検査Ct値再引下げの可能性

オリンピック開催とオリンピック直後での解散総選挙が予定されるため、感染防止目的でのワクチン接種が急ピッチで進みつつある。



PCR検査の大部分を請け負っているとみられる民間検査機関に対するCt値引下げ要請は、オリンピック後の解散総選挙を予定している場合、必須とみられる。

―― 参考情報 ――――――――――

緊急事態宣言解除とCT値
https://kotobukibune.at.webry.info/202106/article_17.html

オリンピックまでマンボウw
https://www.nikaidou.com/archives/136958

―――――――――――――――――



簡単に言うと、民間検査機関がCt値が40以上に設定したままだと、オリンピック後、解散総選挙の最中に感染者が激増する可能性がある。感染者激増状態で総選挙を戦えるはずがない。そこで、オリンピック開催直前、ワクチン接種が一段落した時点を見計らって民間検査機関のPCR検査のCt値の引下げ要請文書を厚生労働省が出す可能性がある。
今年の1月に、先行する形で要請文書は出されている。


―― 参考情報 ――――――――――

医療機関・高齢者施設等における無症状者に対する検査方法について(要請)(別添)
https://www.mhlw.go.jp/content/000725744.pdf

―――――――――――――――――


シナリオとしてはこうなるのではないか。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


・ワクチン接種を全国規模で実施(最終的に国民の半数が接種?)⇒政権の実績⇒アメリカのワクチンメーカーを儲けさせなければならない?国際的義務を達成

・数千万のワクチン接種が終わった時点で、感染者減少を政府が確認、ワクチン接種効果があったと喧伝⇒政権の実績

・政権はオリンピック開催を着々と準備しつつ、オリンピック後の解散総選挙を視野に入れ、民間検査機関等におけるPCR検査のCt値引下げの要請文書を発出(オリンピック開催期間中の感染状況を正確に把握するという名目で、今までバラバラだったCt値の統一を強力に進める?)

・PCR検査のCt値引き下げた状態で、オリンピックが無事終了、不安視されたオリンピック終了後の感染拡大は起きず(以前はコロナと判定されたものが単なる風邪と医療的には認定されるケースが続出?)⇒政権は解散総選挙の準備にとりかかる

・オリンピックが無事終了しコロナ渦での国民の協力に感謝しつつ、政権は10万円の給付金支出を準備⇒選挙で勝利するための撒き餌

・選挙公約は、コロナの治療薬の開発、コロナ専門医療施設の全国規模での拡充(実態は、役目を終えた癌センターの救済?)⇒次の総選挙では、医療、製薬業界丸ごと自民支持にシフト?

・総選挙期間中に、医薬品業界の株価が急騰?

・選挙後は、ワクチン接種ではなく、治療薬によるコロナ対応にシフト?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


という訳で、当面、以下の厚生労働省特設サイトにてPCR検査のCt値引下げ要請文書が発出されるのがいつになるのか注目しているところである。


自治体・医療機関向けの情報一覧(事務連絡等)(新型コロナウイルス感染症)2021年
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00214.html



以上

この記事へのコメント

人気記事