大いなる自己矛盾の可能性

本稿は保守言論界の高名な学者についての考察もの。


まず、西さんのコメントを一読いただきたい。

||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||

https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/484652977.html#comment

西

国際情勢を踏まえた内容にしたいことは理解できるのですが、小学生やそこらの年齢で、難解な政治論というか、国際情勢が理解できるとは思えません。

大人でも難しい法律論を書いたところで、小学生が理解できるとは思えないので、そのあたりを配慮していないような教科書を不合格にするのは当然かと思いますね。

高校生でも受験対策の事を考えれば、学習指導要領を無視したような無意味な記述が受験勉強で役に立つとは思えず、大抵は無視して終わるだけでしょう。

そう考えた場合、つくる会の「不当」という主張は、「指導要領」を読んだ上で、小学生や高校生が「学習する上での配慮(法律の専門家でもなければ理解できないような内容までは高校生に教えられないという事)」も行った結果の「主張」なのかどうか、という事に尽きますね。

2021年12月03日 20:30
西

進学校や進学塾が「受験対策」を考える上では、志望校の入試で出る問題を解くためのカリキュラムを組んでいるのは当然と思いますし、それに沿っていないような教科書を採用するわけがありません。

そういう意味では、受験対策を第一に掲げる進学塾や進学校を批判したところで意味が無いでしょう。

一教育機関に過ぎない、これらの学校や塾が反日かどうかなど、どうでもいい事であるにも関わらず、無意味な攻撃を仕掛けたところで、こちらが不利になるだけです。

それよりもまずは、教育論の観点から「児童生徒」が理解できるような内容なのか、「学習指導要領」に沿った内容なのかどうかを考慮する必要があると思いますね。


2021年12月03日 20:38


||||| ここまで引用 ||||||||||||||||||||||||



ある保守系言論人から、高名な保守系の歴史学者の華麗なる経歴を聞いたことがある。一言で言うと、大変優秀な成績で受験校に進学、難関と言われる大学に合格、教官職を得たのち突然、保守に転向したのだそうだ。

その方は、歴史教科書執筆に関わり、検定一発不合格の反論の中に、歴史教科書における海軍軍縮条約など数字の取扱いについて言及がある。


理系の受験生の立場で、世界史、日本史を履修、この二科目を受験科目として選択した経験から述べさせていただくと、この数字が小数点以下の表示、整数表示二種類あった場合、どちらが教育上妥当なのか。

執筆者は言うだろう。愛国保守>学習指導要領>受験生の便宜の価値観で教科書は編纂されるべきと。


教科書におけるイデオロギー的主張に対する批判もある。

―― 参考情報 ――――――――――

自虐、自虐、と騒ぐ方へ
https://ameblo.jp/u1530t/entry-11594588750.html?frm=theme

―――――――――――――――――

教科書行政上は、学習指導要領が最上位の概念のはずである。そう考えると、検定一発不合格事案とは、学習指導要領違反?の可能性がある。もし、裁判で学習指導要領違反であるとの文科省の見解が示された場合、、、裁判の結果は、、、敢えて書くまでもない。


海軍軍縮条件の件で述べたい。

私は、学校指定の歴史教科書の他に、書店で注文して購入した山川の歴史教科書、参考書、NHK教育テレビにて高校歴史を学んだ。海軍軍縮条約の各国比はどれも整数表示だった。(私の記憶)

仮に、四種類の教材のうち、数字の表示がバラバラだった場合、面倒くさいので簡便な表現であることを望む。小数点以下まで覚えなくてはならない積極的な理由をまったく感じない。受験教科でもあったこともあり、教科書毎に数値がバラバラなのは迷惑このうえない。採点する側も同じ価値判断のはずだ。


一方で、歴史家としての数字の表示と、歴史教科書としての数字の表示は異なるのは当然と思う。


しかし、それでも愛国保守の巨塔は、そんな学習態度ではいけない。愛国保守の専門家の立場で書いた歴史教科書なのだから、小数点以下の数値もきちんと覚え、記述式の問題に対応すべきだと主張するかもしれない。


しかしながら、その学者は高校時代、どう学んだのか。おそらく、整数表示だったはずだ。そして、その学者は、大学教官職を得るまで期間、学生時代は左翼政治思想を崇拝していた可能性大である。


育鵬社の教科書編纂に係わった渡部昇一は、学生時代から多方面に勉強熱心。渡部昇一の高校時代は、愛国保守ではなかったかもしれないが、少なくとも左翼ではなかった。見習うべき学習態度だったと思う。高校、大学時代、私は結構勉強した方だが、量的には渡部昇一にはかなわない。大学時代の渡部昇一は、普通の学生の2~3倍の勉強量だったように思う。これは、渡部昇一の本をきちんと読んだ人なら知っていることである。


そういう事実を知らされると、彼ら愛国保守言論人の高校時代はどうだったのか。

確かに、愛国保守なら、あの教科書で学ぶべきなのかもしれない。
確かに、愛国保守なら、あの記述に納得すべきかもしれない。
しかし、執筆者の高校時代の政治思想はどうだったのか?


私はお聞きしたい。
ひょっとすると、ここに大いなる自己矛盾があるのではないか。

仮に高校時代、共産主義者から歴史を学び政治的に納得し、成人し、職を得た経緯があったとして、今の中学、高校生に対しそれではいけないと政治的に主張する資格があるのかどうか。



以上

この記事へのコメント

  • Suica割

    >西

    >国際情勢を踏まえた内容にしたいことは理解できるのですが、小学生やそこらの年齢で、難解な政治論というか、国際情勢が理解できるとは思えません。

    >大人でも難しい法律論を書いたところで、小学生が理解できるとは思えないので、そのあたりを配慮していないような教科書を不合格にするのは当然かと思いますね。

    西さんの意見は、まさにそのとおりと思います。
    私の記憶に間違いがなければ、教科書には教師用の副読本(教師用教科書みたいなもの)や使用マニュアルもあったはずです。
    仮に合格したとしても、そちらがお粗末ならば、現場採用はないでしょう。
    曖昧な記憶と想像に頼って書いてますが、実際の使用に耐えるかどうか、学生用教科書と教師用の副読本や使用マニュアルを突き合わせて、検討をしている可能性がないとは言えません。
    実務がわからないので、想像ですが、検定時には、教科書とマニュアルの両方を提出する義務がある場合と、マニュアルを出す義務はないけど、出した場合、マニュアルを出す義務はないので、提出しなかった場合で問題点が微妙に異なるように思います。
    一番最後だった時には、本当に実務に疎いと思います。
    教え方がわかる参考資料があれば、それなりな対応をしようと思うでしょうが、一般的な教科書と毛色が違い、不親切な対応なら、心象が悪過ぎます。
    もし、提出していた場合であれば、総合的に認められない欠陥があったと見た方がいいように思います。
    2021年12月05日 10:15
  • 市井の人



    >Suica割さん
    >
    >>西
    >
    >>国際情勢を踏まえた内容にしたいことは理解できるのですが、小学生やそこらの年齢で、難解な政治論というか、国際情勢が理解できるとは思えません。
    >
    >>大人でも難しい法律論を書いたところで、小学生が理解できるとは思えないので、そのあたりを配慮していないような教科書を不合格にするのは当然かと思いますね。
    >
    >西さんの意見は、まさにそのとおりと思います。
    >私の記憶に間違いがなければ、教科書には教師用の副読本(教師用教科書みたいなもの)や使用マニュアルもあったはずです。
    >仮に合格したとしても、そちらがお粗末ならば、現場採用はないでしょう。
    >曖昧な記憶と想像に頼って書いてますが、実際の使用に耐えるかどうか、学生用教科書と教師用の副読本や使用マニュアルを突き合わせて、検討をしている可能性がないとは言えません。
    >実務がわからないので、想像ですが、検定時には、教科書とマニュアルの両方を提出する義務がある場合と、マニュアルを出す義務はないけど、出した場合、マニュアルを出す義務はないので、提出しなかった場合で問題点が微妙に異なるように思います。
    >一番最後だった時には、本当に実務に疎いと思います。
    >教え方がわかる参考資料があれば、それなりな対応をしようと思うでしょうが、一般的な教科書と毛色が違い、不親切な対応なら、心象が悪過ぎます。
    >もし、提出していた場合であれば、総合的に認められない欠陥があったと見た方がいいように思います。

    過去の教科書検定での対応経緯含めて、調べて置く必要がありそうです。育鵬社の教科書がどういう扱いだったのか少々気になります。
    2021年12月05日 16:25
  • Suica割

    海軍軍縮条約の数値については、おおよそと枕詞つけるか、整数比であらわすと、とつけるのが一番いいのかもしれない。
    2021年12月05日 18:53
  • 市井の人



    >Suica割さん
    >
    >海軍軍縮条約の数値については、おおよそと枕詞つけるか、整数比であらわすと、とつけるのが一番いいのかもしれない。


    書き方一つで教科書調査官の印象が変わるという意味ではそのとおりと思います。
    2021年12月06日 06:46

人気記事