憲法改正 帰化議員について憲法審査会等審議拒否禁止すべき

ロシアのウクライナ侵攻を受け、憲法議論(特に9条)を急ぐべきとの結論に達した。


関連事項含め、実現すべきと考える事案等を以下に示す。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

憲法改正論議を加速させるなど、国会にて安全保障政策審議を着実に進めるための必要事項(試案)


・帰化議員について、憲法審査会での審議拒否を禁止(審議拒否した場合、帰化取消し、議員資格はく奪)

・参議院での審議拒否は原則禁止(参議院には解散がないため)

・衆議院での審議拒否は議員給与削減対象とする

・国会にて超党派での「審議拒否問題対応改善特別委員会等」を設置

・国会議員、地方議員とも戸籍書類の情報公開義務を課す

・二重国籍議員について被選挙権を与えない(公職選挙法等改正)

・国会質問した野党議員に対し、与野党議員が質問できる制度にする(国会法改正)

・質問主意書制度の適用を野党にも拡大(目的:特定野党が独立宣言することなどを通じて外国の軍隊を平和維持軍として呼び寄せる行為を予防、国会法改正)

・スパイ防止法の法制化(議員にも適用、外国政府による憲法改正審議妨害等対策)

・国家反逆罪の法制化(議員にも適用、仮想敵国を利する行為について罰則対象)

・外患罪改正(議員にも適用、外国政府による武力侵攻支援準備を含める)

・議員個人による私的外交禁止(特定国対象、特定国政府職員との接触含む)

・帰化取消し要件の明確化

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


以上

人気記事