西側社会の潮流が読めない、お坊ちゃま外務大臣の問題

本稿は、最近の重要外交事案と外務大臣発言を比較することを目的としている。

■フィンランド首相来日の意味

フィンランドのNATO加盟に先立ち、ロシアと国境を接する日本を訪問、日本の安保理常任理事国入りの表明があった。

日・フィンランド首脳会談及びワーキングディナー
https://www.mofa.go.jp/mofaj/erp/we/fi/page4_005604.html

「ウクライナ侵攻が起きたから」ではない フィンランドが「NATO加盟申請」決意に至る背景
https://news.yahoo.co.jp/articles/11cb02336488a22ad88cd7362adf51d9ab8787f8

【速報】フィンランド・マリン首相が初来日 NATO加盟で注目 あす岸田首相と会談へ
https://news.yahoo.co.jp/articles/67cc45c83b3be8b6f92bf096aa12fdf6cd07859f

フィンランドとスウェーデンNATO加盟の自滅
https://tanakanews.com/220516nato.htm



■バイデン大統領来日

アメリカ政府として、日本と台湾の防衛に関与すること、日本の安保理常任理事国入り支持を表明した。ロシアを安保理常任理事国解任?する前提での提案と読み取ることができそうだ。

米大統領「日本の防衛に全面関与」 日米首脳会談
https://www.sankei.com/article/20220523-6EZHH3R74ZO2VHB23KAS3JQT4U/?ownedutm_source=owned%20site&ownedutm_medium=referral&ownedutm_campaign=ranking&ownedutm_content=%E7%B1%B3%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98%E3%80%8C%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E9%98%B2%E8%A1%9B%E3%81%AB%E5%85%A8%E9%9D%A2%E9%96%A2%E4%B8%8E%E3%80%8D%20%E6%97%A5%E7%B1%B3%E9%A6%96%E8%84%B3%E4%BC%9A%E8%AB%87

バイデン氏、日本の安保理常任理事国入りを支持 日米首脳会談
https://www.sankei.com/article/20220523-O6UZMF6ZENLTXHKACPQWN6WEZQ/?ownedutm_source=owned%20site&ownedutm_medium=referral&ownedutm_campaign=ranking&ownedutm_content=%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%87%E3%83%B3%E6%B0%8F%E3%80%81%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%AE%89%E4%BF%9D%E7%90%86%E5%B8%B8%E4%BB%BB%E7%90%86%E4%BA%8B%E5%9B%BD%E5%85%A5%E3%82%8A%E3%82%92%E6%94%AF%E6%8C%81%20%E6%97%A5%E7%B1%B3%E9%A6%96%E8%84%B3%E4%BC%9A%E8%AB%87



■フイリピン次期大統領との会談

バイデンが、日台の防衛にアメリカ政府として直接関与を表明すればするほど、フイリピンは中共の囮的存在となる。フイリピンは、かつてアメリカ軍に国土、国民を破壊された国であり、米軍基地がないことから反米国家と分類可能である。親中共の道を選択することで、中共からの軍事侵攻の可能性を無くそうと涙ぐましい?外交努力を続けている。

岸田総理大臣とマルコス・フィリピン次期大統領との電話会談
https://www.mofa.go.jp/mofaj/page1_001178.html

アメリカのフイリピン外交の基本的スタンス
https://jisedainonihon.exblog.jp/31364542/


■ローマ教皇謁見、ユダヤ人組織の表敬訪問

世の中タテマエとホンネが異なることはままある。
この5月に、ローマ教皇謁見、ユダヤ人組織の表敬訪問があったことは何を意味するのか。金持ちユダヤ人の金儲け目的でウクライナでの戦争が継続されるシナリオになってているのではないか?いずれにせよ日本の外交上の存在が大きさに注目した動きと読めそうである。

ローマ教皇フランシスコ台下への謁見・日バチカン首脳会談
https://www.mofa.go.jp/mofaj/erp/we/va/page6_000698.html

ハリス米国ユダヤ人委員会理事長による岸田総理表敬
https://www.mofa.go.jp/mofaj/na/na1/us/page4_005599.html


参考までに、宮崎正弘の本の見出しから、ウクライナ紛争=ユダヤ人同士の商材と読めなくもない。


▽▽▽ 引用開始 ▽▽▽

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆◇◆◇◆☆◇◆◇◆☆◇◆◇◆☆◇◆☆◇◆◇☆◆◇◆☆◇◆◇☆◇◆◇ 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「宮崎正弘の国際情勢解題」 
    令和四年(2022)5月22日(日曜日)
       号外
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   ▲
宮崎正弘『ロシアvsウクライナ 戦争とユダヤ人』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 キンドル版のみです。定価880円
https://www.amazon.co.jp/dp/B09YC8NY5J/

 「欧米が善でプーチンが悪という二元論は間違いである」(地政学の権威ジョン・ミアシャイマー・シカゴ大学教授)

──ウクライナ戦争の裏側では複雑怪奇な動きがある。主役の殆どがユダヤ人だ。
──ロシアの突然の落剥ぶりに中国は狼狽中?  
──プーチンの「不敗の神話」が崩れた。プーチンは、誰に責任を取らせるか? 
https://www.amazon.co.jp/dp/B09YC8NY5J/

       ○◎☆△☆□○☆△○☆○◎☆△☆□ 
<目次>
プロローグ メディア報道に洗脳されていないか
      プーチンだけが悪なのか? ロシア批判とBLMは似ている
      舞台裏で暗躍したユダヤ人のオルガルヒ

第一章 クレムリン宮殿の13人とオルガルヒの『泥棒国家』
ピョートル大帝とカテリーナ女帝を尊敬するプーチン
プーチンのキッチンキャビネットはKGBだらけだが

第二章 ウクライナ利得組のホワイトハウス、トランプ再選が見えた
株価高騰でウハウハは米英軍需産業
スティンガー大量増産、F35,欠陥は半導体不足だ
シェールガス大増産、アメリカ農業の活気

第三章 怪優ゼレンスキー大統領の思想と行動
ウクライナのオルガリヒと凶暴な私兵軍団

第四章 反露の英国、廊下鳶のフランス、困惑するドイツ
NATOはウクライナ加盟をあきらめた

第五章 鵺的存在は中国、インド、イスラエル、トルコ
国連決議は棄権、いずれもロシア制裁に加わらず

第六章 西側vsロシアで誰が得をしたか?
プーチンの失脚、クーデターの可能性はどれくらい?

第七章 ウクライナ戦争が台湾にもたらした教訓は多大
台湾侵攻に備え、台湾人心理を萎縮させる

エピローグ 情報がもらえなかった日本   
      対日三戦(宣伝、法廷、心理)で政治工作を成功させた中国
      日本はウクライナ戦争で何を教訓にするべきか
         ○◎☆△☆□○☆△○☆○◎☆△☆□ 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

△△△ 引用終了 △△△


一言で言うと、国際社会での日本の存在感がこれまでになく高まったことは確定的。高市政調会長は先月時点で、日本の常任理事国入り支持国が増えることを予想していたようだ。



バイデン常任理事国入り支持:高市氏「先月、内閣に対し「安保理理事国の増常任理事国の拒否権発動抑制旧敵国条項を削除を提言した、良い流れ」/ネット「先見の明」
http://totalnewsjp.com/2022/05/23/takaichi-170/

【外交】日本、国際社会で存在感がこれまでになく高まる…ロシアのウクライナ侵攻で欧米首脳が続々来日
https://mona-news.com/archives/88242754.html



これら外交上の動きと比較すると北朝鮮は今どんな位置づけなのか?

田中宇の分析はこうなっている。

▽▽▽ 引用開始 ▽▽▽

https://tanakanews.com/220522china.htm

最近、北朝鮮もコロナが大流行していると大騒ぎしている。これまでコロナをほとんど無視してきた金正恩が突然騒ぎ出して奇妙だ。これも習近平を見習って、コロナ対策を使って金正恩の権力を強化するための策略だろう。新型コロナは初期のもっと発症力があった時でも「強い風邪」であり、北朝鮮のような「生きるのがやっと」な国はコロナを気にする余裕も必要もない。北の人々はワクチンもほとんど打っていないそうだが、良いことだ。全人類、打たない方が良い。コロナワクチン(とくにmRNA)は効かないし、連打による自然免疫の低下などの害悪の方が大きい。 (Kim Mobilizes Military To Tackle "Explosive" North Korean COVID Outbreak, Infected Told To 'Gargle Saltwater') (New US strategy seeks to arm Japan against China)

△△△ 引用終了 △△△

となると、外務大臣の北朝鮮への支援を語る発言は、いささか次元の異なるどころか奇妙な話となる。直近で、アメリカ、フィンランドが日本の常任理事国入りを支持(ロシア常任理事国解任?)している状況で、外務省として活躍の場が広がる絶好の機会に、一体何を血迷っているるのか。

それとも、ユダヤ人組織ないしローマ教皇あたりから、余ったコロナワクチン処分先として北朝鮮の存在を示唆されたのであろうか。

いずれにせよ、外交オンチの林外相の早期の更迭を望む次第である。



自民・林外相、北朝鮮コロナに支援必要 「放っておけばいいとはならない」「北朝鮮の状況をよく把握する努力をしなければならない」
https://hosyusokuhou.jp/archives/48926829.html


以上

人気記事