何をどうして欲しいのか 意思表示してきたのか?

安倍元首相の国葬が終わった。

菅前首相の追悼の辞が素晴らしかった。


菅義偉前首相「真のリーダーでした」 友人代表の追悼の辞全文
https://www.sankei.com/article/20220927-ZOVLCFHSZNKDXNDGVFKVGKWYMA/

これに対し、岸田の弔辞は今一つ。
岸田首相は国葬したくなかったのではないか。可もなく不可もなく、理知的な弔辞だった。

菅前首相の追悼の辞と比較すると熱意を感じない。気乗りしないことに、岸田は一生懸命にならない性格のようだ。
ズルズル成行に任せてしまい、マスコミや野党が勢いづく。結果として、親中派が調子づいてしまったことで、岸田はやはり親中派だったのか、となる。そこが、岸田ファンが増えない理由となる。

政治的にこういうスタンスでいいのか。

菅前首相の追悼文には、名家のお坊ちゃんと集団就職たたき上げの政治家の間に、歴史書に掲載するに値する誠(本音レベル)の交流があった。
菅前首相が、政治家としての情熱を失っていないこともわかった。追悼文は、詩人が書いたと思えるほどの美文であった。改めて菅前首相を見直した。

この間、保守系言論人たちは、どうだったか。
概ね国葬賛成なのは知っている。しかし、マスコミや野党がああいう風に国葬否定に傾き、国葬反対世論が過半数を超える状況で、国葬反対勢力に対し、毅然と対抗策を示してきたのか。

街頭で国葬反対街宣する集団を売国奴と罵っても、それは日本を貶めたい集団と同じ土俵で闘うのと変わりない。

文句と批判なら誰でもできること。
言論人が一般人と異なるのは何か。何を以て言論人とするのか。

本を出しているから言論人なのか。本が売れていれば優れた言論人と言えるのか。
動画チャンネルを主宰しているから言論人なのか。チャンネル登録者がトップクラスのので優れた言論人と言えるのか。

国葬反対世論に対し、正面から対峙した言論人が誰だったか。

そのうえで、国葬が終わった時点で、彼らに対し一発お見舞いするくらいのことを仕掛けるべきだ。

何を言いたいか。

国葬事案、やられっぱなしでいいのか。

下記の措置を国葬反対派にお見舞いするくらいの活動はあってしかるべきではないのか。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

国葬終了時点で必要と考える陳情事項

・国家反逆罪の法制化
・外患罪の改正(マスコミ、議員等に適用)

・放送法の改正(罰則強化)
・新聞法の法制化(罰則付き)
・NHK解体に繋がる法改正

・国会法改正(野党が与党からの質問に回答する義務を課す、質問主意書を含む)
・審議拒否議員に対する、給与、賞与、諸手当等の削減
・政党として審議拒否した場合、審議期間日数に応じ、政党交付金を日割り計算で削減

・国葬反対デモ・街宣について道路使用許可しない
・国葬反対活動に参加した在日外国人の在留資格取消し(国外追放)
・国葬反対活動に参加した帰化人の帰化取消し

・外国人政治献金者の在留資格取消し徹底
・選挙活動の妨害(野次)に対する規制強化

・都道府県警の外事課要員増

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


何をどうして欲しいのか、それすら主張できないで、真正日本人として政治に係わったと言えるのかという意味である。


以上

人気記事