「外国人労働者問題」に本格的に取り組むための必要経費等

本稿は、政治テーマ的に難易度が高く一筋縄ではいかないと思われる、外国人労働者問題に係わるミクロ分析(業種別、在留資格別)について、これから取り組みたいと考える方向けの説明文書。 二年間ほど、外国人研修生受入に係わる仕事を担当(海外研修生の招請、入国手続き、研修企画等)、菓子折り持参で東〇入管に出向いた経験などに基づき、述べさせていただく。 前稿では、「外国人労働者数の推移など、マクロ的な数値を追っても、前政権が、政権が意図して外国人労働者を激増させた」と決めつけることは、難しいとした。同時に、この問題の核心を探るには、業種別、在留資格別のミクロ分析が必要であること、ミクロ分析の場合は、少々金と時間がかかることを指摘した。 ―― 参考情報 ―――――――――― 外国人労働者数と労働力人口の推移 https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/477769819.html ――――――――――――――――― 他の分野と比較し、この分野におけるミクロ分析、ならびにミクロ分析に基づく提言・陳情行為を行なうに際し、厄介なのは、法務官僚並の知識が必要となることだ。出入国管理法令、在留資格制度、統計資料に精通することは当然。しかし、現実にミクロ分析するのに何を準備すべきか、把握すべきことが何であるのか知らないで、他人に対し、「命令調で調べるべきだー」みたいなノリで主張される方が多い印象がある。 そこで、新規にロビイスト活動…

続きを読む

提言が生きる時

拙ブログ管理人はまったくの民間人である。官界で仕事をした経験はない。 官庁等に出向いた際、あるいは官庁に電話で話をする際に、喧嘩腰で対応することはまったくない。扱う事象について、法、公序良俗、事の道理の視点から説明、冷静かつ事を荒立てず、対応いただくことを心がけている。 これに対し、歴史認識問題に詳しい、〇〇〇会関係者からは、文科省に対してはとにかく喧嘩腰、怒鳴り散らして対応するという趣旨のことを伺ったことがある。文科省対応方針はそうでなくてはならない、とその方は語られていた。 とある会社の歴史教科書が検定不合格となったのは、偶然ではない。文科省に対し、日常的に喧嘩腰過ぎたことに、当該団体は早く気づくべきだった。 民間人なら、官界対応に際し、態度、物腰に気をつけることは当たり前のこと。 昨日、経済産業省に電話、ある事案で改善要望を伝えた。電話で話した後、メールにて要望書を送信した。電話対応を通じて、経済産業省の担当者は、私が意図することを正確に理解していることを知った。仮に、改善提言が実現しなくても、要望の趣旨が正しく受け止められた点だけで私は満足である。要望書を提出した意味はあったと思う。 官僚に要望とその根拠を伝え、実現するために必要なこととして、拙ブログは、官界の稟議書を想定することを勧めてきた。官界にスムーズに意思決定いただくためである。改善要望点が何で、改善要望理由を、短い文章で述べる要約文作成技術は必須となる。 この場合、産経、正論、WILLなどで…

続きを読む

政治が結果責任であるとするなら、、、

首相は辞任会見にて、結果責任について述べている。 ||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||||||||||||||||| https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/statement/2020/0828kaiken.html 政治においては、最も重要なことは結果を出すことである。私は、政権発足以来、そう申し上げ、この7年8か月、結果を出すために全身全霊を傾けてまいりました。病気と治療を抱え、体力が万全でないという苦痛の中、大切な政治判断を誤ること、結果を出せないことがあってはなりません。国民の皆様の負託に自信を持って応えられる状態でなくなった以上、総理大臣の地位にあり続けるべきではないと判断いたしました。  総理大臣の職を辞することといたします。 ||||| ここまで引用 ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||| 政治において結果責任を負うべきなのは、首相や政権政党に限定されるのか、私は疑問に思っている。 真正保守主義者たちは、首相が在任中に改憲議席を有しているのに、憲法改正実現しなかったことを根拠に、首相の結果責任だとするだろう。 世論調査的に改憲に消極的な世論状況だったとしても、一部の真正保守主義者たちは、改憲に消極的な世論動向を無視し、改憲強行を訴えるだろう。 その場合、次の選挙で自民党は大敗する、、、選挙で大敗することを含め、一部の真正保守主…

続きを読む

人気記事