真面目過ぎる人が見落としやすいこと

本稿は、「塾」という信者ビジネスに陶酔しやすい方向けに、本来の政治活動の在り方について覚醒されることを想定し書いたもの。 本来、「塾」とは、塾を主宰する言論人を支持する一般人の集いではない。言葉の意味として、ミュージシャンのファンのための交流組織でもない。いつまでも続く、初心者講習会であってもならないし、欠陥だらけのリスキーな政治理論を開陳する場であってもならない。 参加するすべての人に対し、第一義的に、政治的影響力を増すためのスキルや手口・手順を教示する場であるべきである。 ただし、自民党政治塾は、公募枠での出馬選考があり、選挙がらみの塾と位置付けている。 これに対し、拙ブログは、具体的な陳情活動に繋がる情報を配信することを意識する、保守ブログである。以下は、その一例。 ―― 参考情報 ―――――――――― ポイ捨て禁止条例に「マスク」を追加すべきです! https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/476643986.html ――――――――――――――――― 上記は、身近な事案で陳情ネタは存在していること、文章様式的に整っていれば、政界・官界にて陳情・要請活動として扱われやすい、ことを示す目的での原稿である。電話で、自治体や議員に対し、ああだこうだと言う前に、この種の要請文書をアチコチに提出することを推奨しているのである。 ただし、この種の陳情・要請活動ノウハウは、第一義的には、政治活動目的を掲げ「塾」なる…

続きを読む

市井の保守層が担うべきこと

最近目立っている、二階堂ドットコムへの官僚関係者からの情報提供現象は、政権が頼りなく、言論界が不甲斐ない(ほとんどが無能)ことが、根本原因と私はみる。 ある本に書いてあることが、政権が頼りなく見える事案、言論人が不甲斐なく見える事案について、市井の(無名の)保守層が担うべきことと考えたので、以下に転載させていただく。 ||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||||||||||||||||| 知的生産な生き方 ロールモデルを求めて 鎌田浩毅 あとがき 私の好きな言葉に「カントリー・ジェントルマン」というものがあります。普段は田舎で静かに暮らすイギリス紳士ですが、いざというときに国家へ貢献する男たちです。事が起こって求められれば、彼らは私利私欲から離れて献身的に働くのです。しかし役目が終われば、さっさと田舎に退いてまた晴耕雨読の日々に戻ります。 中略 中央で忙しく働き続けていたのでは得られない優れた見識が、カントリーでの知的な生活で養われるのです。 カントリー・ジェントルマンは、政治経済文化の中心から適度に離れた場所で世界の情勢を眺めています。ゆったりとした生活を営みつつ、眼光鋭く世の動きを予見するのです。 ||||| ここまで引用 ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||| 晩年はかくありたいものです! 以上

続きを読む

疑わしいと思っていても、、、色眼鏡でみてはいけない

拙ブログは、公開情報から読み解くことを基本としている。 たとえば、以下の事案について、公開された情報以上の邪推は基本的に避け、事実は事実、推論は推論と分るように書くことを心がけている。 ―― 参考情報 ―――――――――― 「特段の事情」入国者の本当の入国目的は何なのか? https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/474555334.html ――――――――――――――――― 裏付け、確証が十分と思われない場合は、そういう類の説があるとの情報紹介程度にとどめた。 また、法務省発表情報については、発表資料の字面から読み取れる以上の記述は避けた。 なぜか。 30歳くらいの時期、「仮に疑わしいと思っていても、決して色眼鏡で見てはならない」、「疑わしいと思っていても、根拠を示すことなく、疑わしいと書くことも業務上は不可である」とする、調査マンタイプの複数の上司の指導を繰り返し受けたからである。 そういう経験をしているため、私は瞬間湯沸かし器にならずに済んだ。実務社会の経験はこのような時に役立つ。そして、保守系言論人の中には、実務社会経験がないせいか、瞬間湯沸かし器型が目立つ。 とある言論人の場合はどうか。殊更煽った。詳細は書かないが。 この事案については、山田宏議員、和田政宗議員が、保守層を意識し丁寧に情報発信していることもあり、特段の入国事情云々の事案について(今は)問題視するつもりはな…

続きを読む

人気記事