ブルーリボンバッチを着けない菅政権要人(外相、幹事長)をあなたは許せるか!

本稿は、読者の皆様に御判断いただくための情報提供を目的としている。 夕刊フジは名指しはしていないが、ブルーリボンバッジを着けない閣僚がいるとしている。 ―― 参考情報 ―――――――――― 【編集局から】「ブルーリボンバッジ」装着しない日本の閣僚、イバンカ氏の行動を見習って https://www.zakzak.co.jp/soc/news/171108/soc1711080027-n1.html ――――――――――――――――― 最新の、自民党HPのトップ頁を確認したい。ブルーリボンバッチ不着用の閣僚が半数?前後いる。 「国民のために働く」とあるが、ブルーリボンバッチを装着しないことから、拉致被害者国民とその関係者のために働くつもりがない閣僚がおられるようだ。ここでいう国民とは、あの民主党政権時代と同様、「隣国の国民」の意味なのであろうか。 気づいている保守層も存在する。 調べた範囲では、菅政権にて、少なくとも、外相、幹事長のブルーリボン不着用を確認した。他にもいるかもしれない。 ||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||| http://osaka-blueribbon.org/info ただ、未だブルーリボンバッジを着けていない二階幹事長、茂木外相に、拉致被害者救出の意思があるのかどうかであるが、北朝鮮を動かすには中国の影響力が必要になる。今や北朝鮮国内の混乱は相当なものといわ…

続きを読む

同一案件の住民投票繰り返し 歯止めが必要です

大阪都構想の二度目の住民投票否決。瀬戸弘幸は「橋下ー竹中の大阪支配の終わりの始まり」と分析。 ―― 参考情報 ―――――――――― 大阪府の都構想は否決 http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53370682.html ――――――――――――――――― 勝ち馬に乗るのが巧いと思われてきた公明党が賛成に回ったのに、投票率が4ポイント以上低下かつ反対票と賛成票の差がさらに広がったことは、橋下、竹中を含め、維新、公明両党にとって痛手となったはずである。 この結果から、大阪での日本第一党の議席獲得の可能性が浮上した。(私は日本第一党の支持者ではないが) さて、大阪都構想の住民投票、2回分で20億円に達するとされる。 ―― 参考情報 ―――――――――― 費用20億円 住民投票 大阪都構想 日本 大阪府 大阪市 20201031 https://note.com/fictitiousness/n/nf11627be8438 ――――――――――――――――― あれほど、身を切る改革と称し、コスト低減にこだわったにしては、一度住民投票で否決されたものを二度目も否決されたことついて、どう説明するのか。 二度目の住民投票実施を主張した政治家は、辞任しないなら給与全額返納するか、無給で働くべきだ。 おまけに、橋下への破格なる講演料支給事案もあった。 ―― 参考情…

続きを読む

日本学術会議事案 自民党は仕掛ける気満々?

自民党は、日本学術会議の役割を党内で議論するとしている。 ―― 参考情報 ―――――――――― 自民党、日本学術会議の役割を議論へ https://www.sankei.com/politics/news/201006/plt2010060007-n1.html 自民、「政治と学術の関係」議論へ https://www.jiji.com/jc/article?k=2020100600575&g=pol ――――――――――――――――― 今回の党役員人事で、文科省大臣経験者下村議員が政調会長に選ばれた理由が今になってはっきりした。菅政権は、発足最初から、学術会議会員改選のタイミングで仕掛ける予定であり、そのために、文科省行政に明るい下村議員を政調会長に配置、戦闘力ありそうな萩生田議員を文科省大臣に配置したのである。 国際的にみると、本事案は、トランプ政権による、中共からの研究者、留学生の排除・受入れ拒否と連動した動きであり、日米英で赤狩りが同時開始されたと見るべきである。 ―― 参考情報 ―――――――――― 【ATAS】英政府、10月1日から国防や軍事技術などを学ぶ外国人に対し大学院留学審査を強化 中国人学生を念頭に http://blog.livedoor.jp/news_aru/archives/57261641.html 世界最大の160万人、中国人留学生はどこへ? https://news.yahoo.co.j…

続きを読む

人気記事