無名の「新大臣続出現象」が意味するもの

本稿は、「高市政調会長がどのような政治状況にて、二度目の政調会長の職務を遂行するか」についての推論。 本題に入りたい。 今回の党人事、閣僚人事で、実力者は、岸田、甘利、高市、岸、茂木、麻生、野田くらい。後は、初心者マークのひよこみたいなもの?とみると、岸田政権は「党高政低」内閣を目指しているような気がする。 ―― 参考情報 ―――――――――― 【閣僚の顔ぶれ固まる】野田氏を少子化・地方創生・こども庁・女性活躍/環境相に山口壯氏、ワクチン担当相に堀内詔子氏。20人中、初入閣13人/識者ら「知らない人ばかり。大丈夫か」ネット:「なんで野田氏?」「目玉のない組閣。選挙は厳しい闘いになりそう」 http://totalnewsjp.com/2021/10/03/kishida-11/ ――――――――――――――――― 外交と防衛はこれまでの方針の延長。 政策面では高市政調会長主導となることが確定的。 選挙等の公認は甘利幹事長の管轄。 岸田政権が狙っているのは何か。 こんな情報がある。 ―― 参考情報 ―――――――――― 二階派が衆院選で壊滅危機! 自民党候補競合の6選挙区「公認争い」に全敗か/甘利幹事長は疎んでいた二階さんの影響力の『徹底排除』も辞さない。派閥ごと干すのでは/ネット「岸田氏も二階にやられ放題やられたからね、今回は意趣返し」「2Fは引退だろうね」 http://totalnewsjp.com/2021/…

続きを読む

高市早苗を今回幹事長にできない「特殊事情」?

本日は、根も葉もない推論と思ってお読みいただきたい。 今回の党人事、注目の高市早苗は幹事長ではなく政調会長となった。高市支持者たちは落胆しているはずだ。 私も少しがっかりした。政界表向き的には、以下の解釈となる。 ||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||| 加藤清隆(文化人放送局MC) @jda1BekUDve1ccx · 53分 岸田氏が、金銭授受疑惑がありながらも麻生派の甘利氏の幹事長就任にこだわったのは、今回の総裁選勝利の原動力となった二階幹事長引きずり降ろしの知恵を授けたのが麻生氏だったから。一方、安倍氏の萩生田、高市両氏の幹事長、官房長官起用要請ははねつけた。これが今後の政局にどう影響するか? ||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||| 実際、岸田は、総裁選当初から二階外しを明確にしつつある。 ―― 参考情報 ―――――――――― 岸田氏「二階外し」前面に 党内不満の吸収狙う―自民総裁選 https://www.jiji.com/jc/article?k=2021082800466&g=pol 二階派が衆院選で壊滅危機! 自民党候補競合の6選挙区「公認争い」に全敗か/甘利幹事長は疎んでいた二階さんの影響力の『徹底排除』も辞さない。派閥ごと干すのでは/ネット「岸田氏も二階にやられ放題やられたからね、今回は意趣返し」「2Fは引退だろうね」 http://t…

続きを読む

「雑巾がけ」の意味

本稿は、総裁選で敗れた候補者が、これからは雑巾がけをやると語ったそうなので、その政治家がその意味を正しく理解しているか否かを含め、総裁選を通じて疑問に思った点を加味しとりまとめたもの。民間企業人事部社員教育的発想で、あの総裁選候補者がどう振る舞うべきだったのか、態度教育的視点で述べさせていただくもの。 まず、生活空間での雑巾がけ作業の「定義」から入りたい。 住まいで日常的に雑巾がけをしている人は少ないと思われるので、まず掃除としての雑巾がけの方法について、ご存じない方はご一読いただきたい。 ―― 参考情報 ―――――――――― 子どもと一緒に! 正しい雑巾がけの方法とは? https://tg-uchi.jp/topics/3786 雑巾がけをあなどるな!地味に凄い!雑巾がけのメリットとは?活用法を紹介! https://www.kajitaku.com/column/house-cleaning/1300 ――――――――――――――――― 私と同世代の方は、小学校時代に雑巾がけを体験されているはずである。 今はどうなっているのかはわからない。 いろんな意味で、私は、「なつかしの小学校図鑑」という本について、自分の記憶と一致する点を数多く見出している。昭和の時代を記録した懐かしい気持ちにさせてくれる一冊である。 今度、自民党広報部長になられた方はどうか。学歴的にはこうなっているそうだ。 |…

続きを読む

次回総裁選に備え、党員になる人激増中?

高市早苗は岸田内閣で政調会長のポストが予定されているようだ。 これを閑職とみる人、そうでない人がいる。私はやや不満だが、衆議院選挙後まで判断を先送りしたいと考えている。 なぜなら、政調会長は党の選挙公約を策定、集約、調整する要職であるため、とりあえず、高市政調会長の衆議院選挙に向けた「仕事ぶり」をまず見届けたいからである。 冷飯かどうかは、高市政調会長が示した、岸田総裁の反応で確定するということ。岸田は、総裁選を勝ち抜くだけで手一杯、余力がないと見た場合、高市案を丸呑みせざる状況のような気がする。そう考えると、間近に迫った衆議院選挙は、政調会長としての手腕が問われる選挙となる。 さて、次回総裁選、余程のことがなければ高市早苗は出馬することになる。 そこで、次回総裁選で高市早苗が勝利するために、目先何をすべきかという視点から述べさせていただく。 まず、本稿のテーマに関連して、一読いただきたい情報を以下に示す。 ||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||| 門田隆将 @KadotaRyusho · 9時間 総裁選の最大収穫は何かと問われる。私は議員達が“正気を取り戻した事”と答えている。知名度抜群の小石河連合の河野太郎氏支持議員は決起集会の92人から6人減り86人に。高市早苗氏が28人も多い114人だった事は正に日本の歴史と伝統、更に国家観を議員達が思い起こしたからだろう。意義は計り知れない 。 …

続きを読む

総裁選の最大の収穫 高市が議員票で第2位!

本稿は、高市支持派の視点で総裁選を総括することを目的としている。 参考までに、拙ブログが次期首相ふさわしい政治家として高市早苗を紹介したのは、今年の3月。総裁選で高市支持を表明したのは8月27日。どこかの議員のように勝ち馬に乗ろうというつもりはそもそもない。 ―― 参考情報 ―――――――――― 政権の盾となれる官僚はいないのか! 次期首相にふさわしい議員 https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/480284534.html 自民党総裁選 高市早苗候補支持を表明します https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/483119425.html ――――――――――――――――― なぜ今年の3月時点で高市だと思ったのか。 それは、ビジネス経験を通じた勘である。 議員立法を得意としていることから並外れた提言力ある議員であることは、数年前から気がついていた。対面で話したことがなくても、高市議員HPのコラム欄の愛読者なら、来るべき総裁選に向けて準備していることは予想できたことである。文章精度的には、かつての町村信孝議員のHPに匹敵する。 つまり、高市議員は、政治能力的に10年か20年に一度現れるレベルの逸材と思われるのである。 さて、総裁選の結果は、岸田候補が1回目の投票で第一位、決戦投票を制し当選。 総裁選挙最大の見せ場は1回目の議員投票にあった。 第…

続きを読む

人気記事