どこを戦場に選ぶか 戦略眼の違い

プーチンはウクライナと日本、どちらを戦場に選ぶか比較検討し、ウクライナを選んだとされる。軍事的に不利な状況を打開する目的で、プーチンは戦線拡大し、日本を攻撃するかもしれない。 戦場をどこに選んだかという視点から、山本五十六と蒋介石の違いについて、解説した本がある。 「歴史の教訓」(兼原信克)によると、蒋介石は局地戦では負け戦続きだったが、英米の強力な軍事支援を得た点において、戦略的に…

続きを読む

図書館の本に鉛筆で書き込みする人

図書館で毎週4冊程度、本を借りて読んでいる。読んだ本の中から、いいな!と思った本を後日購入するようにしている。 その中で、久しぶりに、安全保障分野の名著に出会った。 書名は「安全保障戦略」は、著者は兼原信克。第二次安倍政権を支えた官僚として知られる。岡崎久彦氏の愛弟子、氏の本の愛読者なら読むべき一冊となる。 この本は学生向けの講義用として書かれているが、それにしては結構難解…

続きを読む

建前しか言わない人 本音しか言わない人

世の中には、ビジネス書を買い漁り、名言録などを読みふけり満足する人たちが一定数存在する。 私の新入社員時代の上司がそうだった。昭和20年生まれ。学卒。出世しそうなタイプだったが、肝心な場面で逃げ出す、小心者。酒席も安い居酒屋しか行かない。いつもワリカン。ダメな上司と悟り距離を置くことにした。現場設備のトラブル対応について意思決定する重要な会議を、自分の仕事はロータリークラブ会合に出席し対応する…

続きを読む

せっかちな民族性の問題

特定の指標比較によると、世界で最もせっかちな場所として、シンガポール(シンガポール)、コペンハーゲン(デンマーク)、マドリード(スペイン)が挙げられている。東京はそれほどでもない。 国内的には大都市圏のせっかち度が高いとされる。 世界のせっかち度を比較! せっかち度世界一の国は? https://allabout.co.jp/gm/gc/295166/ 日本で一番せっかちな都…

続きを読む

努力はいつか報われる

小学生の頃、ブラジルのサッカー有名選手ペレの本を読んだことがある。 本には、こう書いてあったと記憶する。 貧しいスラム街みたいなところで育ち、裕福な生活を実現するには、サッカーしかないと決め、裸足でひたすら練習した。練習場所は、道路上。 (伝記本での書きぶりは)当時住んでいた場所ではサッカーはメジャーなスポーツではなかった。(実際は、当時のブラジルはサッカーの強豪国) 練習相手も…

続きを読む

人気記事