「対中クラブ」の別の意味

本稿は、フランス大統領が何気なく語った、「対中クラブ」という言葉の意味について分析を試みるもの。 また、本稿は分析記事である性格上、過去原稿との整合性を必ずしも意図していないことを最初におことわりさせていただく。 本題に入りたい。 フランスの大統領は、「中国に対しては強制労働など人権問題で対応を求めながら、環境や貿易、アフリカの債務問題では中国との協力が大切、G7は…

続きを読む

在日中国人問題 このままでいいはずはない!

本稿は、在日中国人が引き起こす問題について、とりあえず実行可能と思われる措置について提言することを目的としている。 まず、中国人について全般的に言えることであるが、決して彼らを信じてはならないということ。 ―― 参考情報 ―――――――――― 「暗黒の中国史」モラルを失い嘘と拝金主義がはびこる民になった訳 https://netlabo.biz/china-morar…

続きを読む

侵略の手口について

本稿は、アジアでの中共の侵略手口を分析することを目的としている。 中共は、国別に侵略の手口を編み出し、実現段階にあるようだ。 たとえば、スリランカの場合は、親中派政権を樹立させ、その政権を借金漬けに追い込み、港湾の長期租借を実現した。 中共が掲げる一帯一路とは、最貧国を借金漬けにし、最終的に中共の支配下に置く戦略であろう。 ミャンマーの場合はどうか。 国軍を仮に…

続きを読む

ある仮説 その2

本稿では、選挙区単位で発生した、「選挙全プロセスにおける手当たり次第レベルの不審な動き」の分析を通して、一連の行為について、目的、手順書、計画書、指揮命令、実施体制など、組織的関与の視点から分析を試みる。 ■手当たり次第レベルで実施する目的が存在する とりあえず言えそうなことは、選挙の全プロセスにおいて、手当たり次第レベルの違反行為が確認されていることである。 明らかに…

続きを読む

香港の没落は避けられない?

本稿は、香港に係わる諸情勢分析に係わる私見。 私の見立てを読者の皆様に押し付けるつもりはない。 本題に入りたい。 香港は、中国市場入り口としての機能が非常に強いそうだ。 ||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||||||||||||||||| https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200528/k10012…

続きを読む

人気記事