なぜ安倍政権は急に日中宥和を演出するのか?

安倍政権は急遽日中宥和を演出、河野太郎外務大臣が訪中した。 河野太郎は、ポスト安倍の階段をまた一つ登りつつある。ライバルの議員たちの動きは今一つである。それにしても、このタイミングでの日中宥和、実に不可解だ。 保守層の一人として、苦々しい思いである。 が、ここは、冷静になって公開情報から分析するしかあるまい。 どこかの保守のように錯乱してはなるまい。公開情報から察するに、急に日中宥和しなくてはならない背景事情として考えられる事項は五つあるようだ。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・東シナ海の原油流出の対応協議・TPP発足に向けて、(黒幕に操られた)トランプ政権に邪魔されないための時間稼ぎ・日中宥和イメージを強調することで首相暗殺回避・国内的には憲法改正成立のための公明党との協調関係の維持・沖縄の選挙対策━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ とりあえず、現時点で参考となりそうな情報を紹介する。―― 参考情報 ――――――――――日本沿岸の環境汚染は深刻 タンカー油流出、海外から対応のまずさを指摘する声 https://newsphere.jp/national/20180131-2/日中関係改善と公明党―法輪功の逆パターンか? http://blog.goo.ne.jp/kuranishimasako/e/99b5908d1e240c649c5d893d0edb7fa8中国、実は外交で四苦八苦? 対日関係改善は貴重なプラス材料 http://www.sankei.com/world/new…

続きを読む

中共は国家としての体をなしていない 中共は選挙期間中に軍事紛争を仕掛ける?

満州事変、支那事変時代の本を読まれている方なら、あることをご存じのはずである。 それは、中華民国は、名目的には国家であるように見えて、軍事的には、国家の体をなしていないことである。以下の本、どれも名著である。―――――――――――――――――・この厄介な国 中国 岡田英弘 ・嘘だらけの日中近現代史 倉山満 ・GHQ焚書図書開封7  戦前の日本人が見抜いた中国の本質 西尾幹二 ・共産中国はアメリカがつくった G・マーシャルの背信外交 ジョゼフ・マッカーシー ・シナ大陸の真相 K・カール・カワカミ ・近代中国は日本がつくった 黄文雄 ・日中戦争知られざる真実 黄文雄 ・暗黒大陸中国の真実 ラルフ・タウンゼント ・中国の戦争宣伝の内幕 日中戦争の真実 フレデリック・ヴィンセント ウイリアムズ ・日本はいかにして中国との戦争に引きずり込まれたか 支那通軍人・佐々木到一の足跡から読み解く 田中秀雄 ・日中戦争はドイツが仕組んだ 上海戦とドイツ軍事顧問団のナゾ 阿羅健一 ・南京事件の総括 田中正明 ・南京の実相―国際連盟は「南京2万人虐殺」すら認めなかった 日本の前途と歴史教育を考える議員の会 (監修) ・南京事件 国民党極秘文書から読み解く 東中野修道 ・ひと目でわかる「日中戦争」時代の武士道精神 水間政憲 ・真実の中国史 1840-1949 宮脇淳子―――――――――――――――――が、残念なことに、どの本も「実証的に国家としての体をなしていないこと」を説明していない。良心的な研究者が少ない…

続きを読む

中共はどうやって対日工作資金を創るのか?

本稿、基本的に推論となる。そのとおりかどうかは保証できかねる。が、実務経験からおそらくそうだろうと推定し書いている。 本題に入らせていただく。 かつての日本社会党と中共首脳とのやりとりを眺めると、社会党は日本から、何もかもむしってくれと、自分から進んで頼んでいるように見える。 ――――――――――――――――― 『日本社会党の人士佐々木更三、黒田寿男、細迫兼光らを接見した際の談話 http://www.geocities.jp/yu77799/nicchuusensou/moutakutou.html 田辺誠が南京大虐殺紀念館建立を後押しした!? http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1814.html ――――――――――――――――― 彼らは真正日本人だったのだろうか?という疑問がわく。 これらの情報は、社会党が日本という国家消滅を目論んでいた政党の証左であろう。 従って、社会党から民進党に移り住むことに成功しつつある、かつての社会党議員たち、横路孝弘、赤松広隆等については、そういう政治思想であるとみなさなくてはならない。 また、捏造慰安婦問題に、とりわけ熱心に取り組んだ、土井たか子、福島瑞穂、辻元清美の出自についても調べ直す必要があるだろう。 ここで、横路、赤松と同世代の大企業経営者たちは、対中共に対し、どうだったか、振り返らなくてはならない。 戦後民主主義教育の最初の世代である関係で、おそらく、大半が左翼思想であろ…

続きを読む

人気記事