過剰な?行政サービス

絵本など、児童向けの本が、近隣の児童館、自治体地域図書館、児童専門図書館にある。実態的に自治体図書館利用者は、児童ではなく大人が大半。 自治体地域図書館において、所蔵本の3割くらいが幼児~小学生児童向けの本となっている。その他学校図書館もある。 私は、幼児、児童向けの、過剰な行政サービス実態にあるとみている。 なぜこんなことが起きるのか。 考えられるのは、省庁縦割り、分断状態で、文科省、厚生労働省の省益競争によるものと思う。 児童館は厚生労働省所管。自治体図書館は文科省所管。 小学生児童にとっては、4種類もの図書館が利用できる、恵まれた図書館環境にある。 文科省が掲げる、「これからの図書館像」と題する論文で示された考え方は至極尤も。作文的には素晴らしい内容。 ―― 参考情報 ―――――――――― これからの図書館像 https://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/tosho/giron/05080301/001/002.htm ――――――――――――――――― この作文において、決定的に抜けている部分がある。「コストの概念」である。 少子化の進展により、中高年、老人世代と比較し、幼児・児童人口が、年齢別にみて中高年・高齢者層の半分以下となっている。 ||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||| https://www.stat.go.jp/d…

続きを読む

中央省庁再編試案

本稿は、前稿の続編 縦割り行政の弊害 中央省庁再編すべき https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/481009816.html 山田太郎議員のサイトで、省庁縦割りの実態を図示したものがあるので一読いただきたい。 ||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||| 「子ども庁」創設に向け、遂に始動!!Children First、すべては子どもたちのために! https://taroyamada.jp/?p=13394 ||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||| 子ども庁設置を想定、文科省と厚生労働省の事務分掌見直しについて、以下にまとめた。細部検討が進むことにより、一部変更の可能性があるという前提でお読みいただきたい。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 子ども庁新設に伴う、中央省庁再編試案 ■内閣府企画立案機能 子ども・子育て本部⇒子ども庁所管とする 少子化社会対策会議⇒子ども庁所管とする 子どもの貧困対策会議⇒子ども庁所管とする 審議会 子ども・子育て会議⇒子ども庁所管とする ■児童施設 乳児院(厚生労働省)⇒子ども庁所管とする 児童養護施設(厚生労働省)⇒子ども庁所管とする 情緒障害児短期治療施設(厚生労働省)⇒子ども庁所管とする 児童自立支援施設(厚生労働省)⇒子ども庁所管と…

続きを読む

縦割り行政の弊害 中央省庁再編すべき

自民党は子ども庁設置に前向きなようだ。 ―― 参考情報 ―――――――――― 「こども庁」創設へ自民が新組織 総裁直属で議論 https://www.sankei.com/politics/news/210413/plt2104130016-n1.html ――――――――――――――――― 子どもに係わる行政機関機能の所管を調べてみた。 調べた結果、内閣府、文科省、厚生労働省三省に分断され、一気通貫状態でないことがわかった。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ・内閣府企画立案機能 子ども・子育て本部 少子化社会対策会議 子どもの貧困対策会議 審議会 子ども・子育て会議 ・児童施設 乳児院(厚生労働省) 児童養護施設(厚生労働省) 情緒障害児短期治療施設(厚生労働省) 児童自立支援施設(厚生労働省) 児童相談所(厚生労働省) 保育所(厚生労働省) 幼稚園(文科省) 児童館(厚生労働省) 児童図書館(文科省) ・教育施設 小学校(文科省) 中学校(文科省) 高校(文科省) 大学(文科省) 養護学校(文科省) ・社会問題 いじめ問題(文科省) 不登校問題(文科省) 児童虐待(厚生労働省) 人権問題(法務省) 少年犯罪(警察庁) 少年の保護更生(法務省) 子どもの貧困問題(厚生労働省) 給付奨学金(文科省) ・家族、社会との係わり …

続きを読む

人気記事