立憲共産党はどういう性格の政党なのか? 騙される方が悪い!? 

日本共産党は、次の参議院選挙にて立憲民主党との共闘で臨む方針のようだ。 前回衆議院選挙での投票結果の数字をみる限り、立憲共産党について、団塊世代を中心に日本にとって必要な政党、あるいは仕事をする政党、あるいは審議拒否はサボリではない、いまだに弱者思い、労働者のための政党であると誤解されている方が相当数いる。 そこで、立憲共産党支持者対策を強化する必要があると思われるため、改めて情報整理し直すことにした。 まず最初に言えることは、議論している相手が共産主義者とわかったら、議論をしたり、説得する必要はない。 そもそも議論するつもりがない「立憲共産党」の問題 https://jisedainonihon.exblog.jp/30976306/ 性善説、性悪説どちらをとるべきか?という議論はあるのかもしれないが、相手が共産主義者とわかった時点で、上司だろうが、先輩だろうが、大学の教官だろうが、性悪説で対応することを推奨する。 さらに、経験的に言えることだが、若い頃に共産主義者だった人は、仮に保守主義者に転向できたとしても、生涯、その歪んだ思考回路(特に、民主集中制的な発想での権威主義的な批判態度であるケースが多い)が直ることはない。 なぜなら、論争に負けることは(立場だけでなく、思想上の)破滅を意味すると(無意識に)考えているからである。(転向しても無謬信仰からは抜け出せない?) 以下は、共産主義国家に関する一般情報 ━━━━━━━━━━━━━━…

続きを読む

そもそも議論するつもりがない「立憲共産党」の問題

自民党は、審議拒否を続ける立憲共産党に対し、毎週憲法審議会開催予定であることを説明した。しかし、より強硬な手段を選択しないと、立憲共産党による審議拒否は常態化すると考える。 自民、10日の憲法審要求 慣例打破で毎週開催図る https://news.yahoo.co.jp/articles/9fa4129fdcad6e5bb78abdba4d81b25bd3877852 そもそも議論などするつもりがないのである。 そう考える理由は、6つある。 ●理由1 護憲派として憲法を完全なものと認識(実際は勘違い)しているため、憲法改正の必要性の有無について議論するつもりがない。 開催されない憲法審 立民の妨害…悪しき慣例を絶て https://www.sankei.com/article/20220204-6GOQLOFQCJJGVKALDPUJWVIYOE/?ownedutm_source=owned site&ownedutm_medium=referral&ownedutm_campaign=ranking&ownedutm_content=【政治月旦】開催されない憲法審 立民の妨害…悪しき慣例を絶て ●理由2 階級闘争史観であるがゆえに、反対する意見の人と議論する気がない ▽▽▽ 引用開始 ▽▽▽ https://www.ifvoc.org/communism/class/ 階級闘争史観 | なぜ共産党の人は話が通じな…

続きを読む

批判の作法について

石原慎太郎死去に係わる立憲共産党(共産党と選挙共闘する立憲民主党)とその支持者の対応を知ると、批判と審議拒否しただけで給料が貰える立憲民主党税金泥棒集団に対し一言言いたい気分になる。 立民・小川氏「政治姿勢や発信に違和感」 石原氏死去 https://www.sankei.com/article/20220203-JCYQLHGQCRNI7LVDEZLVDG4KKY/ 【憲法審査会】立憲民主党、審議拒否 https://comedydouga.com/2ch18/2022/01/25/118959/ ネットのインフルエンサーのコメントを参照したい。 ▽▽▽ 引用開始 ▽▽▽ 加藤清隆(文化人放送局MC) @jda1BekUDve1ccx 「朝日新聞が天声人語で石原慎太郎先生をボロクソに批判したらしいが、天国の石原さんから伝言だよ。『やっぱりアサヒは飲むもんで読むもんじゃないだろうな』」。人が亡くなった時の言葉でその人の品性が良く分かる。品性下劣な朝日新聞。もう読む必要なし。 2022/02/03 12:08:16 海乱鬼 @nipponkairagi · 広く日本人に愛された石原慎太郎先生がお亡くなりになり、それをとことん侮辱する事で、悲しみ憤る日本人を見るのが反日勢は面白いと見える。日本を愛し、日本に尽くした石原先生を静かに偲びたかったが、散々侮辱され、この時しかない大切な時間と感情を奪われた。この借りは正当な言論で必ず返す…

続きを読む

野党議員に職務上の義務が無さ過ぎる問題

拙ブログは、基本的に左翼政党批判はあまりしてこなかった。 理由は、批判するだけの価値がない存在と思ってきたからである。 たとえば、ある労組出身の野党議員。名前と所属は書かないが、日頃の面会対象は、業界関係の労組だらけ。議員のHPにはそう書いてある。その議員は労組からの要望を汲み取れば仕事した気になっているようだ。 こんな議員に一般個人が何を陳情しようが要請しようが時間の無駄である。 当然この議員の銀座、赤坂界隈での飲み食い代、ゴルフ代等は、組合持ち。あるいは業界各労組持ち。給与はダブルで貰っているはずだ。選挙は組合丸抱え。組合員から臨時徴収あるいは取引先にたかって選挙戦を戦うのである。(若い頃、組合出身議員の横の席に座り、給与、ボーナス等の受領状況を確認している) かつて日教組出身議員の豪遊ぶり、不倫等の件が暴露されたが、状況は他の組合出身議員も似たり寄ったりではないか。世の中に清廉潔白な労組出身議員がいるがずはない?のである。 かねてから立憲民主党は仕事しない政党として広く知られている。面倒くさい案件、政治的に好かない案件と思うと、審議拒否に走る。憲法審査会での消極的審議対応は、国会での代表質問ど同様幼稚な子供レベル。 仕事をしない立憲民主党は税金泥棒だ http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-6450.html おまけに、立憲共産党状態でボロ負けした選挙の総括をしようとしない。かつて、ミッドウ…

続きを読む

意外に深刻? 立憲民主党CLP問題

ここに来て沈静化しつつある感のある立憲民主党CLP問題。立憲民主党は説明責任を果たしたとしてウヤムヤにするつもりなのであろう。 立民が説明拒否!9億円を幽霊会社に!「CLPと関係ない広報活動。CLP番組見てないが問題ない」 http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8516.html 立民が会見動画を削除要請!「ブルージャパンとの取引内容の公表は控える」と説明拒否した動画を隠滅 http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8519.html 保守層の多くは、立憲民主党を仕留める千載一隅の機会とみているはずだ。しかし、予想に反して、政権は無反応。問題視しようとしない。 そうせざるを得ない理由は、二つあるような気がする。 一つは、官房機密費にて特定のマスコミ関係者に政府資金が流れていること? もう一つは、マスコミ全般に関する法規制が完全なザル法状態にあることである。(メデイアの中立性確保は努力義務みたいな扱いであり、メデイアに資金提供した行為が即犯罪とはならない?) 従って、この問題だけを捉えて、即効性ある対策を政権に求めることには無理がある。というか政権としてやるべき政治課題よりも優先処理しなくてはならない理由を見出し、広く国民に認めさせることが難しいと考えているのではないか。 ただ、政権支持派の一人として、森友、加計問題で2年くらい国会審議が空転したのであるから…

続きを読む

人気記事