王国を創ることが最終目的?

彼らの有する特権について、ネット界で流布された時期がある。しかし、流布した勢力は、その特権なるものが実在しているのか否か、立証しようとはしない。 ―― 参考情報 ―――――――――― 正しい日本の歴史 http://rekisi.amjt.net/?p=4633 ――――――――――――――――― 奇妙なことだ。 私は、警察OB坂東忠信の本によって、特権実態を知ることとなった。 学んだことは、特権を語る前に、特権の定義、どのような根拠に基づく特権なのかを明らかにすべきということあった。 特権を流布した勢力は、やがて、対立組織との間で騒動が発生、ヘイト法成立を招いた。騒動が大きくなるにつれ彼らは公明党に陳情、公明党が自民党政権に働きかけることとなった。その街頭演説会に、公安だけでなく公安調査庁がかけつけ、いつの間にかヘイト法の根拠として彼らが録音した情報がテキスト起こしされ、法制化の根拠資料となった。 ヘイト法とは、日本人に対するヘイトはやりたい放題とする?前提の理念法として設計された。ヘイト法成立時の自民党政調会長は稲田朋美。 結果として、彼らは新たな特権を得たことになる。ヘイト法は、騒動がなければ法制化されることはなかったように思う。 経緯的に遡っておきたい。 個人情報保護法は、戸籍の閲覧ができなくなった点において、帰化議員か否かを確認する手段がなくなった。 指紋押捺廃止は、本人特定が容易な指紋採取という基本的手段…

続きを読む

公明党の影響力 かつてほどではない?

本稿は自公連立政権での公明党の影響力低下傾向について分析を行うことを目的としている。 ■公明党の比例得票数の推移 得票数が750万を超えたのは、2016年の参議院選挙が最後。今後は710万前後しか期待できそうにない。 2003衆議院 873万 2004参議院 862万 2005衆議院 898万 2007参議院 776万 2009衆議院 805万 2010参議院 763万 2012衆議院 711万 2013参議院 756万 2014衆議院 727万(52.66%) 2016参議院 757万(54.7%) 2017衆議院 697万(53.68%) 2019参議院 653万(48.8%) 2021衆議院 711万(55.93%) ※カッコ内数値は全国投票率 過去原稿を参照しておきたい。 ||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||| https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/468333544.html 参議院比例 党派別得票数からみた分析結果 前回参議院選挙よりも投票率が伸びている状況で、公明得票数の伸びが鈍い。 高齢化等により、公明票の伸びしろが期待できない。 今後、投票率が上昇した選挙で自公は議席を大きく減らす可能性がある。 https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/464645656.ht…

続きを読む

社民党消滅間近?

本稿は、社会党の後継政党と位置付けられる社民党の動向について情報整理することを目的としている。 最近の社民党に係わる経緯はこうなっている。離党議員が続出。所属議員は2名に減少。 ||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||| https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E7%91%9E%E7%A9%82 福島瑞穂 社会民主党党首に復帰 2020年2月22日告示の党首選に立候補したが他に立候補者がいなかったため、同日の党大会において無投票で選出された[12]。 2020年11月14日、社民党は、東京都内で臨時党大会を開き、希望する党員・地方組織の立憲民主党への合流を認める議案を賛成多数で可決した。この決議に基づき国会議員4人のうち福島と任期中の離党を見送った照屋寛徳を除く2人が後日離党し、社民党所属議員は衆議院の照屋と参議院の福島、合計2名にまで減少した。福島は大会後の記者会見で「新たな人が加わってくれる魅力的な社民党をつくりたい」と述べ、党再建に取り組む考えを示した[13]。 2020年12月27日[要出典]、フランス政府から死刑廃止、ジェンダー平等、子育て支援などの活動を評価され、国家功労勲章シュヴァリエを受章した(勲章伝達は21年6月)[14][15][16][17]。 ||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||| 比例得票数は…

続きを読む

「共闘倒れ」を認めない共産党の問題体質

衆議院選挙にて、立憲共産党と言われた共闘体制を強行した結果、共産党は議席が12議席から10議席に減った。 比例得票数の推移で眺めてみたい。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■共産党の比例得票数の推移(カッコ内の数値は全国の投票率) 2003衆議院 458万 2004参議院 436万 2005衆議院 491万 2007参議院 440万 2009衆議院 494万 2010参議院 356万 2012衆議院 368万 2013参議院 515万 2014衆議院 604万(52.66%) 2016参議院 601万(54.7%) 2017衆議院 440万(53.68%) 2019参議院 448万(48.8%) 2021衆議院 416万(55.93%) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 前回、前々回の衆議院選挙よりも得票数を減らしている。 立憲共産党と揶揄される中での選挙戦、前回、前々回の衆議院選挙よりも投票率が上昇している中で得票数を減らしたことは、共闘そのものが失敗だったことを意味する。 これに対して、小池書記局長は、数字の意味が理解できていないレベルの見解を述べている。 ―― 参考情報 ―――――――――― 共産・小池書記局長「自民に強い批判の声が示された結果になりつつある」 https://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/20211031-OYT1…

続きを読む

立憲民主大幅議席減の18の原因 何がいけなかったのか?

本稿は、立憲民主党が衆議院選挙で予想外の議席減となった原因について、(過去に起きた事象を参考に)リストアップすることを目的としている。 本稿での分析により、万年野党と言われる原因が、予想以上にたくさんあることがおわかりいただけると思う。 ●反日マスコミと連携して情報弱者を騙し続けてきた 立民党の「情報弱者マーケティング」の終わり http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/52062680.html ●数十年以上戦後体制継続を意識し続ける政治姿勢 立民の枝野代表は辞任して「長い55年体制」に決別せよ http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/52062674.html ●批判しただけで国会議員として仕事をした気になっている 立民「論客」相次ぎ落選 「批判だけでは支持されず」 https://www.sankei.com/article/20211101-UZ3O6GG745N7VJNLKKCFXKHGFM/?ownedutm_source=owned%20site&ownedutm_medium=referral&ownedutm_campaign=ranking&ownedutm_content=%E7%AB%8B%E6%B0%91%E3%80%8C%E8%AB%96%E5%AE%A2%E3%80%8D%E7%9B%B8%E6%AC%A1%E3%81%8E%E8%90…

続きを読む

人気記事