避難の呼びかけの前提としての「偏向報道対策」の重要性

私は、「マスコミは、その報道内容、取材によっては、処分だけでなく処罰されるべきである」との見解をずっと取り続けている。 処分とは、社内規則によるもの。官邸や中央省庁での記者会見場での、貴社による尊大かつ迷惑行為は当然禁止。東京新聞のなんとかイソ〇などは、その場で記者証はく奪、警備員により強制排除されてしかるべきである。 この場合の処罰とは、マスコミ規制法(法制化)、新聞法(法制化)、…

続きを読む

マスコミの経済記事はウソだらけ!?

ここにきて、過去にマスコミが垂れ流した「国民不安につながる、経済面での常識みたいな重要情報」のほとんどが、ネット情報によってウソであることが共有化されつつある。 ウソを暴いた、主たる情報配信者は高橋洋一。 彼は、保守ネット界の英雄となりつつある。 既にそうだと言っていいのではないか。 ■三つの嘘を垂れ流した問題(国債発行で国家財政破綻、年金破綻、消費税増税で景気低迷はない) …

続きを読む

記者自身が分析した記事が見当たらない問題

高橋洋一は、マスコミが自ら分析した報道記事はないので新聞は読まないことにしているそうだ。 ▽▽▽ 引用開始 ▽▽▽ https://www.amazon.co.jp/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E6%B4%8B%E4%B8%80%E5%BC%8F%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E4%BB%95%E4%BA%8B%E8%A1%93…

続きを読む

「費府の飛行士」氏の問題提起 世界規模の洗脳工作の真実

宮崎正弘の読者投稿欄にて度々登場する「費府の飛行士」は、「マスコミを支配し、人々にそうと気づかせずに支配している者が真の支配者」であるとし、世界規模の洗脳工作の真実を暴露した。エドワード・バーネイズがかつて本で述べたことは今も続いている、、、 ▽▽▽ 引用開始 ▽▽▽    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  ◇◆☆◇◆◇◆☆◇◆☆◇…

続きを読む

報道情報 いつも肝心な点がぬけています

日本の現代史の教科書について言えることがある。 それは、日本軍が、、、日本軍が、、、日本軍が、、、という記述だらけであることだ。 日本軍が何か行動する前に、彼らがやったこと(特に、蒋介石率いる国民党軍)についての記述がほとんどない。 悪いのはすべて日本軍という論調であるという印象操作で大東亜戦争が総括されている。 歴史教科書執筆者として、はっきり言って片手落ちと言わざるを得ない。…

続きを読む

人気記事