産経が今回の大統領選挙でバイデンに肩入れする理由

物事には原因があって結果がある。 そういう前提、そういう視点で、シナリオを組んだ。つまり、本稿は推論となる。 決めつけるつもりはない。 まず、この4年間アメリカ政界で起きたことに関して、総括した秀逸な原稿を一読したい。 ―― 参考情報 ―――――――――― ジョー・バイデン、あまりに危険な男の正体…不正疑惑を封殺する大手米国メディア https://biz-journal.jp/2020/11/post_191449.html ――――――――――――――――― そういう前提で、アメリカ民主党の視点で考えると見えてくることがある。バイデン陣営は、トランプ再選によりオバマゲート捜査が行われることを恐れている。 ―― 参考情報 ―――――――――― 米大統領選に隠れた民主党の裏側  「オバマゲート」捜査恐れ 日米近現代史研究家・渡辺惣樹 https://special.sankei.com/f/seiron/article/20201123/0001.html ――――――――――――――――― 裏付ける動画も存在する。この動画にてアメリカの政治家が語っていることは、麻生政権末期の時期に、国家的規模で保守層が経験したことである。 ―― 参考情報 ―――――――――― 保守派の言論を検閲 大手IT企業とマスコミを支配する黒幕は https://youtu.be/Ex4HHOlfCDA ―――――――――――…

続きを読む

「4年前と今回の大統領選挙」 なぜ読売は民主党候補に肩入れしたのか?

今回の大統領選挙、日本のマスコミは総じて、犯罪容疑レベルの事案が表面化しているにも関わらず、バイデン寄りのスタンスを続けている。 読売は、4年前、ヒラリー候補に肩入れした。報道言論的に決め打ち状態にあった。トランプ当選確定後の、慌てふためき、感情論丸出しの国際部長記事があった。 ―― 参考情報 ―――――――――― 隠れトランプ支持者がなぜ存在したのか? マスコミの悪質なラベリングの問題 https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/464323706.html ――――――――――――――――― トランプは4年前からレッテル貼りされ、マスコミ批判のターゲットとされていた。 今回の大統領選挙はどうか。日本のマスコミが大がかりな選挙不正を不正と認識しない時点で、日本のマスコミの感覚は狂っている。 本稿は、そういう前提に立ち、読売の社内事情はどうだったのかについて推論として述べさせていただく。 さて、今回の大統領選挙、民主党側には、選挙不正を実行しなくてはならない動機があった。 ―― 参考情報 ―――――――――― 米大統領選に隠れた民主党の裏側  「オバマゲート」捜査恐れ 日米近現代史研究家・渡辺惣樹 https://special.sankei.com/f/seiron/article/20201123/0001.html ――――――――――――――――― トランプが再選すると…

続きを読む

保守系メデイア、保守系言論人の淘汰を急ぐべきです

本稿では、具体的根拠を示しつつ、保守系メデイア、保守系言論人の選別を急ぐべきとする説明を試みる。 まず、安倍前首相が、デイープ・ステート派でない政治家であるならば、4年前に当選確定したトランプに何が何でも就任前に会いたいと決意させるに至った?と考えられる動画を紹介させていただく。 ―― 参考情報 ―――――――――― トランプ大統領 世界中のメディアが絶対流せない内容の講演 https://www.youtube.com/watch?v=KeBZgeymn2A&t=73s ――――――――――――――――― 上記の動画は、保守層なら誰が見ても衝撃的な内容である。今まで、情報拡散されなかったことが不思議な動画である。 従って、馬淵睦夫が言うように、トランプ大統領は、デイープ・ステートと戦うことを公言、実際に戦ってきた、最初の大統領となる。 ―― 参考情報 ―――――――――― デイープ・ステートと闘うことを公言した最初の政治家はトランプである http://gendaishi.jugem.jp/?eid=1279 デイープ・ステートの存在を指摘した歴史上の人物 http://gendaishi.jugem.jp/?eid=1277 ――――――――――――――――― これとは別に、トランプ大統領の4年間の実績、直面する選挙不正について拙ブログは紹介した。 ―― 参考情報 ―――――――――― トランプはなぜ偉大なのか…

続きを読む

人気記事