解明されるべきNHKに関する疑惑

以下の疑惑について解明されることを望みます。 (スパイ疑惑) ・外国籍職員が多数いる疑惑 ・放送局施設に入居している中共放送局に恒常的に情報提供してきた疑惑 (受信料免除疑惑) ・外国籍住人に対する受信料免除疑惑 ・外国籍のNHK職員が受信料免除となっている疑惑 (接待疑惑) ・国会議員、地方議員接待疑惑 ・経営委員接待疑惑(懐柔目的、経営委員選定操作目的) ・総務省職員、自治体幹部等接待疑惑(受信契約している視聴者の主張よりもNHKの主張を優先して扱って貰う目的) ・波取り記者の存在疑惑(何人いるのか、何をしてきたか、肩書はどうだったか) (天下り疑惑) ・関係者会社、取引先等天下り問題 ・集金委託会社への天下り拡大疑惑(割増金制度と連携) (縁故採用疑惑) ・国会議員の子弟等を優先し縁故採用してきた疑惑 (各種裏金疑惑) ・各種裏金疑惑(裏金の存在、取引先に交際費分上乗せして支出?) ・国会議員、総務省職員、自治体幹部等接待疑惑(NHK年度予算国会承認対策) ・番組出演者に対する接待疑惑(番組制作費に上乗せし、取引先に支出して確保?) ・交際費原資疑惑(取引先に交際費分上乗せして支出?) (報酬受領、便宜供与疑惑) ・偏向報道実施に係わる報酬受領疑惑 ・元幹部、労組幹部に対する便宜供与疑惑 これら疑惑は、ビジネス経験ある人なら、ありうる話として想定可能なことです。 N…

続きを読む

総務省接待疑惑の本丸 NHK利権?

本稿は基本的に推論。 まず、ご覧いただきたい動画がある。 ―― 参考情報 ―――――――――― 最新3/3(水)長谷川幸洋と高橋洋一のNEWSチャンネル#43『長谷川×高橋がついに電波利権タブー暴露!?波取り記者とは? マスコミ の官僚接待 の実態!』 https://www.youtube.com/watch?v=UUXMX5Ok0_Q ――――――――――――――――― 高橋洋一氏の発言は非常に参考になる。 大蔵省出身官僚の視点で総務省接待疑惑を眺めると、総務省僚が、公務員倫理法を遵守する気がないことがわかる。 従って、田母神俊雄のツイートもいかがなものかという評価となる。 ||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||| 田母神俊雄 @toshio_tamogami 平成11年国家公務員倫理法が出来て以降、公務員に対する会食、ゴルフの接待が禁止された。中央省庁で地方で会食、ゴルフそれに伴う航空機、新幹線、タクシーなどはかなりの需要を生み出していた。かつては中央の局長や課長の地方出張には関連企業も同行することが多かった。この需要減はデフレを加速。 田母神俊雄 @toshio_tamogami 山田真貴子元総務審議官や農水省の接待問題でまた公務員叩き、そして野党やマスコミの政権攻撃が激化している。厳しすぎる公務員倫理法のおかげで国会の重要法案などの審議が停滞する。一緒に食事をしたことで行政が歪められること…

続きを読む

新聞の敗北 ネット世論の勝利

ここ数年間での高齢者ネット普及率急上昇情報から、ネット世論の勝利を確信したので、以下に、その概要をまとめてみることにした。 ■新聞が推奨してきた親中韓を世論が否定=多文化共生論の敗北 読売、朝日、毎日など主要新聞は過去十数年以上にわたって、中韓など近隣諸国に配慮することなどを含め、多文化共生を推進する記事を集中的に社説、論説記事などに掲載した。 一方で、中韓両政府からの歴史認識問題に関する外交的圧力、韓国政府からの日韓合意破棄状態での慰安婦問題再燃の動き、でっち上げ徴用工訴訟での日本企業資産現金化の懸念がある。日の丸を損壊行為の活動も韓国内では容認されている。韓国政府が日本にやっていることは、ヘイト的な嫌がらせレベルであることに多くの人が気づいてしまった。嫌韓は、在特会などが牽引した時代はあったが、今や社会全体で共有される国民感情レベルのものとなった。 中国については、毒餃子事件、武漢ウイルス対応、マスク買い占め、中国人旅行者のマナー問題、土地買い占め、ウイグル・チベット問題等で、中国嫌いの人が激増してしまった。 以下に示す世論調査結果は、新聞が推奨してきた親中韓の完全否定である。 ―― 参考情報 ―――――――――― 内閣府世論調査 中国との関係「良好だと思わない」82% 韓国との関係「良好だと思わない」82% https://hosyusokuhou.jp/archives/48896049.html 日韓発展「重要と思わず」 過去最悪4割…

続きを読む

NHK受信料引下げとセットでの割増金加算問題について

以下の情報に関して、ご立腹の保守層が多数おられることと思い、数項目からなる対抗策を見出したので、下記に示す。 ―― 参考情報 ―――――――――― 【総務省】NHKと受信契約を結ばず、受信料を支払っていない世帯から割増金を徴収できる放送法改正案を検討 https://tsoku.net/22570/ NHK受信料逃れに「割増金」提案 総務省 https://www.sankei.com/entertainments/news/201120/ent2011200012-n1.html ――――――――――――――――― ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 上記放送法改正案に係わる対抗策リスト(案) ・全ての国会議員の議員事務所、国会議員の公設秘書世帯の、NHK受信契約状況の徹底確認(国会委員会案件) ・NHK問題について長年手抜きしてきた総務省のリストラ(行政監察案件) ・総務省職員の放送業界への天下り根絶(行政監察案件) ・総務省職員、所管する団体等におけるNHK受信料不払い世帯の徹底確認(行政監察案件) ・総務省審議会委員の総入れ替え(総務大臣、副大臣、政務官案件) ・NHK役員・職員、NHK関係団体役員・職員、NHKの取引先(芸能人含む)の世帯単位のNHK受信契約状況の徹底確認(国会委員会案件) ・外国籍の永住者の世帯単位の受信料免除実態の徹底確認(国会委員会案件) ・その他受信料免除世帯に係わる統計情報公開(…

続きを読む

「デマの定義」について

直近の情報によると、トランプは新党結成を否定している。ただ、新党結成情報は直前の世論調査に大きな影響を与え、トランプ弾劾に賛成しようとした共和党議員は肝を冷やしたことであろう。 つまり、トランプ新党結成は、デマにしては、うますぎるデマと思われるのである。 世論の動向変化を確かめ、かつ、トランプ弾劾阻止する目的で、(トランプ陣営の軍師により)編み出された上質なデマであろうと見立てるのである。 では、ローマでの停電、ローマ法王逮捕事案はどうであろうか。 両方ともデマという情報があるようだ。(デマ断定ではない) ―― 参考情報 ―――――――――― ローマ法王逮捕【リンウッド弁護士が拡散】バチカン市国で停電発生。 https://komatsushima-life.net/1512/ ――――――――――――――――― これについて、拙ブログは、より確度が高そうな情報中心に分析した結果から、(ローマ法王逮捕の事実の有無にかかわらず)バチカンの闇の機能が消滅した可能性を指摘した。 ―― 参考情報 ―――――――――― 情勢分析結果 https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/479698399.html ――――――――――――――――― 断片情報を繋ぎ合わせると、カトリック総本山の闇が存在していたことが確認されたのである。 同時期、デマ情報に敏感になり、善意で反論するアカウントのほとん…

続きを読む

人気記事